ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】
考える男性
考える男性
ガラス施工技能士って、どんな資格なの?

どんな試験なのかな?

けっこう難しいのかな…?

勉強方法とかも知っておきたい。

 

あと、併せて取得した方がいい資格とかあれば知りたいな。

資格をとって、キャリアアップしていきたいんだよね。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • ガラス施工技能士がどんな資格かわかる
  • ガラス施工技能士の試験内容がわかる
  • ガラス施工技能士の勉強方法がわかる
  • ガラス施工技能士と併せて取得したいおすすめの資格がわかる

 

ガラス施工技能士は、窓ガラスなどの施工技術を証明する国家資格です。

資格を取得することで、資格手当をもらえて年収アップする会社もあります。

転職でも武器になるので、ぜひとも取得しておきたい資格の1つです。

試験内容は勉強方法だけでなく、併せて取得するのがおすすめの資格も紹介するので、キャリアアップの参考にしてみてください。

【基本情報】ガラス施工技能士とは

【基本情報】ガラス施工技能士とは

くりかえしですが、ガラス施工技能士とは、窓ガラスなどの施工技術や知識を証明する国家資格です。

中央職業能力開発協会が主催し、都道府県職業能力開発協会が各都道府県で試験を実施しています。

一口に「窓ガラス」といっても、下記のように様々な種類がありますよね。

  • 強化ガラス
  • 複層ガラス
  • 合わせガラス
  • 網入板ガラス
  • 熱線反射ガラス
  • フロート板ガラスなど

 

こうしたガラスの正しい施工スキルや知識を証明できる資格なので、転職にも有利になるでしょう。

 

ガラス施工技能士を取得する2つのメリット【年収アップする人もいる】

ガラス施工技能士を取得するメリットは、下記の2つです。

  • 専任技術者になれる:営業所に配置義務あり
  • 主任技術者になれる:現場に配置義務あり

 

企業は専任技術者や主任技術者がいないと工事を受注できないため、ガラス施工技能士を取得すると会社で重宝される人材になれます。

会社によっては資格手当をもらえて、年収アップする人もいます。

 

また、当然ながらどこの企業も専任技術者と主任技術者を求めているので、転職も有利になります。

ちなみに、ガラス施工技能士の主な勤務先は下記のとおりです。

  • 工務店
  • ガラス工事会社
  • 建具工事会社

 

年収アップや転職を考えている人は、ガラス施工技能士を取得しておきましょう。

 

ガラス施工技能士の試験内容

ガラス施工技能士の試験内容

考える男性
考える男性
で、ガラス施工技能士ってどんな試験なの?

けっこう難しい試験なのかな?

ちなみに、ガラス施工技能士の合格率は40~50%台です。

すごく難しい試験というわけではありませんが、半分近くの人は不合格になるので、きちんと勉強が必要です。

※後述しますが、実技試験が少し難しいです。

まずは、ガラス施工技能士の試験内容を把握していきましょう。

 

受験資格【実務経験の条件あり】

ガラス施工技能士には1級と2級があります。

まずは、1級の受験資格は下記のとおり。

※スマホを横にすると見やすいです。

1級の受験資格 実務経験年数
実務経験のみ 2級合格者
実務経験のみ 7年以上 2年以上
専門卒、専修学校(大学入学資格付与課程)卒 6年以上 2年以上
短大卒、高専卒、高校専攻科卒、専修学校(大学編入資格付与課程)卒 5年以上 2年以上
大卒、専修学校(大学院入学資格付与課程)卒 4年以上 2年以上
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、800h以上 6年以上 2年以上
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、1600h以上 5年以上 2年以上
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、3200h以上 4年以上 2年以上
短期課程の普通職業訓練修了、700h以上 6年以上 2年以上
普通課程の普通職業訓練修了、2800h未満 5年以上 2年以上
普通課程の普通職業訓練修了、2800h以上 4年以上 2年以上
専門課程、特定専門課程の高度職業訓練修了 3年以上 1年以上
応用課程、特定応用課程の高度職業訓練修了 1年以上 1年以上
長期課程、短期養成課程の指導員養成訓練修了 1年以上 1年以上
職業訓練指導員免許取得 1年以上 1年以上
長期養成課程の指導員養成訓練修了 0年 0年

 

続いて、2級の受験資格は下記です。

2級の受験資格 実務経験年数
実務経験のみ 2年以上
専門卒 0年
短大卒、高専卒、高校専攻科卒 0年
大卒、専修学校卒 0年
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、800h以上 0年
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、1600h以上 0年
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、3200h以上 0年
短期課程の普通職業訓練修了、700h以上 0年
普通課程の普通職業訓練修了、2800h未満 0年
普通課程の普通職業訓練修了、2800h以上 0年
専門課程、特定専門課程の高度職業訓練修了 0年
応用課程、特定応用課程の高度職業訓練修了 0年
長期課程、短期養成課程の指導員養成訓練修了 0年
職業訓練指導員免許取得
長期養成課程の指導員養成訓練修了 0年

まずは、あなたが受験資格を満たしているかチェックしてみてください。

 

1級ガラス施工技能士の試験問題

1級も2級も学科試験と実技試験があります。

1級の学科試験の内容は下記のとおり。

  • 施工法
  • 材料
  • 建築構造
  • 製図
  • 関係法規
  • 安全衛生

 

学科試験はマークシート形式で行われます。

概要は下記のとおり。

  • ◯×問題25問
  • 四肢択一式25問
  • 試験時間:1時間40分

 

続いて、実技試験では「ガラス工事作業」を行います。

実技試験では、主に下記の3つを行います。

  1. ガラス工事の段取り
  2. ガラス工事の施工
  3. 積算や見積もり

 

具体的には、下記のような実技を見られます。

  • アルミサッシの組み立て・取り付け
  • 板ガラスの切断や加工
  • フィルム貼りやコーキング施工
  • 板ガラスの取付(方立工法・弾性シーリング工法・グレイジングガスケット工法など)

 

また、1級のみ実技試験のペーパーテスト(計画立案等作業試験)があります。

この計画立案等作業試験では、下記が出題されます。

  • ガラス寸法やアルミニウムサッシの取付寸法
  • 工事費の算出など

 

1級の実技の試験時間は下記のとおりです。

  • 標準時間:2時間50分
  • 打切り時間:3時間10分
  • 計画立案等作業試験:1時間45分

 

普段から実務経験を積んでないと難しい試験です。

きちんと練習しておきましょう。

 

2級ガラス施工技能士の試験問題

2級の学科試験の問題は下記のとおりです。

  • 施工法
  • 材料
  • 建築構造
  • 製図
  • 関係法規
  • 安全衛生

 

2級もマークシートで、問題数や試験時間は1級と同じです。

  • ◯×問題25問
  • 四肢択一式25問
  • 試験時間:1時間40分

 

2級の実技試験も、内容は下記の3つです。

  1. ガラス工事の段取り
  2. ガラス工事の施工
  3. 積算や見積もり

 

具体的には、実技の内容は下記のとおり。

  • アルミサッシの組み立て・取り付け
  • 板ガラスの切断や加工
  • フィルム貼りやコーキング施工
  • 板ガラスの取付(方立工法・弾性シーリング工法・グレイジングガスケット工法など)

 

実技試験の時間は下記です。

  • 標準時間:2時間20分
  • 打切り時間:2時間40分

 

こちらも普段の実務経験がモノをいう試験なので、練習しておきましょう。

 

ガラス施工技能士の合格基準

1級・2級ともに、合格基準は下記のとおりです。

  • 学科:65点以上/100点満点
  • 実技:60点以上/100点満点

 

一般的な資格試験と合格基準は変わりませんが、実技試験が少し難しいので注意ですね。

きちんと対策すれば合格できる試験なので、前もって勉強を進めておくのがおすすめ。

ちなみに、実技試験の内容は事前に公表されるので、中央職業能力開発協会都道府県職業能力開発協会のホームページを確認するようにしてください。

 

ガラス施工技能士の試験概要

ガラス施工技能士の試験の詳細は下記のとおりです。

受験の申込時期 4月・10月
実技試験の問題公表 6月・11月
実技試験の実施時期 6~9月・12~2月
学科試験 7~9月・1~2月
学科試験の計画立案等作業試験 1月(1級のみ)
合格発表 10月・3月
受験料 学科:3100円

実技:18200円

※都道府県によって受験料が違います。

詳しくは、都道府県職業能力開発協会のホームページを見てみてください。

 

ガラス施工技能士の勉強方法【過去問と問題解説集あり】

ガラス施工技能士の勉強方法【過去問と問題解説集あり】

考える男性
考える男性
ガラス施工技能士って、どうやって勉強すればいいの?

まず、中央職業能力開発協会の「技能検定試験問題公開サイト」で過去問が公開されているので、勉強に活用しましょう。

また、中央職業能力開発協会で学科試験の試験問題解説集を販売しているので、購入しておくことをおすすめします。

 

そして前述のとおり、実技試験の内容は事前に公表されます。(6月と11月)

出題される施工を知った上で実技試験に臨めるので、必ずチェックと練習をしてください。

 

ガラス施工技能士と併せて取得したいおすすめの2つの資格

ガラス施工技能士と併せて取得したいおすすめの2つの資格

考える男性
考える男性
ちなみに、ガラス施工技能士と一緒に取得しておくといい資格ってある?

キャリアアップしていきたいんだよね。

結論、おすすめの資格は下記の2つです。

  1. サッシ施工技能士
  2. 建築施工管理技士

 

1つずつ解説しますね。

 

①サッシ施工技能士

おすすめの理由は、ガラス施工技能士と切っても切れない資格だから。

文字どおり「サッシ施工の資格」なので、一緒に取得しておきましょう。

ただし、残念ながら試験時期がまったく一緒なので、仕事が忙しい人は1年ごとに1つずつ取得していけばOKだと思います。

サッシ施工技能士の詳細は、サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】にまとめたので参考にどうぞ。

 

②建築施工管理技士

おすすめの理由は、年収アップしやすくなって、転職も有利になるから。

文字どおり、建築工事の施工管理(現場監督)の資格です。

1級と2級があり、それぞれの違いは下記のとおり。

  • 1級:特定建設業と一般建設業の両方の建設許可を得られる。監理技術者になれる
  • 2級:一般建設業の建設許可を得られる。専任技術者と主任技術者になれる

 

結論、建築施工管理技士があると重宝されて、年収アップできたり、転職が有利になりやすいです。

ガラス施工技能士を取得したら、まず2級建築施工管理技士を目指しましょう。

「仕上げ」と言われる項目で、下記のように受験資格を満たすことができます。

  • 1級ガラス施工技能士:実務経験年数を問わず受験できる
  • 2級ガラス施工技能士:2級取得後に4年以上の実務経験を積むと受験できる

 

そして、2級建築施工管理技士を取得したら、1級建築施工管理技士を目指すイメージです。

1級建築施工管理技士を取得すると大手に転職できる可能性も出てくるので、大手に行って稼ぎたい人はぜひとも挑戦してみてください。

建築施工管理技士については下記の2記事にまとめたので、キャリアアップしたい人は参考にどうぞ。

 

まとめ【ガラス施工技能士を取得してキャリアアップしていこう】

まとめ【ガラス施工技能士を取得してキャリアアップしていこう】

この記事をまとめます。

  • ガラス施工技能士は、窓ガラスの施工スキルや知識を証明する国家資格
  • 取得すると資格手当をもらえる会社もあるので、年収アップできる人もいる
  • 合格率は40~50%台で、実技試験が少し難しい
  • 過去問が公開されていたり、試験問題解説集が販売されているので勉強に活用しよう
  • 実技試験の内容は事前に公表されるので、必ずチェックしておこう

 

ということで、さっそくガラス施工技能士の勉強を始めてみてください。

中央職業能力開発協会の「技能検定試験問題公開サイト」で過去問が公開されています。

また、中央職業能力開発協会で学科試験の試験問題解説集を販売しているので、こちらも購入しておきましょう。

 

そして、ガラス施工技能士と併せて取得したいおすすめの資格は下記の2つ。

  1. サッシ施工技能士
  2. 建築施工管理技士

 

2つの資格の詳細は下記の記事にまとめたので、参考にしてみてください。

 

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです!

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 電気工事施工管理技士の実務経験を虚偽申告するとヤバい【危険です】

    電気工事施工管理技士の実務経験を虚偽申告するとヤバい【危険です】

  2. 厨房設備士の試験の難易度【難しくない。合格率が上がる勉強方法】

    厨房設備士の試験の難易度【難しくない。合格率が上がる勉強方法】

  3. 管工事施工管理技士の1級2級の7つの違い【勉強の3つのコツも解説】

    管工事施工管理技士の1級2級の7つの違い【勉強の3つのコツも解説】

  4. 工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説

    工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説【効率的な勉強法】

  5. 冷凍空調技士試験の合格率からみる難易度【過去問や講習会で勉強すべし】

    冷凍空調技士試験の合格率からみる難易度【過去問や講習会で勉強すべし】

  6. 低圧電気取扱者にできること【特別教育の講習内容も解説します】

    低圧電気取扱者にできること【特別教育の講習内容も解説します】

  1. 登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

    登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

    2021.11.12

  2. サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    2021.11.11

  3. ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

    ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

    2021.11.11

  4. 登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    2021.10.12

  5. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    2021.10.12

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト