電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】
考える男性
考える男性
電気の施工管理ってきついのかな…?

施工管理ってきついみたいだし、電気の施工管理ならではのキツさを知っておきたいな。

あと、やりがいも知りたい。

 

スムーズに電気の施工管理に入っていける会社に転職するには、どういう基準で転職活動したらいい?

転職に失敗したくないな…

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 電気施工管理のきついところがわかる
  • 電気施工管理のやりがいがわかる
  • 未経験の電気施工管理の転職に失敗しないコツがわかる

 

私たち「ワット・コンサルティング」は、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から電気施工管理に転職したい人を募集しています。

未経験_施工管理

ググると、電気の施工管理も「きつい」と言われてますよね。

この記事では、電気施工管理ならではのきついところを解説します。

もちろんきついところだけじゃなくて、やりがいもある仕事なのでそれも解説しますね。

どんな仕事でも、きついところはあるものです。

「きついところ」と「やりがい」を比較して、転職するか考えていきましょう。

未経験で電気施工管理への転職に失敗しないコツも解説するので、転職活動の参考にどうぞ!

電気施工管理のきついところ3選

電気施工管理のきついところ3選

電気の施工管理ならではのきついところは、下記の3つです。

  1. 工期が迫れば悪天候でも仕事
  2. 工事の後ろの方なのでスケジュールがきつい
  3. 他の業者に邪魔者あつかいされることアリ

 

1つずつ解説しますね。

 

①工期が迫れば悪天候でも仕事

なぜなら、期限は絶対に守らないといけないからです。

たまに見ません?雨の日でも、電線の工事をしてる人。

施工管理=現場監督なので電線の工事をするわけではありませんが、電気工事士さんを指示を出して監督してるのは施工管理です。

つまり、雨の日でも仕事をすることがあります。

期限に間に合わせるのは絶対なので、スケジュールがきつくなれば悪天候でも仕事です。

体力を奪われるし、体調も崩しやすいのできついところ。

 

②工事の後ろの方なのでスケジュールがきつい

建築物は、土木→建築→電気の順で造っていくからです。

電気など設備は最後なので、土木と建築が遅れるとすべてしわ寄せがきます。

前述のとおり期限は守らないといけないので、スケジュールが押すときつくなります。

残業を多くしたり、休日返上で働くことも。

室内の電気設備は夜でも工事できるので、夜遅くまで帰れないこともあります。

 

【ただし】働き方改革が進んでるので、これからは楽になるかも

考える男性
考える男性
う〜ん、やっぱりきついところはあるんだね…

どうしようかな…

建設業界が全体で、働き方改革を進めてるので、今後は電気の施工管理も今より楽になるかもしれません。

具体的には、下記が実行予定です。

  1. 週休1日→週休2日に変更
  2. 残業時間の上限ができる
  3. IT化が進み楽になる

 

この辺は、2024年目標の建設業界の働き方改革【無理という声もあるがやるしかない】にまとめたので参考にどうぞ。

 

③他の業者に邪魔者あつかいされることアリ

なぜなら、電気工事は他の工事のスキマにやることが多いからです。

運が悪いと、他の業者に工事を急かされることも。

なぜか肩身がせまい現場もあるので、ちょっときついところです。

 

あとは他の施工管理ときついところは一緒

それ以外のきついところは、他の施工管理と一緒です。

具体的には下記のとおり。

  1. 長時間労働
  2. 業務の範囲が広い
  3. 理不尽な板挟み
  4. 職人さんとのコミュニケーション
  5. いまだに紙が多い

 

詳しくは、施工管理(現場監督)のきついところ15選【きつくない働き方も解説】を参考にどうぞ。

また、電気施工管理の仕事内容自体は、電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】にまとめたので、こちらもどうぞ。

 

電気施工管理のやりがい3選

電気施工管理のやりがい3選

電気の施工管理は、きついところばかりではありません。

きちんとやりがいもあるので、知ってから転職を判断しましょう。

具体的なやりがいは、下記の3つです。

  1. スキルが上がれば稼げる
  2. 資格を取得すればさらに稼げる
  3. 将来の安定が手に入る

 

1つずつ解説しますね。

 

①スキルが上がれば稼げる

なぜなら、電気の施工管理は技術職だから。

いわゆる「手に職」でして、経験値や実績とともに年収が上がります。

具体的には、下記で年収が上がる感じ。

  1. 昇給
  2. 昇進
  3. ボーナスが増える

 

この辺は、施工管理(現場監督)の平均年収や給料を徹底分析【資格で収入アップ】にまとめたのでどうぞ。

 

②資格を取得すればさらに稼げる

「電気工事施工管理技士」の資格を取得すると、さらに年収が上がります。

資格手当をもらえるから。

あと、会社によっては資格取得で役職が上がって、給料が上がります。

考える男性
考える男性
転職する前に電気工事施工管理技士をとった方がいいの?

と思うかもですが、転職時に資格は不要です。

なぜなら、受験資格には実務経験が必要なので、どのみち受験できないから。

なので、まずは転職して、実務経験を積んでから電気工事施工管理技士を取得しましょう。

ちなみに電気工事施工管理技士については、1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度にまとめてます。

 

③将来の安定が手に入る

理由は、電気の施工管理人材が不足してるから。

ベテランの電気施工管理の引退などもあり、人材不足。

そんな中で電気施工管理の経験があれば、転職には困りません。

たくさん内定が出て、選べなくなるほど。

結論、手に職がついて人生が安定しますよ。

ちなみに施工管理の人不足については、施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】を参考にどうぞ。

 

未経験から電気施工管理の転職に失敗しないコツ

未経験から電気施工管理の転職に失敗しないコツ

考える男性
考える男性
きついところとやりがいはわかったけど、やっぱり未経験の転職は不安だなぁ…

変な会社に転職して、失敗したらどうしよう…

未経験で電気施工管理の転職に失敗しないためのコツは、下記の2つ。

  1. 研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 最初は技術者派遣から始める

 

コツを知った上で転職活動すれば、かなり失敗を防げますよ。

1つずつ解説します。

 

①研修がしっかりしている会社を選ぶ

なぜなら、未経験者は研修がしっかりしてないと、現場でパニックになるから。

研修は会社によって差があるし、転職する人も意外と調べてなかったりするので盲点です。

給料や福利厚生も大切ですが、研修の充実度も企業選びの重要な要素です。

求人情報を見るときは、「研修目線」で調べるのをお忘れなく。

ちなみに、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、未経験者向けの研修がしっかりしている会社の求人情報を掲載しています。

転職の情報収集にチェックしてみてください。

 

②最初は技術者派遣から始める

なぜなら、いろんな現場を体験できるから。

「技術者派遣」とは、技術者派遣の会社の正社員で採用されて、働くのは他の会社の現場という意味です。

※アルバイトの派遣ではないので安心してください。

技術者派遣の施工管理

工事が終わるごとに現場が変わるので、いろんな会社の現場を体験できて、割と初心者向け。

自分の強みがわかれば、強みを活かせる現場を中心に派遣してもらえる可能性もあります。

技術者派遣はお客様である企業に人材を派遣するため、研修はかなりしっかりしています。

※研修が足りない人を派遣するとクレームになるから。

なので、未経験者さんは技術者派遣から始めるのもアリだと思います。

残業代もきちんと支給されるので安心ですよ。

技術職なので、技術者派遣でいろんな現場を試して強みがわかったら、強みを活かせる会社に転職してもいいでしょう。

キャリアプランとしては安全策なので、不安な人は技術者派遣も良いかと。

施工管理の技術者派遣については、施工管理の派遣で働くメリットは?にまとめてます。

 

【ちょっと宣伝】ワット・コンサルティングは約2ヶ月の研修がある施工管理の技術者派遣の会社です

冒頭でも触れましたが、私たちワット・コンサルティングは施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験から電気施工管理に転職したい人を募集しています。

ワット・コンサルティングの強みは下記の3つ。

  1. 約2ヶ月の新人研修がある(業界トップクラス)
  2. 新人研修の期間中もお給料がでる
  3. 定着率83.2%で1500人以上を輩出(業界トップクラス)

 

「しっかりと研修を受けてから働きたい」「技術者派遣の会社に興味がある」という人にはドンピシャだと思います。

会社説明会があるので、興味がある人は情報収集に活用してみてください。

 

まとめ【電気の施工管理はきついところもあるけど、スキルが身につけば人生安泰】

まとめ【電気の施工管理はきついけど、スキルが身につけば人生安泰】

最後にもう一度、電気施工管理のきついところをまとめておきます。

  1. 工期が迫れば悪天候でも仕事
  2. 工事の後ろの方なのでスケジュールがきつい
  3. 他の業者に邪魔者あつかいされることアリ

 

そして、電気施工管理のやりがいは下記の3つです。

  1. スキルが上がれば稼げる
  2. 資格を取得すればさらに稼げる
  3. 将来の安定が手に入る

 

きついところとやりがいを理解した上で、転職を検討してみてください。

 

電気施工管理に転職を考える人は、さっそくできることから始めてみましょう。

行動しないと何も始まらないので。

「明日でいいや」だとたぶん明日もやらないし、人生は変わらないまま。

このページを閉じれば、100%腰が重くなりますよ。

まずは求人情報をチェックしてみましょう。

 

また、未経験者から電気施工管理への転職に失敗しない2つのコツは下記のとおり。

  1. 研修がしっかりしている会社を選ぶ
  2. 最初は技術者派遣から始める

 

弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、未経験者向けの研修がしっかりしている会社の求人情報を掲載してるので参考にどうぞ。

 

また、私たちワット・コンサルティングでも、未経験から電気施工管理に転職したい人を募集しています。

約2ヶ月の研修を受けてから働けるので安心ですよ。

会社説明会をやっているので、転職先の1つの候補として情報収集してみてください。

 

あとは行動あるのみ。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

未経験_施工管理バナー

関連記事

  1. 蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

  2. インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

    インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

  3. 電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

    電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

  4. 電気工事士が底辺職じゃない3つの理由【社会貢献度が高い仕事です】

    電気工事士が底辺職じゃない3つの理由【社会貢献度が高い仕事です】

  5. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

  6. 電気工事士で一人前になるまでの下積み期間は3〜5年【一人前になる5つのコツ】

    電気工事士で一人前になるまでの下積み期間は3〜5年【一人前になる5つのコツ】

  1. 電気工事士

    電気工事士は休みがないのか?【きちんと休めるホワイト企業もある】

    2022.06.16

  2. オフィスの内装

    設備設計のきついところ4選【そこまで激務じゃない。やりがいも解説…

    2022.06.16

  3. リビング

    設備設計の仕事内容を解説【有益な資格8選や平均年収も紹介します】

    2022.06.16

  4. 【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある】

    【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある…

    2022.05.21

  5. 電気通信工事業と電気工事業の違い【それぞれのメリットとデメリッ…

    2022.05.21

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解…

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト