設備設計のきついところ4選【そこまで激務じゃない。やりがいも解説】

オフィスの内装
考える男性
考える男性
設備設計の仕事ってきついの?

激務って聞いたけどホントなのかな…?

あまりにきつい仕事ならやりたくないなぁ…

 

設備設計のきついところを知っておきたい。

あと、やりがいとか魅力と比較して就職するか決めたいな。

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 設備設計の仕事はきついのかわかる
  • 設備設計のきついところがわかる
  • 設備設計のやりがいや魅力がわかる

 

私たち「ワット・コンサルティング」は、建設業の技術者派遣の会社です。

この記事では、設備設計のきついところを解説していきます。

どんな仕事もきついところはあるものですが、設備設計ならではのきついところも知っておきましょう。

もちろんやりがいや魅力も大きい仕事なので、就職の参考にしてみてください!

設備設計の仕事はきついのか【そこまで激務じゃない】

パソコン作業する男性

一昔前は「設備設計はきつい」といわれた時代もありましたが、今はそこまできつくありません。

なぜなら、設備設計の業界もIT化が進んでいるから。

下記のような設計ソフトも進化しているため、仕事をやりやすくなっています。

  • AutoCAD
  • Jw-cad
  • Revit
  • Rebro
  • CADWe’ll Tfas

 

また、「BIM」など新しい設計ソフトも普及が進んでいます。

BIMにできることは下記のとおり。

  • 設計変更がCADの約半分の時間でできる
  • 設計ミスをソフトが教えてくれて設計ミスを防げる
  • 設計者・施工業者・施主の意思共有ができるので、業務の効率化・コスト削減ができる
  • クライアントに完成形を3Dで見せられるため、イメージがわきやすい、合意形成が早い
  • 設計図に人を入れて動かすこともでき、動線や使い勝手を事前にシミュレーションできる

 

BIMについては、BIMやCIMソフトの建築や土木の設計のメリットにまとめてます。

 

そもそも設備設計の仕事内容を知っておこう

基本として、設備設計には下記の種類があります。

  • 電気
  • 空調
  • 給排水
  • 昇降機
  • 排煙設備
  • 上下水道処理設備
  • 電気通信設備
  • ファクトリーオートメーション(工場設備)

 

そして、おおまかな仕事の流れは下記のとおり。

  1. 顧客のヒアリング
  2. 企画・基本設計
  3. 実地設計
  4. 積算・見積もり
  5. 確認申請
  6. 工事監理
  7. 竣工検査
  8. 運用・保守
  9. 改修工事

 

設備設計の仕事内容は、設備設計の仕事内容を解説【有益な資格8選や平均年収も紹介します】にまとめてます。

 

設備設計のきついところ4選

ライト

考える男性
考える男性
設備設計のきついところを知りたいな。

IT化が進んでいるとはいえ、仕事がきついときもあります。

代表的なきついところは下記の4つ。

  1. 案件が重なるときつい
  2. 他部門との調整が難しい
  3. 納期に追われるのがつらい
  4. 仕事をしながら資格の勉強をするのがきつい

 

1つずつ解説しますね。

 

①案件が重なるときつい

複数の案件を同時に進めるときは、どうしても忙しくなります。

大手や人気の設計事務所だと、案件が重なることも。

ただ、ずっと忙しいわけではないので、いっときの辛抱でもあります。

どんな仕事でも繁忙期があるものですが、設備設計も同じですね。

 

②他部門との調整が難しい

設備設計は他部門と調整をしながら仕事を進めます。

具体的には、下記の部門と関わります。

  • 意匠設計:建築物のデザインを決める設計
  • 構造設計:建築物の骨組みや耐久性の設計
  • 現場の技術者:現場監督や職人さん

 

設備はスキマのスペースを使うことも多いです。

※例えば配線など。

でも、他部門には他部門の都合があったりして、調整がうまく進まないこともあるでしょう。

コミュニケーションスキルや調整力も必要な仕事です。

 

③納期に追われるのがつらい

納期に追われて忙しいこともあるでしょう。

特に設備設計は、意匠設計や構造設計が終わらないと設計に入れません。

意匠設計や構造設計が遅れると、そのシワ寄せが設備設計にくることもあります。

 

④仕事をしながら資格の勉強をするのがきつい

設備設計でキャリアアップしたいなら、下記のような資格を取得していく必要があります。

  • 建築設備士
  • 設備設計一級建築士
  • 建築士
  • 管工事施工管理技士
  • 電気工事施工管理技士
  • 電気通信工事施工管理技士
  • 電気主任技術者
  • 技術士

 

中には難関資格もあるため、仕事と勉強の両立はなかなか大変なことも。

ただ、仕事しながら勉強するのはどの仕事でも一緒なので、設備設計に限った話ではありません。

ちなみに設備設計の資格については、設備設計の資格8選にまとめてます。

 

設備設計のやりがいや魅力4選

夜景

考える男性
考える男性
設備設計のやりがいや魅力も知っておきたいな。

結論、下記の4つです。

  1. 人数が少ないので重宝される
  2. 最新技術と親和性が高くて将来性がある
  3. 経験を積んで資格を取得すると年収アップできる
  4. 人脈が広がれば独立も可能

 

1つずつ解説するので、就職の参考にしてみてください。

 

①人数が少ないので重宝される

設計には下記の3つがあります。

  1. 意匠設計:建築物のデザインを決める設計
  2. 構造設計:建築物の骨組みや耐久性の設計
  3. 設備設計:電気や配管など建築物の設備の設計

 

正直、一番人気は意匠設計です。

意匠設計は有名な建築家も多く、カッコいいイメージがあるため人気。

その分、設備設計は人数が少ないので、業界内では重宝されます。

経験を積めば転職もしやすく、仕事に困ることは少ないでしょう。

 

②最新技術と親和性が高くて将来性がある

意匠設計や構造設計より、設備設計は最新技術との親和性が高いため、将来性があるといえるでしょう。

具体的には、下記のような最新技術と関わりがあります。

  • LED
  • AIが搭載された設備
  • ZEH(ゼロエネルギーハウス)
  • ZEB(ネットゼロエネルギービル)
  • 5G・6Gなど高速インターネット回線

 

こうした設備を扱うため、設備設計は時代の波にのれる仕事です。

「将来性がある仕事に就きたい!」という人におすすめです。

 

③経験を積んで資格を取得すると年収アップできる

設備設計の経験を積んで、資格を取得すれば年収が上がります。

資格手当をもらえたり、昇給しやすくなるでしょう。

また、経験と資格がある人は転職市場で人気があり、転職を機に年収アップする人も多いです。

建築設備士や設備設計一級建築士などを取得して経験を積めば、大手に転職できる可能性もあります。

建設業界は大手ほど年収が高い傾向。

なので、稼ぎたい人にも設備設計はおすすめです。

設備設計の年収は、設備設計の年収【たくさん稼ぐ人もいる】も参考にどうぞ。

 

④人脈が広がれば独立も可能

経験を積んで、資格を取得して、人脈が広がっていけば独立することも可能。

仕事が入ってくる人脈があれば、会社員でなくても稼げます。

独立志向があり、自由度の高い人生を歩みたい人は設備設計を検討してみましょう。

 

まとめ【設備設計はきついところもあるけど、やりがいと魅力が大きい】

家

最後にもう一度、設備設計のきついところ4選をまとめておきます。

  1. 案件が重なるときつい
  2. 他部門との調整が難しい
  3. 納期に追われるのがつらい
  4. 仕事をしながら資格の勉強をするのがきつい

 

ただ、やりがいや魅力も大きい仕事ですよ。

やりがい・魅力は下記の4つです。

  1. 人数が少ないので重宝される
  2. 最新技術と親和性が高くて将来性がある
  3. 経験を積んで資格を取得すると年収アップできる
  4. 人脈が広がれば独立も可能

 

考える男性
考える男性
設備設計に就職しようかな…

どうしようかな…

と迷う人は、設備設計に向いている人の特徴を参考にどうぞ。

あなたが設備設計に向いているか、判断材料になると思います。

 

また、設備設計の仕事内容や年収、必要な資格は、設備設計の仕事内容を解説【有益な資格8選や平均年収も紹介します】にまとめています。

あなたの就職の参考になればうれしいです!

SAN-SUKE

関連記事

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解説】

  2. CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    CATV技術者とは【資格試験の内容と勉強方法】

  3. ガス機器設置スペシャリストの合格率【併せて取得したいガス系資格】

    ガス機器設置スペシャリストの合格率【併せて取得したいガス系資格】

  4. 高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

  5. 1級・2級・3級の配管技能士の試験内容【参考書や過去問の勉強方法】

  6. 浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】

    浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】

  1. 電気工事士

    電気工事士は休みがないのか?【きちんと休めるホワイト企業もある】

    2022.06.16

  2. オフィスの内装

    設備設計のきついところ4選【そこまで激務じゃない。やりがいも解説…

    2022.06.16

  3. リビング

    設備設計の仕事内容を解説【有益な資格8選や平均年収も紹介します】

    2022.06.16

  4. 【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある】

    【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある…

    2022.05.21

  5. 電気通信工事業と電気工事業の違い【それぞれのメリットとデメリッ…

    2022.05.21

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解…

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト