電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】

電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】
考える男性
考える男性
電気の施工管理は激務ってホント?

未経験で転職を考えてるけど、あまりに激務ならやめておこうかな…

 

激務じゃない働き方はできるのかな?

自分に電気施工管理はやっていけるんだろうか?

できれば手に職をつけて、人生を安定させたいんだけど…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 電気設備の施工管理は激務なのかわかる
  • できるだけ激務じゃない働き方をする方法がわかる
  • あなたが電気施工管理でやっていけるかわかる

 

ネットで調べると「電気施工管理は激務」みたいに出てきて、不安になりますよね。

手に職をつけたいけど、激務だとわかって未経験から転職するのも勇気がいると思います。

 

結論、電気施工管理は激務になることがあります。

ただし、毎日ではありません。

どんな仕事にも「繁忙期」があるように、電気施工管理にも忙しい日もあるわけです。

世の中、楽な仕事はないですから、多少の忙しさはどの仕事に転職しても一緒。

この記事では、電気施工管理が激務になる理由や、できるだけ激務じゃない働き方を解説します。

あなたが電気施工管理でやっていけるか参考になると思うので、転職の情報収集にどうぞ。

電気設備の施工管理は激務になることアリ

電気設備の施工管理は激務になることアリ

結論、電気設備の施工管理は激務になることがあります。

理由は、電気は工事の最後の方だから。

建築物の工事の手順は、ざっくりいうと下記のとおり。

  1. 土木工事:地面を整える
  2. 建築工事:建物を建てる
  3. 電気など設備の工事:建物に設備をつける

 

つまり、電気は工程の最後の方なんです。

なので、土木や建築のスケジュールが遅れると、短い期間で完成させなければいけません。

これが原因で激務になることがあります。

考える男性
考える男性
土木とか建築のスケジュールは、どうして遅れるの?

理由はたくさんありますが、わかりやすいのは天候ですね。

土木も建築も外作業なので、悪天候が続くと工事ができません。

そのシワ寄せが、電気工事に回ってくる感じです。

毎回ではありませんが、悪天候が続くと激務になる可能性があります。

 

夜でも工事できてしまうので激務になる

屋内の電気設備の工事は、激務になりがち。

なぜなら、夜でも工事できるから。

なんせ屋根がありますからね。

特に、近隣の迷惑にならない場所での工事だと、夜も電気工事をすることがあります。

前述のように、工事のスケジュールが遅れているときは、夜中まで仕事をすることもあるでしょう。

 

【そもそも】電気施工管理の仕事内容

考える男性
考える男性
そもそも、電気の施工管理ってどんな仕事するの?

簡単にいうと、電気の工事現場の監督をします。

具体的な業務は下記のとおり。

  • 建設物が期限内に完成するように、工事のスケジュールを管理する
  • 現場の進捗を写真にとる
  • 事務作業
  • 顧客や業者との打ち合わせ
  • 朝礼の指揮
  • 現場の掃除
  • 作業員さんの安全が保たれるように、安全な作業環境を作る

 

他にもいろいろありますが、詳しくは、電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】にまとめてます。

 

できるだけ激務じゃない働き方をする3つの方法

できるだけ激務じゃない働き方をする3つの方法

考える男性
考える男性
激務なことがあるのはわかった。

じゃあ、できるだけ激務じゃない働き方ってできるの?

完全に激務じゃない働き方は難しいですが、「できるだけ激務じゃない働き方」をする方法はあります。

具体的には下記の3つ。

  1. スキルアップする
  2. 地方で働く
  3. 技術者派遣で働く

 

1つずつ解説しますね。

 

①スキルアップする

そもそもですが、仕事のスキルが上がれば速く帰れます。

仕事の処理スピードが上がりますからね。

これに近道はなし。

コツコツと頑張っていくことで、スキルアップしていくしかありません。

どんな仕事でも一緒ですが、これは継続あるのみ。

 

②地方で働く

少しでも激務度を下げたいなら、地方で働くのもアリですね。

比較的、おとなしめの現場が多いから。

※くれぐれも「地方はどこも激務じゃない」という意味ではありません。

シンプルな話で、都会の方が工事が多いんですよね。

地方は都会より落ち着いてるので、比較的はやく帰れる現場があったりします。

ただし、現場によっては地方でも激務になることはありますよ。

あくまで、可能性の話です。

 

③技術者派遣で働く

技術者派遣で働く方法もアリかと。

一応、派遣先の希望は聞いてくれるから。※100%ではありません。

考える男性
考える男性
派遣?

アルバイトで働くのはイヤだなぁ…

と思ったかもしれませんが、施工管理の技術者派遣は正社員です。

技術者派遣の正社員として雇用されて、他の会社の現場に派遣されて働くイメージ。

参考:施工管理の派遣で働くメリットは?

 

技術者派遣の会社では、一応「どんな現場で働きたいか」を聞いてくれます。

可能な限り近い現場を紹介してくれるので、少しでも激務度を下げたいなら技術者派遣もアリですね。

もちろん、希望の現場がない可能性もありますが、その後に紹介される現場の中には激務度が低い現場もあるかもしれませんよ。

 

ちなみに弊社メルマガでは、未経験者さん向けの技術者派遣の優良求人情報を配信してます。

メルマガ会員しか見れない優良求人もあるので、少しでも激務じゃない働き方をしたい人は情報収集にメルマガ登録をどうぞ。

メルマガ

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、未経験者向けの技術者派遣の優良求人情報を掲載しています。

転職の情報収集にチェックしてみてください。

 

あなたが電気施工管理でやっていけるか診断

あなたが電気施工管理でやっていけるか診断

考える男性
考える男性
なんとなくわかったけど、僕は電気施工管理でやっていけるのかな?

最終的には、あなたの適性が気になるところかと。

ということで、簡単な適職診断を作ってみました。

下記の5つのうち、3つ以上あてはまれば電気施工管理でやっていける可能性はあると思います。

  1. 体力がある
  2. 電気工事に興味がある
  3. 仕事が多少きつくても手に職をつけたい
  4. 頭の回転が速い
  5. コミュニケーションスキルが高い

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

一応、それぞれの項目を解説しますね。

 

①体力がある

体力がある人は、電気施工管理に向いてます。

前述のとおり、夜遅くまで働くことがあるから。

例えば、下記のような人は向いてるかなと。

  • 今でもジムに通っている
  • 学生時代に運動部だった
  • 体力を使う趣味がある

 

②電気工事に興味がある

これ、一番大事ですね。

仕事に興味があれば、なんとかやっていけるから。

考える男性
考える男性
電気工事にはまったく興味ないけど、なんか稼げそうだから転職したい。

という人には、ちょっと厳しいと思います。

 

③仕事が多少きつくても手に職をつけたい

考える男性
考える男性
今後の人生が不安だから、手に職をつけたい。

という人も向いてると思います。

明確な人生の目的があれば、多少のきつさには耐えられるから。

具体的には下記のような人は良いかと。

  • 転職回数が多くて後がない人
  • 30代前半で人生の方向性が決まってない人
  • 人生を逆転したい人

 

④頭の回転が速い

頭の回転が速い人は向いてます。

電気施工管理は、考える仕事だから。

前述のとおり「工事現場の監督」なので、けっこう頭脳労働です。

具体的には、下記のような人が向いてるかと。

  • 冷静に最適解を考えられる
  • 論理的思考がある
  • 複数のケースとその結果を予測できる

 

⑤コミュニケーションスキルが高い

コミュニケーションスキルが高い人も向いてます。

施工管理はコミュニケーションスキルが重要だから。

職人さん・作業員さんの監督ですからね。

「どう伝えたら気持ちよく動いてくれるか」などのコミュニケーションスキルは重要です。

具体的には下記のような人は向いてます。

  • あいさつと返事ができる
  • 年上から可愛がられるタイプ
  • 人の話を聞ける

 

ちなみに電気施工管理だけでなく、施工管理全体に向いてる人の特徴は、施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】にまとめたので参考にどうぞ。

 

まとめ【電気設備の施工管理は激務なこともあるけど、向いてるなら挑戦してみよう】

まとめ【電気設備の施工管理は激務なこともあるけど、向いてるなら挑戦してみよう】

ということで、電気設備の施工管理は激務なこともあります。

でも、どんな仕事でも激務なシーンはあるので、その辺は一緒かと。

下記の5つのうち、3つ以上に当てはまるなら向いてる可能性があるので、挑戦してみてください。

  1. 体力がある
  2. 電気工事に興味がある
  3. 仕事が多少きつくても手に職をつけたい
  4. 頭の回転が速い
  5. コミュニケーションスキルが高い

 

あまり激務じゃない良い求人ほど他の人に取られていくので、転職活動を始めるなら早い方が有利ですよ。

電気施工管理で手に職がつけば、食いっぱぐれはありません。

手に職をつけて、安定して生きていく人生にしたいなら、転職あるのみだと思います。

 

できるだけ激務じゃない働き方は、下記の3つ。

  1. スキルアップする
  2. 地方で働く
  3. 技術者派遣で働く

 

技術者派遣については、施工管理の派遣で働くメリットは?を参考にどうぞ。

 

また、弊社メルマガでは、未経験者さん向けの技術者派遣の優良求人情報を配信してます。

メルマガ会員しか見れない優良求人もあるので、少しでも激務じゃない働き方をしたい人は情報収集にメルマガ登録をどうぞ。

 

あと、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、未経験者向けの技術者派遣の優良求人情報を掲載しています。

転職の情報収集の参考になるかなと。

 

あとは行動あるのみ。

未経験から施工管理に転職するコツは、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】にまとめてます。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

    コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

  2. インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

    インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

  3. 電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

    電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

  4. LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

    LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

  5. 電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説します】

    電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説します】

  6. 蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

  1. 登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    2021.10.12

  2. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    2021.10.12

  3. 設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説】

    設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説…

    2021.10.09

  4. CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    2021.09.12

  5. 高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    2021.09.11

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト