配管工事の資格3選【資格を取得すると転職が有利で年収も上がる】

まとめ【配管工事の資格は3つ】
考える男性
考える男性
配管工事の資格を知りたいな。

配管工は未経験でも就職できるみたいだけど、

資格とかとっておいた方がいいのかな?

 

手に職をつけて、安定して稼ぎたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 配管工事の資格3選【一覧や難易度】
  • 配管工事の資格を取得すると転職が有利【年収アップもある】

 

配管工の資格を解説します。

結論、配管工は無資格でもできますが、自分のスキルや知識の証明に資格を取得するのも良いでしょう。

転職するときに有利です。

 

この記事では、配管工に有効な3つの資格を解説します。

あなたのキャリアアップの参考にしてみてください。

配管工事の資格3選【一覧や難易度】

配管工事の資格3選【一覧や難易度】

配管工事の資格は、下記の3つです。

  1. 配管技能士
  2. 管工事施工管理技士
  3. 建築設備士

 

1つずつ解説しますね。

 

①配管技能士【難易度低め】

配管工になったら、最初は配管技能士を取得しましょう。

配管工で一番基本的な資格だからです。

配管技能士は、厚生労働省が認定する配管工事の国家資格です。

下記のようなスキル・知識を証明できます。

  • 給水管
  • 排水管
  • ガス管
  • 空気清浄装置
  • 冷暖房の換気設備

 

試験は、各都道府県の職業能力開発協会が実施しています。

資格には、1級・2級・3級があり、1級が最高です。

配管技能士の合格率は50%くらいなので、そこまで難しい試験ではありません。

きちんと勉強すれば合格できます。

配管技能士の詳細は、1級・2級・3級の配管技能士の試験内容【参考書や過去問の勉強方法】を参考にどうぞ。

 

②管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、配管工を取りまとめる現場監督の資格です。

配管工としてスキルと実績を積んだら、管工事施工管理技士を目指してみましょう。

施工管理技士は不足しているので、資格を取得できれば年収アップも可能です。

ただし誰でも受験できる資格ではないので、まずは配管工として実績を積みましょう。

管工事施工管理技士の詳細は、1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率にまとめています。

 

③建築設備士

建築設備士は、配管を含む建築設備の総合的な資格です。

  • 電気
  • 給排水
  • 空調

 

の専門知識をもち、建築士にアドバイスをする資格です。

「建築設備に一番詳しい人」を証明する資格といえますね。

建築設備の領域では最高資格なので、いずれ取得するのも良いですね。

建築設備士の詳細は、建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?にまとめています。

 

配管工事の資格を取得すると転職が有利【年収アップもある】

配管工事の資格を取得すると転職が有利【年収アップもある】

配管工事系の資格を取得するメリットは、転職が有利になることです。

転職では、スキル×資格が大事だからです。

資格はスキルと知識の証明書なので、採用されやすくなります。

基本的に大きい会社ほど給料が高いのですが、資格が理由で大きい会社に採用されることもあるでしょう。

 

また、資格手当などで給料が上がるケースもあります。

※会社によります。

転職を機に年収が上がる人もいるので、いずれにせよ資格があると有利ですね。

 

まとめ【配管工事の資格は3つ】

まとめ【配管工事の資格は3つ】

この記事をまとめます。

  • まずは配管技能士の取得がおすすめ
  • 配管工事の現場監督になるなら管工事施工管理技士
  • 建築設備全般の専門家になるなら建築設備し
  • 資格を取得すると転職が有利
  • 資格が理由で年収が上がるケースもある

 

配管工の資格を取得したいあなたの参考になればうれしいです!

 

ちなみに、現場監督は別名「施工管理」とも言います。

現場監督に興味がある人は、施工管理とは?をわかりやすく解説【未経験・資格なしでも大丈夫】を読んでみてください。

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです!

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 電球

    認定電気工事従事者の必要性とは?認定講習や申請方法を解説

  2. サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    サッシ施工技能士の仕事内容や取得するメリット【試験は学科と実技あり】

  3. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  4. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

  5. 建築設備診断技術者とは【受験資格は実務経験が必要。難易度は低め】

    建築設備診断技術者とは【試験の難易度は低めなので取得あるのみ】

  6. 石油コンビナート

    高圧ガス製造保安責任者の合格率や試験内容からみる難易度

  1. 電気工事士

    電気工事士は休みがないのか?【きちんと休めるホワイト企業もある】

    2022.06.16

  2. オフィスの内装

    設備設計のきついところ4選【そこまで激務じゃない。やりがいも解説…

    2022.06.16

  3. リビング

    設備設計の仕事内容を解説【有益な資格8選や平均年収も紹介します】

    2022.06.16

  4. 【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある】

    【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある…

    2022.05.21

  5. 電気通信工事業と電気工事業の違い【それぞれのメリットとデメリッ…

    2022.05.21

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解…

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト