衛生設備施工管理とは?仕事内容や役立つ資格6選を解説します

衛生設備施工管理とは?仕事内容や役立つ資格6選を解説します
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理って、どんな仕事なの?

何か資格が必要なの?

未経験から転職できるの?

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかること

  • 衛生設備施工管理の仕事内容や年収
  • 衛生設備施工管理のきついところ3選
  • 衛生設備施工管理のやりがい・魅力3選
  • 未経験で衛生設備施工管理に転職するコツ
  • 衛生設備施工管理に役立つ資格6選

結論、未経験でも衛生設備施工管理に転職できます。

「でも、きつい仕事じゃないの?」など不安もありますよね?

この記事では、衛生設備施工管理について網羅的に解説するので、あなたの疑問がすべて解消されます。

「衛生設備施工管理に必要な知識とスキルを勉強する方法」もまとめたので、最後まで読んでみてください!

この記事の監修者

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

新人研修が60日間で業界トップクラスなので、基礎をしっかり勉強して働きたい人は、転職先候補の1つに入れてみてください。

目次

衛生設備施工管理の仕事内容
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理って、どんな仕事するの?

衛生設備施工管理は、衛生設備工事の監督業務を行います。

主な仕事内容

  • 施工計画の作成:工事の段取りを決める
  • 工程管理:工事のスケジュール管理
  • 安全管理:事故がないように対策する
  • 原価管理:会社の利益が出るようにする
  • 品質管理:良い建設物を造る
  • 環境管理:周辺環境を汚染しないように配慮
  • 設計など事務作業
  • 現場の写真撮影
  • トラブル対応や緊急対応

詳しい仕事内容は、設備施工管理の6つの仕事内容|きついところや激務の感じも解説にまとめています。

また、施工管理全体の仕事内容は、施工管理(現場監督)の13の仕事内容をわかりやすく解説|未経験者向けを参考にどうぞ。

衛生設備とは

考える男性
考える男性

そもそも「衛生設備」って何?

代表的な衛生設備は以下のとおりです。

設備設備の例
給水設備水道管給水ポンプ給水タンク水道メーター
排水設備下水管排水ポンプ浄化槽など
衛生陶器トイレ洗面台浴槽など

以下の記事に詳しくまとめたので、参考にしてみてください。

衛生設備施工管理の一日の流れ

考える男性
考える男性

衛生設備施工管理の一日のスケジュールって、どんな感じなの?

一日の流れは現場によります。

あくまで一例ですが、以下のようなスケジュールです。

一日の流れ

  • 7:30:出勤、朝礼の準備
  • 8:00:朝礼
  • 8:30:工事スタート、巡回、写真撮影、職人さんへの指示
  • 12:00:昼休憩
  • 13:00:昼礼、打ち合わせ、巡回、事務作業
  • 17:30:工事終了、事務所で事務作業
  • 19:00:仕事終了、退勤

他のスケジュール例は、施工管理(現場監督)の1日のスケジュール【具体的な仕事内容も解説】にまとめています。

衛生設備施工管理の主な就職先

考える男性
考える男性

衛生設備施工管理って、どんな会社で働くの?

代表的な就職先は以下のとおりです。

主な就職先

  • 設備工事会社
  • 建設会社
  • 公務員など

「公務員」は、主に上下水道を担当する部署で働くイメージです。

また、大手の設備工事会社のことを「サブコン」といいます。

経験を積んでいくと、いずれサブコンに転職できる可能性もあります。

ポイント

設備業界は大手ほど年収が高い傾向です。

稼ぎたい人は、いずれサブコンを目指しましょう。

サブコンの詳細は、サブコンの施工管理に転職する方法|きついと言われる3つの理由にまとめています。

衛生設備施工管理の年収相場

考える男性
考える男性

衛生設備施工管理って、どれくらい稼げるの?

年収は会社によって違いますが、相場は年収400〜700万円です。

ただし、中には年収800万円以上を稼ぐ人もいます。

スキル・資格・経験年数で年収が変わります。

年収の詳細は、設備施工管理の年収は500万円くらい【給料アップの5つのコツも解説】を参考にどうぞ。

衛生設備施工管理のきついところ3選
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理のきついところも知ってから、転職を検討したいな。

結論、衛生設備施工管理のきついところは、以下の3つです。

きついところ

  1. 水場が多く冬寒い
  2. 臭いが気になることがある
  3. 工事日程が短いことがある

あなたが許容できそうかチェックしてみましょう。

1つずつ解説していきます。

参考記事

水場が多く冬寒い

衛生設備施工管理は、水場の工事が多く、冬は特に寒いです。

水場の工事

  • 水道管
  • 下水管
  • 浄化槽

衛生設備施工管理は監督業務なので、水にふれる機会は少ないですが、現場に水があると寒く感じやすいです。

ヒートテックを着たり、ネックウォーマーを使うなどで寒さ対策しましょう。

臭いが気になることがある

衛生設備施工管理の仕事は、臭いが気になることがあります。

以下のような排水設備の工事があるからです。

排水設備

  • 下水管
  • 排水ポンプ
  • 浄化槽など

くりかえしですが、衛生設備施工管理は監督業務なので、こうした排水設備に直接ふれる機会は少ないです。

ですが、夏の現場の臭いは少し気になるところです。

工事日程が短いことがある

屋内の衛生設備の工事は、建築工事の間に行うため、工期が短いことがあります。

  • トイレ
  • 洗面台
  • 浴槽など

工事日程が短いと、急いで工事しなければいけないのがきついところです。

ただし、すべての工事の日程が短いわけではありません。

ときどき日程に追われることがあると知っておきましょう。

衛生設備施工管理のやりがい・魅力3選
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理のやりがいとか魅力も知っておきたいな。

衛生設備施工管理は、きつい面を上回るやりがい・魅力があります。

やりがい・魅力

  1. 需要がなくならない
  2. 衛生設備は将来性がある
  3. 手に職をついて安定して稼げる

こちらも1つずつ解説していきます。

ちなみに、施工管理全体のやりがい・魅力は、施工管理(現場監督)のやりがい・魅力16選!やりがいを感じるために必要なことを参考にどうぞ。

需要がなくならない

衛生設備は需要がなくなりません。

そもそも衛生設備がなくなったら、人間は生きていけないからです。

衛生設備

  • 上下水道
  • 水洗トイレ
  • 浴槽やシャワーなど

特に上下水道は社会インフラなので、なくなることはないでしょう。

そのため、今後も仕事が安定しています。

衛生設備は将来性がある

衛生設備は将来性もあります。

トピック内容
省エネ衛生設備は環境保全やSDGsに関わる
IoTスマート衛生設備が伸びている
例)AIを用いた水質管理システムなど
衛生意識が高まっているコロナもあったことから衛生面のニーズが強くなった
例)非接触型の水道蛇口など

衛生設備にかかわる新しい技術や価値観が生まれているため、将来性がある業界です。

手に職がついて安定して稼げる

需要がなくならず、将来性もあるため、衛生設備施工管理で手に職をつければ、安定して稼いでいけるでしょう。

ポイント

施工管理は人手不足です。

そのため、スキルを身につければ貴重な人材になれます。

終身雇用も崩壊したので、安定して食べていきたい人にも、衛生設備施工管理はおすすめです。

考える男性
考える男性

衛生設備施工管理に興味はあるけど、そもそも僕は向いてるのかな…?

向いてるならやってみようかな…

転職する前に、適職診断をしておきましょう。

以下に多く該当するほど、あなたは衛生設備施工管理に向いています。

向いてる人の特徴

  • コミュニケーション能力がある
  • リーダーシップがある
  • チームワークを活かせる
  • マネジメント能力がある
  • スケジュール調整能力がある
  • リスク管理できる
  • 体力がある
  • 臨機応変に対応できる
  • マルチタスクができる
  • 交渉力がある
  • 気配りができる
  • 細かいことに気がつく
  • 説明がわかりやすい
  • 自分の意見を言える
  • 仕事が丁寧
  • 整理整頓できる
  • 細かい仕事ができる
  • 算数ができる
  • 勉強し続けられる
  • 向上心・チャレンジ精神がある

詳しい適職診断は、施工管理に向いている人の特徴31選|向いてない人の特徴も解説にまとめたので、参考にしてみてください。

衛生設備施工管理に必要な知識とスキルを勉強する方法
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理に挑戦してみたいけど、転職する前に何か勉強した方がいいの?

結論、転職してから勉強すれば大丈夫です。

未経験者向けの研修を用意している会社があるからです。

ポイント

できれば、2ヶ月以上の新人研修がある会社を選びましょう。

研修期間が短すぎると、現場に出てパニックになるかもしれません。

ワット・コンサルティングの新人研修は60日間で業界トップクラス

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

※「派遣」といっても正社員採用なので、安心してください。

未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

新人研修が60日間で業界トップクラスなので、

「基礎をしっかり勉強してから働きたい…」

という人に合っています。

他にも、ワット・コンサルティングの強みは以下の5つがあります。

ワット・コンサルティングの強み

  1. 定着率83.2%(業界平均は約70%)
  2. 未経験者の採用率80%
  3. 累計1500名の未経験者を育成
  4. 社会保険完備+資格取得奨励金あり
  5. 優良派遣事業者に認定されている(派遣会社のうちわずか0.2%)

あなたの転職先候補の1つに加えてみてください。

未経験で衛生設備施工管理に転職するコツ
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理に転職してみたいけど、失敗しないか不安…

未経験だし、ブラックっぽい会社に転職しちゃったらどうしよう…

と不安な人は、以下を実践してみましょう。

転職の失敗を防ぎやすくなります。

コツ

  1. 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 未経験者OKの求人情報に絞る
  3. 転勤の有無をチェックする
  4. 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  5. 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  6. ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  7. 型に沿って志望動機を作る
  8. 型に沿って自己PRを作る
  9. 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しいノウハウは、

詳しいノウハウは、未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減らせるにまとめています。

衛生設備施工管理の志望動機のコツ

考える男性
考える男性

転職の志望動機とかも不安だなぁ…

「どうして衛生設備施工管理に転職したいんですか?」とか聞かれたら、どう答えればいいの?

未経験から衛生設備施工管理を目指す人は、以下の型で志望動機を作ってみましょう。

志望動機の型

  1. 応募する企業の衛生設備施工管理を志望する理由
  2. 衛生設備に興味をもった理由
  3. なぜ施工管理を選んだのか
  4. 応募する企業に興味をもったキッカケ
  5. 今までの経験から応募する企業で役立てること
  6. やる気や勉強意欲をアピール
  7. 入社後にしたいことや将来のビジョン
  8. 施工管理技士を取得する決意
  9. 「貢献したい」で締める

詳しい書き方や志望動機の例文は、例文付き!設備施工管理の志望動機を書くステップ完全ガイドにまとめています。

衛生設備施工管理に役立つ資格6選
考える男性
考える男性

衛生設備施工管理に転職するときって、資格はいらないの?

結論、資格は不要です。

施工管理は無資格でもできる仕事だからです。

参考記事:現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】

ただし、仕事をしながら資格は取得していきましょう。

資格があると年収アップしやすかったり、転職が有利になります。

おすすめの資格

  1. 管工事施工管理技士
  2. 建築設備士
  3. 給水装置工事主任技術者
  4. 排水設備工事責任技術者
  5. 電気工事士
  6. 浄化槽設備士

1つずつ解説していくので、将来のキャリアアップの参考にしてみてください。

管工事施工管理技士

資格を取得するメリット現場に配置が必要な責任者になれる
会社が公共工事を受注しやすくなる
年収相場400〜800万円
受験資格学校を卒業後に所定の実務経験年数がある
1級配管技能士(1級は10年以上、2級は4年以上の実務経験が必要)
合格率1級:約23%
2級:約23%
試験の難易度★★★★☆

衛生設備は配管工事が多く、現場に管工事施工管理技士を配置しなければいけません。

そもそも管工事施工管理技士がいないと工事を受注できないため、会社の売上に貢献できる資格です。

そのため、年収アップしやすく、転職も有利になります。

ポイント

管工事施工管理技士は第一次検定と第二次検定があります。

第一次検定は1級19歳、2級17歳で受験できますが、第二次検定を受験するには実務経験が必要です。

つまり、実務経験がないと管工事施工管理技士は取得できません。

そのため、未経験者さんはまず衛生設備施工管理に転職して、実務経験を積んでいきましょう。

管工事施工管理技士については、以下の記事で詳しく解説しています。

建築設備士

資格を取得するメリット現場に配置が必要な責任者になれる
会社が公共工事を受注しやすくなる
年収相場500〜800万円
受験資格学校を卒業後に所定の実務経験年数がある
一級建築士
1級電気工事施工管理技士
1級管工事施工管理技士
空気調和・衛生工学会設備士
電気主任技術者で2年以上の実務経験がある
建築設備で9年以上の実務経験がある
合格率約20%
試験の難易度★★★★★

建築設備全般の設計に関する国家資格です。

衛生設備施工管理は建物内の設備工事もあるため、この資格が重宝されます。

詳しくは、建築設備士の試験の難易度!独学でも合格できるのか?にまとめています。

給水装置工事主任技術者

資格を取得するメリット現場に配置が必要な責任者になれる
会社が公共工事を受注しやすくなる
年収相場400〜500万円
受験資格給水装置工事で3年以上の実務経験がある
合格率30〜40%
試験の難易度★★★☆☆

給水設備の現場責任者になれる資格です。

特に給水工事を行う会社では重宝される資格で、年収アップしたり、転職が有利になります。

詳しくは、給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や過去問から分析】を参考にどうぞ。

排水設備工事責任技術者

資格を取得するメリット排水設備工事の知識が深まる
年収相場300〜500万円
受験資格都道府県によって違う
合格率約50%
試験の難易度★★☆☆☆

排水設備の工事を行う際に、現場のリーダーになる資格です。

名前のとおり、排水工事を請け負う会社で重宝されます。

詳しくは、排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】を参考にどうぞ。

電気工事士

資格を取得するメリット電気工事ができる
年収相場300〜600万円
受験資格第一種:誰でも受験できるが免状取得には3~5年の実務経験が必要
第二種:誰でも受験できる
合格率第一種:約36%
第二種:約43%
試験の難易度★★★☆☆

衛生設備には電気を使う設備もあるため、電気工事士があると知識が深まります。

第二種は誰でも受験できるので、興味があれば挑戦してみましょう。

詳しくは、電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツを参考にどうぞ。

浄化槽設備士

資格を取得するメリット浄化槽設備の設置工事の施工図の作成・監督・指導ができる
年収相場400〜500万円
受験資格管工事施工管理技士
配管技能士1級・2級
合格率約30%
試験の難易度★★★☆☆

下水道がない地域は、浄化槽で排水を処理します。

その浄化槽の設置工事の施工管理を行う資格です。

詳しくは、浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】にまとめています。

最後に、衛生設備施工管理に転職するときに、よくある質問に答えていきます。

衛生設備施工管理以外で設備の施工管理は何があるの?

設備の施工管理は以下のとおりです。

設備の施工管理

  • 電気施工管理
  • 空調施工管理
  • ガス施工管理
  • 消防設備施工管理
  • 通信設備施工管理

詳しくは、以下の記事を参考にどうぞ。

施工管理の種類を知りたい

施工管理には以下の種類があります。

施工管理の種類

  • 建築施工管理
  • 土木施工管理
  • 電気工事施工管理
  • 管工事施工管理
  • 造園施工管理
  • 建設機械施工技士
  • 電気通信工事施工管理

詳しくは、施工管理(現場監督)の11種類の職種を解説|業務内容・やりがいも紹介にまとめています。

高卒や30代でも未経験から衛生設備施工管理に転職できる?

転職できます。

ただし、30代前半くらいまでが現実的でしょう。

ポイント

私たちワット・コンサルティングでも、高卒や30代前半の未経験者さんを募集しています。

求人情報集めの参考にしてみてください。

衛生設備施工管理はブラックじゃない?

ホワイトの会社もあります。

ホワイトに近い施工管理求人を見つけるコツは、以下のとおりです。

コツ

  • 定着率が高い建設会社を選ぶ
  • ITツールを積極的に導入している会社を選ぶ
  • 転職エージェントに求人情報を見せてもらう
  • 施工管理の技術者派遣会社で働く
  • 国土交通省が推進する働き方改革を行う会社を選ぶ
  • 公共工事が多い会社を選ぶ
  • 経営事項審査の点数が高い会社を選ぶ
  • 元請け工事が多い会社を選ぶ
  • 規模の小さい現場がある会社で働く
  • 地場の中小企業の施工管理で働く
  • ブラック企業リストに載っていないかチェックする
  • ホワイト企業として認定されている会社を選ぶ
  • 給料が低すぎないかチェックする
  • 資格手当がある会社を選ぶ
  • 福利厚生が充実している会社を選ぶ
  • 従業員数が少なすぎないかチェックする

詳しくは、施工管理で激務なブラックではなくホワイトな環境で働く方法38選にまとめたので、参考にしてみてください。

設備管理と施工管理の違いは何ですか?

違いは以下のとおりです。

違い

  • 設備管理:完成した設備を保守・運用すること
  • 施工管理:工事の監督業務

設備管理はメンテナンスに使う言葉で、施工管理は工事に使う言葉です。

ということで、さっそく衛生設備工事の施工管理に向けて、転職活動を始めてみましょう。

転職の失敗を防ぐコツ

  1. 新人研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 未経験者OKの求人情報に絞る
  3. 転勤の有無をチェックする
  4. 給料・休日・福利厚生など条件をチェックする
  5. 資格取得支援など人材育成に力を入れている会社を選ぶ
  6. ブラック求人を避けてホワイト企業を探す
  7. 型に沿って志望動機を作る
  8. 型に沿って自己PRを作る
  9. 面接でよく聞かれる質問の答えを用意しておく

詳しいノウハウは、未経験から施工管理に転職するとき失敗しない9ステップ|不安を減らせるにまとめています。

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングでも、未経験から施工管理に転職したい人を募集しています。

新人研修が60日間で業界トップクラスなので、基礎をしっかり勉強してから働きたい人に合っています。

あなたの転職先候補の1つに加えてみてください。

あなたの仕事選びや転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 管工事施工管理

    管工事施工管理のきついところ4選【他の施工管理との比較も紹介】

  2. 電気施工管理の志望動機のコツ6選|未経験者と経験者の例文つき

    電気施工管理の志望動機のコツ6選|未経験者と経験者の例文つき

  3. 電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】

    電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】

  4. 空調設備の施工管理の仕事内容

    空調設備の施工管理の仕事内容|未経験から転職するときの注意点

  5. 消防設備の施工管理のきついところ3選!やりがいや魅力3選も解説

    消防設備の施工管理のきついところ3選!やりがいや魅力3選も解説

  6. 未経験で通信設備の施工管理に転職するときのコツ3選【失敗を防ぐ】

    未経験で通信設備の施工管理に転職するときのコツ3選【失敗を防ぐ】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 配管工に向いている人の特徴7選|きついと言われる3つの理由も解説

    配管工に向いている人の特徴7選|きついと言われる3…

  2. 上下水道部門の技術士とは|取得するメリットや試験の難易度も紹介

    上下水道部門の技術士とは|取得するメリットや試験…

  3. 電験3種のおすすめアプリ7選|参考書+過去問題集+YouTubeも紹介

    電験3種のおすすめアプリ7選|参考書+過去問題集+Y…

  4. 上下水道工事の資格一覧7選と試験の難易度|実務経験なしで受験できる資格アリ

    上下水道工事の資格一覧7選と試験の難易度|実務経験…

  5. 消防設備士試験の勉強におすすめのアプリ12選|勉強のコツも解説

    消防設備士試験の勉強におすすめのアプリ12選|勉強…

  1. 電球

    2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度!勉…

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難…

  4. 管工事

    2級管工事施工管理技士の合格率から見る難易度!勉強…

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な…

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト