空調設備の施工管理の仕事内容【未経験から転職するときの注意点】

空調設備の施工管理の仕事内容【未経験から転職するときの注意点】
考える男性
考える男性
空調設備の施工管理って、どんな仕事内容なのかな?

必要な資格ってあるのかな?

 

あと、空調設備は激務って聞いたけど、本当なのかなぁ?

自分に空調設備の施工管理ができるか不安だ…

こういった疑問や不安に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 空調設備の施工管理の仕事内容【資格・年収・激務かも解説】
  • 空調設備の施工管理に未経験で転職するなら会社選びが命

 

空調設備の施工管理について解説します。

未経験から空調設備の施工管理に転職する前に、知っておいてほしいことを記事にまとめました。

主なテーマは下記のとおり。

  • 空調設備の施工管理の仕事内容
  • あると良い資格
  • だいたいの年収
  • 空調設備の施工管理は激務なのか?

 

また、未経験から空調設備の施工管理に転職する場合の、注意点も解説します。

あなたの仕事選びの参考にしてください。

空調設備の施工管理の仕事内容【資格・年収・激務かも解説】

空調設備の施工管理の仕事内容【資格・年収・激務かも解説】

空調設備の施工管理の仕事内容は、主に下記のようなものがあります。

  • 冷暖房設備の設置
  • ボイラーの設置
  • ヒートポンプの設置
  • 冷凍機の設置
  • 吸収冷温水器の設置
  • 蓄熱槽の設置
  • 各種熱源からの配管
  • ダクトの設置
  • 送風機の設置
  • フィルターの設置
  • 加熱・冷却コイルの設置

 

ちょっとわかりにくいかもですが、一口に「空調」といっても、けっこう種類があります。

ちなみに、空調は大きく4種類に分けられます。

空調の4種類については、空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】にまとめています。

 

施工管理=現場監督みたいなもの

施工管理を簡単にいうと「現場監督」だと思ってください。

工事現場には、職人さんや作業員さんなど、様々な職種の人が工事にあたります。

それらを統括して、管理するのが施工管理です。

施工管理の仕事内容については、施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】にまとめています。

 

空調設備の施工管理がもっておくと良い資格

結論、最初は資格なしでも大丈夫です。

施工管理は、資格がなくても始められるからです。

仕事をしながら、徐々に資格を取得していく感じですね。

 

空調設備の施工管理の資格は管工事と電気工事に分かれる

空調設備は主に、下記の2つに分かれています。

  • 管工事:配管のこと
  • 電気工事:空調は電気を使うので

 

なので、一口に「空調設備の施工管理」といっても、管工事と電気工事に分かれています。

それぞれで資格が違います。

  • 管工事→管工事施工管理技士
  • 電気工事→電気工事施工管理技士

 

施工管理技士は国家資格で、管工事と電気工事に分かれます。

最初は必要ないですが、いずれは取得を目指しましょう。

管工事・電気工事の施工管理技士資格については、下記の2記事にまとめています。

 

空調系資格の一覧

施工管理技士以外で、あると良いかなという空調系の資格は、下記のとおりです。

  • 電気工事士
  • 認定電気工事従事者
  • 冷凍機械責任者
  • ボイラー技士
  • 電気主任技術者
  • 冷媒フロン類取扱技術者
  • 建築物環境衛生管理技術者
  • エネルギー管理士

 

施工管理を仕事にするならなくてもいいですが、キャリアアップしたい人はいずれ勉強してみましょう。

詳しくは、空調設備の資格や難易度にまとめています。

 

空調設備の設計の資格

空調設備を設計する資格としては、建築設備士があります。

正確にいうと、設計をする建築士に対して、設備設計のアドバイスをする資格ですね。

設計に興味ある人は、取得しても良いでしょう。

建築設備士については、建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?にまとめています。

 

空調設備の施工管理の年収

空調設備の施工管理のだいたいの年収は、400万~500万円というところです。

くわしくは、下記の2記事を読んでみてください。

 

管工事と電気工事の施工管理技士の年収記事ですが、参考になるかと。

 

空調設備の施工管理は激務になりやすい?

現場によっては、激務になりやすいですね。

なぜなら、建築工事が終わらないと、空調設備の工事に取りかかれないから。

新築の建物ができていく順番は、下記のとおり。

  1. 土木工事→地面の工事
  2. 建築工事→建物の工事
  3. 設備工事→空調・水道など

 

どうしても、空調などの設備工事は最後になっちゃうんですよね。

 

建築工事が遅れれば、空調設備工事にしわ寄せがくる

工事は、期限内に終わらせないといけません。

建築工事が遅れれば、当然そのしわ寄せは空調設備工事にやってきます。

空調設備のメンバーが悪くなくても、期限ギリギリで無理をしないといけないことがあります。

これはほんとに現場次第。

運悪く建築工事が遅れれば、空調設備は激務になることもあります。

 

空調設備の施工管理に未経験で転職するなら会社選びが命

空調設備の施工管理に未経験で転職するなら会社選びが命

空調設備の施工管理に未経験から転職するなら、会社選びが超重要です。

特に、研修がしっかりしている会社を選んでください。

未経験なので、研修がしっかりしてないと現場でパニックになるから。

給料や勤務地で転職先を選ぶのも大事ですが、優先順位は研修の質にしておいた方が無難です。

基礎がわからず現場に出てしまうと、短期退職するリスクが高いです。

 

研修は2ヶ月くらい必要

未経験者なので、せめて2ヶ月くらいの新人研修をしている会社を選びましょう。

2ヶ月くらいないと、不安なので。

研修に力を入れてる会社は、ホームページで研修のことをけっこう書いてるので、参考にしてください。

ちなみに、未経験者の会社の選び方については、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】にまとめています。

ブラック企業を避ける方法も解説しています。

 

また、弊社メルマガでは、未経験者向けの研修がしっかりしている会社の求人情報を配信してます。

メルマガ会員だけしか知れない優良求人も配信してるので、転職に失敗したくない人はメルマガ登録をどうぞ。

メルマガ

弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、未経験者向けの研修がしっかりしている会社の求人情報を掲載しています。

転職の情報収集にチェックしてみてください。

 

施工管理の適性検査

施工管理に転職する前に、そもそもあなたが施工管理に向いてるのかチェックしておきましょう。

もし向いてないなら、他の仕事に転職した方がいいですからね。

施工管理の適性検査については、施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】にまとめています。

記事を読むと、あなたが施工管理に向いてるかわかりますよ。

 

まとめ【空調設備の施工管理の基礎を知ってから転職しよう】

まとめ【空調設備の施工管理の基礎を知ってから転職しよう】

この記事をまとめます。

  • 空調設備の施工管理の仕事内容は、空調工事の監督業
  • 資格がなくても、空調設備の施工管理はできる
  • 仕事をしながら、施工管理技士とかの資格を取得してくイメージ
  • 空調設備の施工管理の年収は400万~500万円くらい
  • 空調設備は、建築工事が遅れると激務になることも
  • 未経験から転職するなら、研修で会社を選ぶ
  • 転職する前に、あなたが施工管理に向いてるかチェック

 

空調設備の施工管理に転職する参考にしてください。

 

前述のとおり、弊社メルマガでは、未経験者向けの研修がしっかりしている会社の求人情報を配信してます。

転職に失敗したくない人はメルマガ登録をどうぞ。

 

弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、未経験者向けの研修がしっかりしている会社の求人情報を掲載しています。

転職の情報収集の参考になると思います。

 

ちなみに、施工管理1年目の仕事内容も知っておきましょう。

詳しくは、現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】が参考になるかと。

1年目のイメージになると思います。

あなたの転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 床暖房の仕組みや温水式と電気式の違いを解説【施工の注意点】

    床暖房の仕組みや温水式と電気式の違いを解説【施工の注意点】

  2. レンジフードの高さは消防法で80cm以上と決められている

    レンジフードの高さは消防法で80cm以上と決められている

  3. 冷凍空気調和機器施工技能士の資格試験情報【勉強方法も解説します】

    冷凍空気調和機器施工技能士の資格試験情報【勉強方法も解説します】

  4. 換気扇

    24時間換気システムの必要性や種類によるメリットとデメリット

  5. 換気

    換気システムの4つの種類と効果

  6. 暑い

    不快指数の計算式とは?早見表もご紹介

  1. 登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    2021.10.12

  2. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    2021.10.12

  3. 設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説】

    設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説…

    2021.10.09

  4. CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    2021.09.12

  5. 高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    2021.09.11

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト