蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】
考える男性
考える男性
蛍光灯とLEDの違いを知りたいな。

 

LEDの方が電気代が安くて寿命が長そうだけど、

全部LEDにするデメリットもあるわけでしょ?

 

場所にあった照明をつけたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 蛍光灯とLEDの違い14選【表で解説】
  • 結論:蛍光灯とLEDの使い分けが大切【適した場所に適した照明を使う】

 

蛍光灯とLEDの違いを知っておきたいですよね。

それぞれにメリット・デメリットがあり、結論、適している場所が違います。

 

一概に「LEDが絶対いい!」とも言い切れないんです。

 

蛍光灯とLEDの違いを理解して、適切な場所に適切な照明を設置する参考にしてください。

蛍光灯とLEDの違い14選【表で解説】

蛍光灯とLEDの違い14選【表で解説】

蛍光灯とLEDの14の違いを、表にすると下記のようになります。

蛍光灯 LED
寿命 約3年 約10年
価格 1 4(蛍光灯の約4倍)
電気代 1 0.5(蛍光灯の約半分)
光の向き 全体的 一定方向
光の色 5種類 3種類
使用可能な場所 割とどこでも 高温多湿は不向き
サイズ 小型化に限界がある 小型化できる
耐久性 弱い 強い
明るくなるまでの時間 長い すぐ明るい
虫の集まりにくさ 集まる 集まらない
寿命が来たとき 点滅や黒ずみ 光が弱くなる
アレクサ対応 非対応 対応
光る仕組み フィラメント 発光ダイオード
環境汚染 汚染しやすい 汚染しにくい

1つずつ解説します。

 

①寿命の違い

寿命はLEDの方が長いです。

使用時間にもよりますが、だいたい下記のような感じ。

  • LED:約10年(約40000時間)
  • 蛍光灯:約3年(6000~13000時間)

 

LEDは寿命が長い=交換頻度も少ないので、経済的です。

 

LEDの寿命については、

LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】にもまとめているので、読んでみてください(^^)

LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

②価格の違い

本体価格は、LEDの方が高いです。

物にもよりますが、相場は蛍光灯の約4倍くらい。

 

でも、LEDの価格は年々下がってきているので、今後はもっと安くなるでしょう。

 

本体価格は蛍光灯の約4倍ですが、寿命と電気代も加味すると、LEDの方が安くなります。

 

③電気代の違い

電気代はLEDの方が安いです。

だいたい蛍光灯の約半分の電気代です。

 

1時間あたりの電気代が、1つの照明につき約2円安いので、

一般的な住宅なら、LEDの方が年間の電気代が約2万円安くなります。

 

近年はLED+電力自由化で、電気代を年間数万円も削減する家庭もありますよ(^^)

 

④光の向きの違い

蛍光灯は全体的にまんべんなく周りを照らしますが、LEDは一方向を照らす感じです。

LEDの特徴は、照らしている部分はすごく明るいけど、周りが暗くなること。

 

なので、広いリビングとかは蛍光灯の方が良いですね。

 

⑤光の色の違い

光の色の種類は、蛍光灯の方が多いです。

  • 蛍光灯は5色:白色・温白色・昼光色・昼白色・電球色
  • LEDは3色:昼光色・昼白色・電球色

 

光の色のバリエーションや、温かみのある光がほしいなら蛍光灯の方が良いですね。

 

⑥使用可能な場所の違い

蛍光灯は比較的どこでも使えますが、LEDは高温多湿に弱いため浴室に不向きです。

LEDは熱に弱いんです。

 

ただしLEDは寒さには強いので、寒冷地でも使えます。

 

ちなみに北海道など雪の多い地域では、あえて今でも蛍光灯の信号機が使われています。

LEDと違い、蛍光灯などは熱を発生させるので、信号機に積もった雪を溶かして、信号が見えやすくなります。

 

使い分けが大切ですね(^^)

 

⑦サイズの違い

LEDはけっこう小型化できますが、蛍光灯の小型化には限界があります。

照明の設置場所に制限がある場合は、LEDの方が向きますね。

 

ちなみに小型の懐中電灯にも、最近ではLEDが使われている傾向です。

 

⑧耐久性の違い

耐久性はLEDの勝ちですね。

LEDは蛍光灯より衝撃に強いです。

 

例えば、落下してもLEDは蛍光灯のようにすぐ割れたりしません。

 

また、LEDは点滅にも強い特性があります。

 

⑨明るくなるまでの時間の違い

すぐ明るくなるのはLEDです。

蛍光灯はMAXの明るさになるまで、数分かかります。

 

すぐに明るくなってほしい場所には、LEDの方が向きますね。

 

例えば、下記の場所はLEDの方が良いかも。

  • 暗い廊下
  • 玄関
  • 洗面台
  • 物置の中
  • 車庫の中

 

特に、足元をすぐに明るくしてほしい場所は、LEDが良いです。

 

⑩虫の集まりにくさの違い

LEDは紫外線や熱線を出さないので、虫が寄ってきません。

 

蛍光灯はご存知のとおり、すごく虫が寄ってきます。

夏場の外の蛍光灯は、すごい虫がたかってますよね(^^;

 

例えば、庭や家庭菜園など外の照明は、LEDの方が良いかもです。

虫が嫌いな人は特に。

 

⑪寿命が来たときの光の違い

蛍光灯の寿命がくると、ご存知のとおり点滅したり、黒ずんだりします。

一方、LEDは徐々に光が弱くなっていきます。

 

突然消えられると困る場所(玄関・廊下・車庫など)では、LEDの方が良いですね。

 

⑫アレクサで点けられるLEDもある

LEDの中には、アレクサに対応しているタイプもあります。

「アレクサ!電気つけて!」と言えば、電気を付けてくれます。

 

残念ながら、蛍光灯でアレクサ対応はおそらくありません。

 

⑬光る仕組みの違い

蛍光灯は、電気を流すとフィラメントが熱をもって電子を放電します。

そのときに紫外線が発生して、蛍光管内の蛍光塗料に当たることで発光します。

 

一方、LEDは発光ダイオードという半導体に電気を流して、電子が移動するときに発光します。

 

LEDは電子の移動だけで光っているので、理論上は永久に光っていることになります。

ただし、周辺機器の劣化で光が点かなくなります。

 

⑭環境汚染の違い

蛍光灯には水銀が使われているので、環境によくありません。

水銀が海に投棄されれば、魚が汚染され、いずれは人間にも害があります。

 

一方、LEDは汚染物質が使われていないので、地球に優しいです。

交換頻度も少ないので、そもそもゴミも出にくいです。

 

結論:蛍光灯とLEDの使い分けが大切【適した場所に適した照明を使う】

結論:蛍光灯とLEDの使い分けが大切【適した場所に適した照明を使う】

 

結論、蛍光灯が良いか、LEDが良いかという考え方ではなくて、適した場所に適した照明を使うのが一番。

 

ようは、適材適所で使い分けることが大切です。

  • 高温多湿な浴室は、蛍光灯や白熱球
  • 勉強机にはLED
  • 広く照らす必要があるリビングは蛍光灯
  • すぐに明るくしてほしい廊下や玄関はLED
  • 暖かい光がほしい寝室やダイニングには蛍光灯か白熱球
  • 植物の近くに置くなら、熱を出さないLED

 

など、蛍光灯とLEDを使い分けましょう。

 

LEDが普及しているといっても、LEDが完璧なわけじゃありません。

蛍光灯とLEDの違いを知って、適材適所の照明を設置しましょう。

 

まとめ【蛍光灯とLEDの違いは14個ある】

まとめ【蛍光灯とLEDの違いは14個ある】

この記事をまとめます。

  • 蛍光灯とLEDの違いは14個ある
  • コスト面ではLEDの方が安い
  • 光の方向や色の種類は、蛍光灯が強い
  • 虫が苦手な人は、LEDを多めにすると良いかも
  • 蛍光灯とLEDの使い分けが大切

 

考える男性
考える男性
蛍光灯とLEDの違いを知りたいな。

LEDの方が電気代が安くて寿命が長そうだけど、

全部LEDにするデメリットもあるわけでしょ?

というあなたの参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、建築設備の設計をする人は、分電盤の知識も大切。

室内のどこに分電盤を設置するかなど、設置基準があります。

 

分電盤の設置については、

分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】にまとめたので、読んでみてください(^^)

分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

照明設置の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  2. 分電盤

    分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

  3. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

  4. 電信柱

    電気の引き込み方法4選!工事の際の注意点

  5. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

  6. インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

    インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

  1. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    2020.07.22

  2. AIキッチンの未来がすごすぎる【有名シェフの味を家で味わえるかも】

    AIキッチンの未来がすごすぎる【有名シェフの味を家で味わえるかも】

    2020.07.22

  3. 設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    2020.07.22

  4. 水切りの役割や種類を解説【建築物の寿命を守る建材も紹介】

    水切りの役割や種類を解説【建築物の寿命を守る建材も紹介】

    2020.07.22

  5. インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

    インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

    2020.06.26

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト