配管工事の資格3選【資格を取得すると転職が有利で年収も上がる】

まとめ【配管工事の資格は3つ】
考える男性
考える男性
配管工事の資格を知りたいな。

配管工は未経験でも就職できるみたいだけど、

資格とかとっておいた方がいいのかな?

 

手に職をつけて、安定して稼ぎたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 配管工事の資格3選【一覧や難易度】
  • 配管工事の資格を取得すると転職が有利【年収アップもある】

 

配管工の資格を解説します。

結論、配管工は無資格でもできますが、自分のスキルや知識の証明に資格を取得するのも良いでしょう。

転職するときに有利です。

 

この記事では、配管工に有効な3つの資格を解説します。

あなたのキャリアアップの参考にしてください(^^)

配管工事の資格3選【一覧や難易度】

配管工事の資格3選【一覧や難易度】

配管工事の資格は、下記の3つです。

  1. 配管技能士
  2. 管工事施工管理技士
  3. 建築設備士

 

1つずつ解説しますね(^^)

 

①配管技能士【難易度低め】

配管工になったら、最初は配管技能士を取得しましょう。

配管工で一番基本的な資格だからです。

 

配管技能士は、厚生労働省が認定する配管工事の国家資格です。

  • 給水管
  • 排水管
  • ガス管
  • 空気清浄装置
  • 冷暖房の換気設備

 

の分野のスキルや知識を証明する資格です。

試験は、各都道府県の職業能力開発協会が実施しています。

 

資格には、

  • 1級
  • 2級
  • 3級

 

の3つがあり、1級が最高位です。

 

配管技能士の合格率は50%くらいなので、そこまで難しい試験ではありません。

きちんと勉強すれば合格できます。

 

受験資格は下記のとおり。

資格の級 受験資格
1級 実務経験7年以上(学歴によって必要な実務経験が変わる)

2級合格後2年以上

3級合格後4年以上の実務経験

2級 実務経験2年以上(学歴によって必要な実務経験が変わる)

または3級合格者

3級 誰でも受験できる

 

試験内容は、大きく分けると下記の2種類です。

  • 建築配管作業:一般的な配管工事の試験
  • プラント配管作業:石油製造施設・ガス製造施設の配管工事向け

 

1~3級の試験内容は下記のとおりです。

資格の級 試験の種類 実技試験の内容
1級 学科と実技 図面を見て配管を組み立てる

配管図から材料表を作成

現図型取り

アイソメ図の作成

鋼管の溶接作業

2級 学科と実技 図面を見て配管を組み立てる

配管図から材料表を作成

現図型取り

アイソメ図の作成

3級 実技試験のみ 給水配管図をもとにパイプをつなぐ管維手の試験

 

合格基準は、学科試験と実技試験で違います。

  • 学科65点以上
  • 実技60点以上

 

※100点満点中

 

その他の試験概要は下記のとおりです。

試験 試験時期 受験料
学科試験 年2回(6~9月、12~2月) 3100円
実技試験 年2回(7~9月、1~2月) 16500円

 

②管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、配管工を取りまとめる現場監督の資格です。

配管工としてスキルと実績を積んだら、管工事施工管理技士を目指してみましょう。

 

施工管理技士は不足しているので、資格を取得できれば年収アップも可能です。

 

ただし誰でも受験できる資格ではないので、まずは配管工として実績を積みましょう。

 

管工事施工管理技士の詳細は、

1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率にまとめたので、興味あれば読んでみてください(^^)

1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

 

③建築設備士

建築設備士は、配管を含む建築設備の総合的な資格です。

  • 電気
  • 給排水
  • 空調

 

の専門知識をもち、建築士にアドバイスをする資格です。

 

「建築設備に一番詳しい人」を証明する資格といえますね。

建築設備の領域では最高資格なので、いずれ取得するのも良いですね(^^)

 

建築設備士の詳細は、

建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?にまとめているので、興味あれば読んでみてください。

建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?

 

配管工事の資格を取得すると転職が有利【年収アップもある】

配管工事の資格を取得すると転職が有利【年収アップもある】

配管工事系の資格を取得するメリットは、転職が有利になることです。

転職では、スキル×資格が大事だからです。

 

資格はスキルと知識の証明書なので、採用されやすくなります。

基本的に大きい会社ほど給料が高いのですが、資格が理由で大きい会社に採用されることもあるでしょう。

 

また、資格手当などで給料が上がるケースもあります。

※会社によります。

 

転職を機に年収が上がる人もいるので、いずれにせよ資格があると有利ですね(^^)

 

まとめ【配管工事の資格は3つ】

まとめ【配管工事の資格は3つ】

この記事をまとめます。

  • まずは配管技能士の取得がおすすめ
  • 配管工事の現場監督になるなら管工事施工管理技士
  • 建築設備全般の専門家になるなら建築設備し
  • 資格を取得すると転職が有利
  • 資格が理由で年収が上がるケースもある

 

配管工の資格を取得したいあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、現場監督は別名「施工管理」とも言います。

現場監督に興味がある人は、

施工管理とは?をわかりやすく解説【未経験・資格なしでも大丈夫】を読んでみてください。

 

正直、配管工より現場監督の方が給料高いので、稼ぎたい人は知っておきましょう。

施工管理とは?をわかりやすく解説【未経験・資格なしでも大丈夫】

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです(^^)

関連記事

  1. 1級電気通信工事施工管理技士の難易度を合格率や過去問題から解説

    1級電気通信工事施工管理技士の難易度を合格率や過去問題から解説

  2. 設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

  3. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  4. 浄化槽

    浄化槽管理士の合格率や過去問からみる難易度

  5. 給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

    給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

  6. 石油コンビナート

    高圧ガス製造保安責任者の合格率や試験内容からみる難易度

  1. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    2020.10.20

  2. 全館空調のデメリット10選【メリット6選と導入してもいい4つのケース】

    全館空調のデメリット10選【メリット6選と導入してもいい4つのケー…

    2020.10.16

  3. 電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    2020.10.16

  4. 設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    2020.10.16

  5. シーリングファンの風向きは夏は下向き、冬は上向き【注意点も解説】

    シーリングファンの風向きは夏は下向き、冬は上向き【注意点も解説】

    2020.09.28

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト