コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】
施工管理
施工管理
コンセントの高さの基準や、おすすめの高さを知りたいな。

どうすれば使い勝手が良いのかな?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • コンセントの高さの基準やおすすめ
  • コンセントの設置場所の目安
  • 1回路あたり6~8個のコンセントにする

 

コンセントの高さはけっこう重要なので、基準やおすすめの高さを押さえておきましょう。

高さが悪いと使いづらいです。

 

それでは、さっそく見ていきましょう(^^)

コンセントの高さの基準やおすすめ

コンセントの設置場所の目安

コンセントの高さの基準・おすすめの高さは下記のとおりです。

ただし、コンセントの高さを下記のようにする義務はありません。

 

あくまでも基準なので、参考にしてください。

コンセントの高さ 使う電気機器
180cm以上 エアコン、換気扇、冷蔵庫
120~140cm キッチン家電(電子レンジ、オーブン、トースター、コーヒーメーカー、食洗器など)
105~110cm 洗濯機、ダイニングテーブルの上で使う家電用(ホットプレート、IHクッキングヒーター、たこ焼き機など)
70~90cm デスク、勉強机
35~40cm 掃除機
15~20cm その他一般(テレビ付近のコンセント、トイレ、寝室、リビングなど)

最近では「ユニバーサルデザイン」で40~60cmという仕様もあるが、ハンパな高さで使いづらいし、目立つので景観を損ねるデメリットがあります。

 

慣れていない高さで使いづらかったり、電気機器のコードが宙に浮くので足を引っかけるリスクが高まります。

あんまりおすすめできないかも…(^^;

 

また、前述のとおりコンセントの高さに決まりはないので、使用者の使いやすさを重視するのも大切。

例えば高齢者の介護施設では、コンセントの抜き差しで高齢者がしゃがまなくていいように、あえて40~50cmの高さに設置すると良いでしょう。

15~20cmは、高齢者には低すぎて使いづらいです。

 

テレビのコンセントは、テレビ台の高さに合わせると配線に無理がなくて良いですね。

壁掛けのテレビの場合は、コンセントの高さをテレビの高さに合わせるのもアリです。

 

デスクや勉強机のコンセントも、机の高さに合わせるとベストです。

 

また、子供部屋で二段ベッドを使う場合は、180cmくらいの高さに1つコンセントがあると便利ですね。

 

100Vと200Vの違い

コンセントには100Vと200Vがあります。

一般的な電気器具を使用するのは100Vですが、電圧のかかる電気器具には200Vのコンセントを設置しましょう。

 

例えば、

 

  • レンジ
  • エアコン
  • 床暖房

 

などです。

 

近年は一般家庭でも電圧の高い電気器具が増えているので、200Vコンセントが必要なことが増えています。

注文住宅などは、設計段階で用途を聞いて配慮しましょう。

 

コンセントの設置場所の目安

コンセントの設置場所の目安

コンセントの設置場所の目安は、下記のとおり。

  • 居室:2畳当たりに1ヶ所(2口コンセント)
  • 廊下:10~15mごとに1ヶ所

 

これだけコンセントがあれば、一般的には「コンセントが少なくて使いづらい!」ということはありません。

例えば8畳であれば、コンセントの差込口は4つが望ましいです。

 

ただし、注文住宅などで施主からの要望があれば、それも設置しましょう。

住宅のコンセントの設置場所

一般的な住宅のコンセントの設置場所は、下記のとおり。

  • 玄関
  • 廊下(10~15mに1ヶ所)
  • 階段
  • トイレ
  • 洗面所
  • 洗濯機の横
  • 冷蔵庫の設置スペースの上
  • キッチン
  • リビング
  • ダイニング
  • 寝室
  • 車庫内

 

などです。

漏れがないか確認しましょう。

 

掃除機のコンセントは抜き差しがない方が便利です。

掃除機のコードの長さは4~5mなので、半径4~5mでコンセントの抜き差しがいらないように配置するとベストですね。

 

また、屋外で電源をとる必要があれば、屋外用の防水コンセントを設置しましょう。

1回路あたり6~8個のコンセントにする

1回路あたり6~8個のコンセントにする

コンセントの設置は、1回路あたり6~8個のコンセントにとどめましょう。

1回路で同時使用できるのは1200~1500Wだからです。

 

特に、

  • エアコン
  • 食洗器
  • 衣類乾燥機
  • 電子レンジ
  • ドライヤーを使う洗面所のコンセント

 

などは、電圧が高くなるので配分に注意しましょう。

上記のような電圧の高い電気機器が多い場合は、回路を分散させるのが無難です。

 

注文住宅などは、施主からのコンセント箇所の要望が電圧的に難しいケースもあるので、プロとしてアドバイスするようにしましょう。

まとめ【コンセントの高さは使いやすさが大切】

まとめ【コンセントの高さは使いやすさが大切】

この記事をまとめます。

  • コンセントは基準やおすすめの高さがあるが、施主の要望を取り入れる
  • コンセントの設置場所の目安を参考に【施主の要望も忘れずに】
  • 1回路6~8個のコンセントにする【電圧が高い機器を想定して配分する】

 

電気設計の際の参考にしてください(^^)

施主の要望も忘れずに聞いてくださいね。

 

ちなみに、分電盤の設置基準も知りたい人は、分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】を読んでみてください(^^)

コンセントの元となる分電盤なので、合わせて見ておきましょう。

分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

参考になればうれしいです!

関連記事

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  2. 分電盤

    分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

  3. 電球

    電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

  4. 電球

    認定電気工事従事者の必要性とは?認定講習や申請方法を解説

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

  6. 電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

  1. 消火設備の図面記号12選【その他防災系の図面記号47選も紹介】

    消火設備の図面記号12選【その他防災系の図面記号47選も紹介】

    2019.09.30

  2. 空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】

    空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】

    2019.09.30

  3. 断熱材の熱伝導率を解説【よく使われる断熱材の種類も紹介】

    断熱材の熱伝導率を解説【よく使われる断熱材の種類も紹介】

    2019.09.30

  4. 泡消火設備の設置基準【仕組み・種類・設置場所も解説】

    泡消火設備の設置基準【仕組み・種類・設置場所も解説】

    2019.09.30

  5. 電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    2019.08.24

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト