インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】
考える男性
考える男性
インテリアプランナーの難易度を知りたいな。

どれくらい難しい試験なんだろう?

効果的な勉強方法や、資格を取得するメリットも知りたい。

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • インテリアプランナー試験の難易度がわかる
  • 合格しやすい勉強方法がわかる
  • 資格を取得するメリットがわかる

 

インテリアプランナー試験の難易度を解説します。

正直、製図試験が難関ですね。

実務経験者は大丈夫ですが、まったくの未経験者は苦戦する試験です。

 

合格率が上がる勉強方法もまとめたので、勉強の参考にどうぞ。

資格を取得するメリットも多いので、ぜひとも取得してみましょう。

目次

インテリアプランナーの合格率からみる難易度

インテリアプランナーの合格率からみる難易度

インテリアプランナー試験の、過去5年の合格率は下記のとおり。

合格率 学科 製図 総合
平成27年 64.6% 26.1% 22.2%
平成28年 59.3% 28.3% 30%
平成29年 60.9% 26.9% 26.9%
平成30年 65.4% 27.6% 28.1%
令和元年 69% 23.5% 23.5%

参考:公益財団法人建築技術教育普及センター

ご覧のとおり、製図試験が難関であることがわかります。

 

インテリアプランナーは製図試験が難関

製図試験は、実務経験がないと難しいです。

事実、インテリアプランナーの受験者の多くは実務経験者です。

  • 実務経験者:7割
  • 学生や未経験者:3割

 

独自性の高いデザインも求められるので、けっこう難易度が高いですよ。

  • 設計主旨
  • 平面図
  • 断面図
  • 展開図
  • 天井伏図
  • 透視図
  • 一部詳細図
  • 仕上表
  • 家具表

 

などができないと合格できません。

問題もけっこう実戦的なので、実務経験者じゃないと難しいです。

 

試験問題【学科と製図があります】

試験問題は、学科と製図があります。

内容は下記のとおり。

学科 製図
試験形式 マークシート(四肢択一式) 図面作成
試験時間 2時間半 6時間
試験範囲 インテリア計画

インテリア装備

インテリア施工

インテリア法規

建築一般

インテリア設計

学科のインテリア法規は、試験会場に法令集を持ち込みOKです。

持ち込み可能な法令集は下記のとおりです。

 

法令集を持ち込める=カンタンではありません。

どこに何が書いてあるか知っておかないと、時間に間に合わないので、けっこう勉強が必要です。

 

また、製図試験の問題は、事前に公表されます。(6月頃)

 

インテリアプランナーの受験資格からみる難易度【免除あり】

学科試験は、20歳以上であれば誰でも受験できます。

製図試験は、下記の受験資格があります。

  • 過去5年のうちに学科試験に合格している人
  • 建築士資格がある人
  • アソシエイトインテリアプランナー(学科合格者や未成年のこと)

 

結論、受験資格からみる難易度はあまり高くありません。

 

インテリアプランナーの学歴や実務経験がないと資格登録できない

受験資格のハードルは低いですが、試験合格=資格取得とは限りません。

試験に合格しても、資格取得条件に合ってないと資格をもらえないのです。

 

資格取得の条件は学歴や実務経験によって決まっています。

詳しくは、公益財団法人建築技術教育普及センターのホームページに掲載されています。

 

ちなみに、資格の登録手数料は11000円です。

なお、未成年なども受験できるアソシエイトインテリアプランナーの登録手数料は2200円です。

 

インテリアプランナーの試験内容【試験日や申し込み】

試験の細かい内容は下記のとおりです。

学科 製図
試験申し込み 3~4月 9月
試験日 6月 11月
合格発表 8月 2月
受験料 9900円 16500円
試験会場 札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡・沖縄 札幌・仙台・東京・名古屋・京都・大阪・広島・福岡

試験は年1回しかないので、試験申し込みの期間はチェックしておきましょう。

参考:公益財団法人建築技術教育普及センター

 

インテリアプランナーの勉強方法【製図は独学だと難しい】

インテリアプランナーの勉強方法【製図は独学だと難しい】

考える男性
考える男性
インテリアプランナーの勉強方法を知りたいな。

独学でも合格できるの?

合格率が上がる勉強方法を解説します。

 

最初に簡単にお伝えしておくと、

  • 実務経験者:頑張れば合格できる
  • 未経験者:かなり難関

 

となっています。

詳しく解説しますね。

 

学科はインテリアプランナーの過去問題集で勉強

学科試験は、過去問題集を中心に勉強しましょう。

過去問から多く出題されるからです。

 

コツは、同じ過去問題集を何度も繰り返し解くことです。

問題も解答も暗記できれば、高確率で合格できます。

 

インテリアプランナーのおすすめ本【ガイドブックや過去問題集】

ちなみに、インテリアプランナーの勉強におすすめの本は下記のとおりです。

 

受験者が少ないこともあり、勉強本は少ないです。

ですが、上記の本でも勉強できるのでどうぞ。

 

勉強時間は300時間を見ておきましょう

インテリアプランナー試験は、300時間は勉強しましょう。

勉強のスケジュール例は下記のとおり。

勉強スケジュール 勉強開始時期
1日2時間勉強 5ヶ月前、1月
平日1時間、土日3時間 7ヶ月前、11月
平日2時間、土日5時間 4ヶ月前、2月

勉強は計画的に、コツコツやりましょう。

 

製図対策はインテリアプランナー系の学校がおすすめ【大学や専門学校が最高】

製図試験は難関ので、学校に行くのがおすすめ。

独学だと添削がなくて勉強しにくいので。

 

最高なのは、大学や専門学校で学ぶことですね。

建築系の学校でインテリアプランナーの講座を受ければ、かなり合格率は上がります。

 

大学や専門学校に行けない人は、社会人向けの講座があるので受講すると無難。

未経験の人は、大学・専門学校・講座を受けた方が短期間で合格できます。

 

インテリアプランナー資格を取得するメリット

インテリアプランナー資格を取得するメリット

インテリアプランナーを取得すると、メリットが多いです。

少々難しい試験ですが、得られるものは多いので挑戦しましょう。

 

インテリアプランナーの年収【収入アップに有利】

平均的には300万~500万円というところ。

建築士的な要素もあるので、スキルが身につくとけっこう年収は高くなります。

中には800万円くらい稼ぐインテリアプランナーもいます。

 

インテリアプランナーの仕事内容【やりがいあります】

インテリアプランナーの仕事内容は、

  • 内装設計
  • 内装の工事監理

 

など、けっこう幅広くやりがいがあります。

 

後述しますが、インテリアコーディネーターは内装設計まではできませんが、インテリアプランナーは可能。

建築士の内装版みたいな資格なので、かなりやりがいはありますよ。

 

インテリアプランナーとインテリアコーディネーターの違い

よく比較されるインテリアコーディネーターとの違いを表にしました。

インテリアプランナー インテリアコーディネーター
仕事範囲 内装の建築設計まで担当 既存のインテリア系商材の組み合わせ
対象 オフィス、商業施設など幅広い 個人宅がメイン
資格の登録 条件あり 条件なし
受験者の性別 男女半々 女性が多い
年収 300万~500万円台 300万~400万円台

結論、インテリアプランナーの方が上位資格ですね。

 

インテリアコーディネーターは既製品の組み合わせを提案するのに対し、インテリアプランナーは内装設計の段階から関わります。

つまり、仕事範囲はかなり違います。

 

ただし、試験の難易度はインテリアプランナーの方が上です。

ちなみに、インテリアコーディネーターについては、下記の記事にまとめたのでどうぞ。

 

インテリアプランナーとインテリアデザイナーの違い

結論、かなり似ている資格です。

仕事内容もだいたい同じ。

 

しいて言えば、インテリアデザイナーの方がデザイン重視の仕事かなと。

インテリアデザイナーはアーティスト的な要素もあるのに対して、インテリアプランナーは設計に重きが置かれているイメージです。

 

ただし、試験の難易度は、インテリアプランナーの方が圧倒的に上。

インテリアデザイナーは在宅受験できて、難易度は低いです。

 

インテリアデザイナーについては、

インテリアデザイナーの平均年収は400万円くらい【収入アップのコツ】にまとめたのでどうぞ。

インテリアデザイナーの平均年収は400万円くらい【収入アップのコツ】

 

インテリアプランナーと建築士の違い

インテリアプランナーが内装設計をするのに対し、建築士は建物全体の設計を行います。

なので、設計する範囲は建築士の方が圧倒的に上。

建築士は内装設計をすることもあるので、インテリアプランナーを兼ねることができます。

 

当然、試験の難易度は建築士の方が上。

建築設計全般に関わりたいなら、建築士を目指しましょう。

 

建築士の試験については、下記の3記事にまとめたので参考にどうぞ。

 

インテリアプランナーの就職先

インテリアプランナーの主な就職先は、下記のとおり。

  • 建設会社
  • ハウスメーカー
  • 工務店
  • 建築設計事務所
  • 不動産会社
  • インテリアメーカー
  • 家具メーカー
  • デパート・百貨店

 

けっこう就職先の選択肢が広がるので、就職に有利な資格です。

 

インテリアプランナー資格を維持するには更新講習会に参加

インテリアプランナー試験の有効期限は5年で、それ以降は講習会を受けないと更新できません。

知識を忘れないようにするためや、最新の知識を勉強するためですね。

更新手数料は22000円かかります。

 

まとめ【インテリアプランナーは製図の難易度が高いけど、勉強すれば合格できる】

まとめ【インテリアプランナーは製図の難易度が高いけど、勉強すれば合格できる】

この記事をまとめます。

  • インテリアプランナーの合格率は20%台で、製図試験が難関
  • 20歳以上なら誰でも受験できるが、資格登録は条件がある
  • 過去問を中心に300時間は勉強しましょう
  • 製図対策は大学・専門学校・講座がおすすめ
  • 仕事内容は内装設計から工事監理までやるので、けっこうやりがいがある
  • インテリアコーディネーターより上位資格、建築士より下位資格

 

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです。

ちなみに、よく比較されるインテリアコーディネーターの関連記事を紹介しておきます。

 

資格取得の参考にしてください。

関連記事

  1. インテリアコーディネーターの独学のコツ6選【勉強時間は6ヶ月】

    インテリアコーディネーターの独学のコツ6選【勉強時間は6ヶ月】

  2. 配管

    管工事施工管理技士の年収を分析【年収を上げる方法も解説】

  3. インテリアコーディネーターの仕事内容【あなたが向いてるか診断】

    インテリアコーディネーターの仕事内容【あなたが向いてるか診断】

  4. 浄化槽

    浄化槽管理士の合格率や過去問からみる難易度

  5. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

  6. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  1. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    2020.07.22

  2. AIキッチンの未来がすごすぎる【有名シェフの味を家で味わえるかも】

    AIキッチンの未来がすごすぎる【有名シェフの味を家で味わえるかも】

    2020.07.22

  3. 設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    2020.07.22

  4. 水切りの役割や種類を解説【建築物の寿命を守る建材も紹介】

    水切りの役割や種類を解説【建築物の寿命を守る建材も紹介】

    2020.07.22

  5. インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

    インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

    2020.06.26

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト