配管工の仕事内容を解説【就職・転職する方法も紹介】

配管工の仕事内容を解説【就職・転職する方法も紹介】
考える男性
考える男性
配管工の仕事内容を知りたいな。

なんか管を工事するのはわかるけど、具体的にどんな仕事なんだろう?

 

手に職をつけて、安定して稼ぎたいから配管工に興味あるんだよね。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 配管工の仕事内容を解説【向いてる人や仕事の種類も紹介】
  • 配管工に就職・転職する方法【年収や資格も紹介】

 

配管工の仕事内容って、ちょっとイメージしにくいですよね。

その名のとおり「配管を工事する仕事」なのですが、もう少し具体的に解説します。

 

また、配管工にはどんな種類があるかも解説。

就職・転職の参考にしてみてください(^^)

配管工の仕事内容を解説【向いてる人や仕事の種類も紹介】

配管工の仕事内容を解説【向いてる人や仕事の種類も紹介】

配管工の仕事内容は、下記の配管の工事をすることです。

  • 給水管
  • 排水管
  • ガス管
  • 衛生設備
  • 空調設備

 

配管というと水道管のイメージが強いですが、一口に配管といっても上記のような種類があります。

 

「配管を工事する」といっても、管自体を造る仕事ではありません。

 

管は工場で造られて、現場に運ばれます。

配管工は、現場に運び込まれた管のパーツを組み上げていく仕事です。

 

具体的な仕事内容は下記のとおり。

  • 配管を現場に搬入
  • 配管の長さや角度を計算・計画
  • 設置する場所の採寸
  • 配管の切断や溶接・ねじ込み
  • 配管をつなぎ合わせる

 

ようは、管を設置する場所の広さに合わせて設置していくイメージです。

 

配管工は経験と技術が重要【肉体労働だけじゃない】

例えば、配管スペースが小さい場合は、

  • 管を切断する
  • 管を曲げる

 

などの計画が必要です。

 

あらかじめ設計することもありますが、現場の判断で設計することもありますね。

豊富な経験・技術と、空間把握能力が必要です。

 

配管の設計は、ベテランの配管工でないと難しいです。

新人のうちは、ベテラン配管工の仕事を見て覚えましょう。

 

ちなみに、新人さんは掘削や埋め込みなど初歩的な仕事から始めます。

 

配管工の仕事はミスがあると事故になる【向いてる人も解説】

もし配管工事のミスがあれば、事故になってしまいます。

例えば、ガス管からガスが漏れたら大事故になりますよね。

 

あってはならないのは、

  • 管に隙間がある
  • 管の破裂
  • 管の亀裂
  • 管が外れる

 

などなど。

ちょっとした隙間が事故になるので、ミスのない工事が求められます。

 

配管工は、

  • 慎重な人
  • 几帳面な人
  • 心配性な人

 

くらいの方が向いてます。

 

配管工はメンテナンスも仕事もある

配管工事だけでなく、メンテナンスの仕事もあります。

配管を使っていれば、いつかは壊れます。

  • 壊れないようにメンテナンス
  • 壊れた場合の修理

 

も配管工の仕事です。

 

例えば、水道管が壊れた場合は緊急対応が必要なので、急に仕事が入ることもあります。

水道管やガス管が壊れたまま放置できませんからね。

 

配管工には5種類ある

一口に「配管工」といっても、正確には5種類あります。

5種類は下記のとおり。

  1. 衛生配管工:給水管、排水管、トイレ、風呂、洗面台、キッチンなどの工事
  2. ガス配管工:ガス管や病院の酸素・窒素・笑気などの工事
  3. プラント配管工:工場の薬品などの配管工事
  4. 防災設備の配管工:スプリンクラーなど防災設備の工事
  5. 空調配管工:冷暖房、冷凍機、ボイラー、エアコンなど空調配管の工事

 

種類によって業務内容や必要な知識が違うので、どの配管工になるか考えておきましょう。

 

①衛生配管工

衛生配管工の活躍の場は広いです。

一般家庭のトイレ・風呂・キッチン・洗面台などの配管工事もあれば、ビルや工場の給排水管の工事も行います。

 

ほぼすべての建物で給水・排水は必要なので、活躍の場は多いです。

 

②ガス配管工

ガス配管工は、危険度が上がります。

せまいスペースでガス漏れが発生すれば危険ですし、中には人体に有害なガスもあります。

 

また、病院の酸素・窒素・笑気など特殊な配管工事も行います。

 

③プラント配管工

プラント配管工も危険度が高めです。

プラント(工場)では、

  • 有毒ガス
  • 有毒物質

 

などの配管を取り扱うので、工事は細心の注意が必要です。

 

事故が起きないよう、正しい知識とスキルがいりますね。

 

④防火設備の配管工

防火設備の配管工は、責任重大です。

例えば、火災が発生したときにスプリンクラーが使えなかったら、大惨事になってしまいます。

 

スプリンクラーなどの防火設備は滅多に使うものではありませんが、いざというときに機能することが役割です。

 

⑤空調配管工

空調配管工も、活躍も場が広いです。

一般家庭のエアコンの取り付けも行いますが、大きいビルや工場の空調配管工事も行います。

 

例えば、大型のボイラーで熱した空気を、建物内に効率よく回すのも空調配管工の役目。

空調配管もあらゆる建物で必要なので、需要は大きいですね。

 

配管工の辛いところ【やりがいも紹介】

配管工の辛いところは、下記のとおり。

  • 狭い場所での作業
  • 暑い・寒い
  • 配管が重い
  • ガス・高圧蒸気・薬品の感もあるので危険
  • 設備工事なので、夜作業もある
  • 時間がない中で工事することもある

 

工事する建物が小さいと、当然配管スペースも狭いです。

狭い中で様々な道具を使って工事するのは、けっこう疲れるものです。

 

また、配管を設置するスペースは、空調がありません。

※人が入らないスペースなので。

 

そのため、配管工は寒い・暑いの中で工事が行われます。

春・秋はまだ良いですが、夏と冬は体にこたえます。

 

あと、配管工が働く時間です、夜の工事もあります。

なぜなら配管は設備工事なので、建物の構造ができてから行うことも多いからです。

 

建物の構造ができてる=近隣の迷惑にならないので、夜間工事があります。

 

不規則な勤務スケジュールになるのも、ちょっと辛いところです。

  1. 建物の構造を造る
  2. 配管工事
  3. 内装工事

 

というように、工事と工事の間に挟まれやすいので、工事日程がタイトになることも。

 

他の工事を待ったり、後の工事に遅れがでない配慮が必要です。

 

でも、辛いことばかりではありません。

配管工はやりがいがある仕事です。

 

現役の配管工がやりがいを語っているYoutubeがあったので、見てみてください(^^)

引用元:Youtube「BUILD OITA #20 配管工(web編)

 

配管工に就職・転職する方法【年収や資格も紹介】

配管工に就職・転職する方法【年収や資格も紹介】

配管工に就職・転職する方法は、下記のとおり。

  1. ハローワークで求人を探す
  2. 求人サイトで探す

 

つまり、普通の就職・転職活動でOKです。

 

会社によっては未経験者を採用していますが、職業訓練校で基礎を勉強してから就職する人もいます。

 

配管工は不足しているので、就職・転職はしやすいですね。

配管工事やメンテナンスがなくなることはないので、今後の仕事も安定しています。

 

配管工の平均年収・給料

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、配管工の平均年収は470万円くらいです。

びっくりするほど高い給料ではありませんが、極端に低くもありません。

 

年収400万~500万円くらいで安定して稼げる仕事です。

 

ただし、もちろん若いときや新人時代の給料は低めです。

※どんな仕事でもそうですが。

 

配管工の年収や給料については、

配管工の年収・給料を国のデータを元に紹介【収入を上げる方法も解説】にまとめたので、読んでみてください(^^)

配管工の年収・給料を国のデータを元に紹介【収入を上げる方法も解説】

 

配管工の3つの資格

配管工に関する資格は、下記の3つです。

  1. 配管技能士
  2. 管工事施工管理技士
  3. 建築設備士

 

ただ、配管工は資格がなくても始められます。

 

仕事をしながら資格を取得していくのが良いですね。

転職が有利になったり、給料が上がるからです。

 

資格はスキルと知識の証明です。

最初の会社で経験を積んだ後に、転職しやすかったり、給料が上がりやすいです。

 

また、会社によっては資格手当を用意していることもあるので、資格をとると給料が上がります。

勉強も兼ねて、いずれは資格も取得していきましょう。

 

配管工の3つの資格については、

配管工事の資格3選【資格を取得すると転職が有利で年収も上がる】にまとめたので、読んでみてください(^^)

配管工事の資格3選【資格を取得すると転職が有利で年収も上がる】

 

まとめ【配管工の仕事内容は管を組み立てる仕事】

まとめ【配管工の仕事内容は管を組み立てる仕事】

この記事をまとめます。

  • 配管工の仕事内容は、管の配置を計画して組み立てる仕事
  • 配管のメンテナンスの仕事もある
  • 配管工は衛生・ガス・プラント・防火設備・空調の5種類がある
  • 就職・転職しやすい仕事【未経験なら職業訓練校もアリ】
  • 配管工の平均年収は470万円くらい

 

未経験から配管工になることを考えてるあなたの、参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、配管工は実際に工事を行う仕事ですが、配管工事の現場監督の仕事もあります。

現場監督は「管工事施工管理」と言われています。

 

国家資格である管工事施工管理技士を取得すると、年収も大きく上がります。

 

現場監督の方に興味がある人は、

管工事施工管理技士の年収を分析【年収を上げる方法も解説】を読んでみてください(^^)

 

仕事の選択肢が広がりますよ。

管工事施工管理技士の年収を分析【年収を上げる方法も解説】

あなたの就職・転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. バルブの記号を一覧で解説【意味や覚え方、メーターの記号も紹介】

    バルブの記号を一覧で解説【意味や覚え方、メーターの記号も紹介】

  2. 受水槽

    受水槽の仕組みや構造!容量や設置基準もご紹介

  3. 配管工の年収・給料を国のデータを元に紹介【収入を上げる方法も解説】

    配管工の年収・給料を国のデータを元に紹介【収入を上げる方法も解説】

  4. 給湯器の種類を7つ紹介!風呂の給湯方法やサイズの目安とは?

  5. ボイラーの種類を解説【ボイラー技士の資格も紹介】

    ボイラーの種類を解説【ボイラー技士の資格も紹介】

  6. 水

    給水方式の比較やメリットとデメリット

  1. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    2020.10.20

  2. 全館空調のデメリット10選【メリット6選と導入してもいい4つのケース】

    全館空調のデメリット10選【メリット6選と導入してもいい4つのケー…

    2020.10.16

  3. 電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    2020.10.16

  4. 設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    2020.10.16

  5. シーリングファンの風向きは夏は下向き、冬は上向き【注意点も解説】

    シーリングファンの風向きは夏は下向き、冬は上向き【注意点も解説】

    2020.09.28

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト