排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】
考える男性
考える男性
排水設備工事責任技術者の試験は難しいのかなぁ?

どんな問題が出て、合格率はどれくらいなんだろう?

 

どれくらい前から勉強すればいいかな?

あと、1日何時間くらい勉強すればいいかなぁ?

 

仕事しながら勉強するのは、めんどくさいなぁ…

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【過去問・合格基準からも分析】
  • 排水設備工事責任技術者に合格するための勉強方法や勉強時間

 

排水設備工事責任技術者の試験の難易度を解説します。

 

仕事をしながら資格の勉強をするのって大変なので、いつ頃から勉強を始めればいいかも解説します。

あなたの合格の参考になればうれしいです(^^)

排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【過去問・合格基準からも分析】

排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【過去問・合格基準からも分析】

排水設備工事責任技術者の難易度を、合格率から見てみましょう。

公益社団法人日本下水道協会のホームページによると、近年の合格率は下記のとおりです。

年度 合格率
平成24年度 64.9%
平成25年度 55.7%
平成26年度 63.5%
平成27年度 60.1%
平成28年度 53.4%
平成29年度 42.7%

参考:公益社団法人日本下水道協会「平成29年度排水設備工事責任技術者資格試験実施結果

 

40~60%で推移しているので、あまり難易度の高い試験ではありません。

 

例えば、難関資格である一級建築士の合格率は10~12%なので、排水設備工事責任技術者の試験が難しくないのがわかります。

 

もちろん、まったく勉強しないで合格できるほど甘くないですが、きちんと勉強すれば合格できるくらいの難易度です。

 

排水設備工事責任技術者の過去問からみる難易度

日本下水道協会のホームページに過去問が載っているので、見てみましょう。

参考:公益社団法人日本下水道協会

 

試験範囲は下記の2種類です。

  1. 下水道法令:10問(30点)
  2. 技術(下水道排水設備指針と解説):20問(70点)

 

合計30問のマークシート方式の試験です。

 

回答方法は下記の3種類。

  1. 択一式
  2. 穴埋め式
  3. ○×式

 

穴埋め式問題があるので、マークシートの運だけでは合格できません。

過去問の丸暗記だけでも危険なので、テキストを読んで内容の理解が必要です。

 

とはいえ、試験問題は勉強すれば難しくないので、問題の難易度も低めです。

 

排水設備工事責任技術者の合格基準からみる難易度

排水設備工事責任技術者の合格基準は、下記のとおり。

  • 総得点70点以上
  • 法令と技術の問題で、それぞれの得点率が50%以上

 

まぁ、そこまで難易度は高くないですね。

 

合格基準から見ても、そこまで難しい試験でないことがわかります。

参考:公益社団法人日本下水道協会

 

排水設備工事責任技術者の受験資格は都道府県によって違う

排水設備工事責任技術者の試験は都道府県ごとに行われ、受験資格も都道府県によって違います。

詳しくは、各自治体に問い合わせてみましょう。

 

一般的な受験資格は、下記のような感じです。

  • 高卒以上
  • 排水設備工事の設計や施工で1~2年以上の実務経験がある人

 

受験資格は必ず確認しましょう。

 

排水設備工事責任技術者に合格するとできること

排水設備工事責任技術者に合格すると、下水道管理者の登録を受けた技術者として、下水道指定工事店になれます。

 

排水設備の新設・増設・改築が可能で、設計から施工まですべてが可能。

会社として1人以上の排水設備工事責任技術者を置かなければならないので、重宝される人材になれます。

 

また、独立するのにも有効な資格。

業務の独占資格なので、キャリアアップにも有効です。

 

なお、合格すると5年ごとに講習を受講して、資格の更新が必要です。

 

排水設備工事責任技術者に合格するための勉強方法や勉強時間

排水設備工事責任技術者に合格するための勉強方法や勉強時間

排水設備工事責任技術者に合格するための勉強方法は、下記の2つ。

  1. 講習会に参加する
  2. テキストと問題集で独学

 

1つずつ解説します。

 

講習会に参加する

排水設備工事責任技術者の講習会に参加しましょう。

講習会を受けた人の8割くらいは、合格しているからです。

 

各地で排水設備工事責任技術者の講習会を開催しています。

地方自治体の下水道担当課に聞いてみましょう。

 

講習会は、2日間で12時間くらいです。

試験に出題されるポイントを解説してくれるので、かなり有利。

 

合格を時間と労力で買うと思って、参加しましょう。

 

ただし、講習会には参加費がかかります。

各地で参加費の金額は違いますが、2万円以上します。

 

また、テキストと問題集があり、2冊で5000円くらいします。

 

テキストと問題集は、公益社団法人日本下水道協会発行の下記の2冊。

  1. 排水設備工事責任技術者講習用テキスト
  2. 排水設備工事責任技術者試験標準問題集

 

正直、この2冊しかテキスト・問題集はないので買いましょう。

講習会の後の独学にも使えます。

 

※他のテキストや問題集は、必要ないので買わなくて大丈夫です。

 

独学は10月中旬からスタート

排水設備工事責任技術者の独学は、10月中旬からスタートしましょう。

試験は11月中旬なのですが、1ヶ月くらい勉強すれば合格できるからです。

 

独学の勉強時間は、合計20~30時間でいいかと。

  • 平日:1~2時間
  • 土日:3~4時間

 

という感じで勉強すれば、合格できるイメージです。

 

独学の勉強方法

独学の勉強方法は下記の2つ。

  1. 講習会で習ったことの復習
  2. テキストと問題集でで勉強

 

試験日が近づいてきたら、問題集を中心に実戦に備えましょう。

基本的には問題集を2~3周解けば、だいたいOK。

 

ただし、試験では穴埋め問題が出るので、テキストを読み込んで内容を理解しましょう。

 

排水設備工事責任技術者の試験概要

試験概要は、各自治体に確認するのが間違いないです。

前述のとおり都道府県ごとの試験なので、必ず確認しましょう。

 

ちなみに、受験手数料は6000円です。

 

ちょっと注意点なのは、排水設備工事責任技術者の試験は2年に1回しかないこと。

チャンスは2年に1回なので、1回で合格するよう勉強しましょう。

 

まとめ【排水設備工事責任技術者の試験の難易度は低め】

まとめ【排水設備工事責任技術者の試験の難易度は低め】

この記事をまとめます。

  • 排水設備工事責任技術者の難易度を合格率は40~60%【難易度低め】
  • 穴埋め問題があるので、過去問の丸暗記ではなく内容も理解する
  • 合格基準は低め
  • 講習会に参加した人の8割は合格している
  • 独学を始めるのは10月中旬くらいから

 

考える男性
考える男性
排水設備工事責任技術者の試験は難しいのかなぁ?

どれくらい前から勉強すればいいかな?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、給排水設備の資格として、下記の2記事も読んでみてください。

 

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  2. 浄化槽

    浄化槽管理士の合格率や過去問からみる難易度

  3. 電球

    電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

  4. 消火栓

    消防設備士の試験内容や合格率からみる難易度

  5. セキュリティ

    防犯設備士の試験の難易度!過去問ないのでテキストで勉強しよう

  6. ガス

    ガス主任技術者の試験の合格率や過去問からみる難易度

  1. 床暖房の仕組みや温水式と電気式の違いを解説【施工の注意点】

    床暖房の仕組みや温水式と電気式の違いを解説【施工の注意点】

    2019.12.29

  2. 階段手摺の高さは75cmくらい【設置基準やその他の手摺の高さも解説】

    階段手摺の高さは75cmくらい【設置基準やその他の手摺の高さも解説】

    2019.12.27

  3. ボイラーの種類を解説【ボイラー技士の資格も紹介】

    ボイラーの種類を解説【ボイラー技士の資格も紹介】

    2019.12.27

  4. レンジフードの高さは消防法で80cm以上と決められている

    レンジフードの高さは消防法で80cm以上と決められている

    2019.12.24

  5. 蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    2019.11.30

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト