断熱材の熱伝導率を解説【よく使われる断熱材の種類も紹介】

断熱材の熱伝導率を解説【よく使われる断熱材の種類も紹介】
施工管理
施工管理
断熱材の熱伝導率を知りたいな。

あと、よく使われる断熱材の種類も知りたい。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 断熱材の熱伝導率を解説
  • よく使われる断熱材の種類
  • 断熱効果の計算方法

 

断熱材の熱伝導率をご紹介します。

設計段階での参考にしてください。

 

また、よく使われる断熱材もご紹介します。

業務の参考になればうれしいです(^^)

断熱材の熱伝導率を解説

断熱材の熱伝導率を解説

断熱材の熱伝導率は、下記の表のとおりです。

断熱材 熱伝導率(W/(m/k))
フェノールフォーム保温板1種1号 0.022
フェノールフォーム保温板1種2号 0.022
硬質ウレタンフォーム保温板2種1号 0.023
硬質ウレタンフォーム保温板2種2号 0.024
ロックウール(マット) 0.038
ロックウール(フェルト) 0.038
ロックウール(ボード) 0.036
吹き付けロックウール 0.064
吹き込み用ロックウール25k相当 0.047
吹き込み用ロックウール65K相当 0.039
高性能グラスウール16K相当 0.038
高性能グラスウール24K相当 0.036
高性能グラスウール32K相当 0.035
高性能グラスウール40K相当 0.034
高性能グラスウール48K相当 0.033
グラスウール10K相当 0.05
グラスウール16K相当 0.045
グラスウール20K相当 0.042
グラスウール24K相当 0.038
グラスウール32K相当 0.036
吹き込み用グラスウール13K相当 0.052
吹き込み用グラスウール18K相当 0.052
吹き込み用グラスウール30K相当 0.04
吹き込み用グラスウール35K相当 0.04
押出法ポリスチレンフォーム保温板1種 0.04
押出法ポリスチレンフォーム保温板2種 0.034
押出法ポリスチレンフォーム保温板3種 0.028
ビーズ法ポリエチレンフォーム保温板特号 0.034
ビーズ法ポリエチレンフォーム保温板1号 0.036
ビーズ法ポリエチレンフォーム保温板2号 0.037
ビーズ法ポリエチレンフォーム保温板3号 0.04
ビーズ法ポリエチレンフォーム保温板4号 0.043
A種ポリエチレンフォーム保温板1種2号 0.042
A種ポリエチレンフォーム保温板2種 0.038
吹き込み用セルローズファイバー25K 0.04
吹き込み用セルローズファイバー45K 0.04
吹き込み用セルローズファイバー55K 0.04
ロックウール化粧吸音版 0.064
カーペット類 0.08
0.083
アスファルト類 0.11
天然木材 0.12
ミディアムデンシティファイバーボード 0.12
火山性ガラス室複層板 0.13
木毛セメント板 0.13
木片セメント板 0.15
合板 0.16
ハードファイバーボード 0.17
せっこうプラスター 0.6
レンガ 0.64
土壁 0.69
しっくい 0.74

業務の参考にしてくださいね(^^)

 

よく使われる断熱材の種類

断熱材の熱伝導率を解説

よく使われる断熱材は、

  • グラスウール
  • ロックウール
  • フェノールフォーム
  • セルロースファイバー
  • 高発泡ポリエチレン
  • 押出法ポリスチレンフォーム
  • 現場発泡式ウレタンフォーム
  • セルロースファイバー

 

などが代表的です。

 

でも、断熱材は品質が良い新しいものも作られています。

今後は、もっと良い断熱材ができるかもしれませんね(^^)

 

断熱材には繊維系とプラスチック系がある

断熱材には、

  1. 繊維系
  2. プラスチック系

 

の2種類があります。

それぞれ見てみましょう。

 

繊維系の断熱材

繊維系は繊維をまとめたもので、繊維と繊維の間に空間を作ることで、空気を閉じ込める効果があります。

理科の実験で使った「スチールウール」を思い出してもらうとわかりやすいですね。

 

繊維をまとめることふわふわとして感触になり、空気を含みやすくなります。

空気を含むことで、外気の熱・寒さが室内に入り込むのを防ぎます。

 

代表的なものは、上記の「グラスウール」です。

グラスウールは、ガラスを繊維上にしてまとめたものです。

 

比較的安価なので、よく使われています。

ただしグラスウールは湿気に弱いので、防湿対策を万全にしましょう。

 

他にも、ロックウールセルロースファイバーなどがあります。

 

ロックウールは火事に強いのがメリットです。

セルロースファイバーは調湿効果もあるので重宝されます。

 

プラスチック系の断熱材

プラスチック系の断熱材は、簡単にいうと気泡を作ることで空気を閉じ込めます。

気泡の中で空気が対流し、冷ますor温めるという効果で断熱します。

 

プラスチック系の断熱材は、細かい気泡があるほど断熱効果が高いです。

発泡スチロールをイメージするとわかりやすいですね(^^)

 

プラスチック系の断熱材には、

  • ポリスチレンフォーム:価格が安いが熱に弱い
  • ポリエチレンフォーム:柔軟性がある
  • ウレタンフォーム:防湿対策が必要
  • フェノールフォーム:熱に強い

 

などがあります。

 

断熱材の選び方

断熱材を選ぶときのポイントは、下記の5つです。

  1. 予算:グラスウールなどが良い
  2. 施工のしやすさ:セルロースファイバーなどが良い
  3. 湿気に強い:グラスウールやウレタンフォームでいいが防湿対策が必要
  4. 熱に強い:ロックウールやフェノールフォームが良い
  5. 燃えにくい:ロックウールなどが良い

 

結論は施主や予算と向き合わなければいけません。

折り合いをつけていきましょう。

 

断熱効果は熱貫流率・熱抵抗・熱伝導率で決まる

断熱効果は熱貫流率・熱抵抗・熱伝導率で決まる

断熱効果は、

  1. 熱貫流率
  2. 熱抵抗
  3. 熱伝導率

 

の3つの要素で決まります。

1つずつ解説します。

 

熱貫流率とは

熱貫流率を簡単にいうと「熱が壁内部に伝わる割合」のことです。

複数の材料(壁、断熱材、壁紙など)を通して、熱がどれくらい伝わるかの割合です。

 

なので、完成した建築物自体の断熱効果を計算できます。

熱貫流率=1/熱貫流抵抗で計算します。

 

熱抵抗とは

熱抵抗を簡単いうと、材料の厚さによる熱の伝わる割合のことです。

当然、材料が厚い方が熱は伝わりにくいです。

 

熱抵抗=材料の厚さ(m)/材料の熱伝導率で計算します。

 

熱伝導率とは

熱伝導率は、材料自体の熱の伝わりやすさのことです。

※上記の表で表したものです。

 

1㎥あたりの熱の伝導する割合を示した数値です。

熱伝導率=1/室内側表面熱抵抗+材料熱抵抗+外気側表面抵抗で計算します。

 

まとめ【熱伝導率の低い断熱材を使いましょう】

まとめ【熱伝導率の低い断熱材を使いましょう】

この記事をまとめます。

  • 断熱材の熱伝導率を確認
  • よく使われる断熱材の種類を知りましょう
  • 断熱効果は熱貫流率・熱抵抗・熱伝導率で決まる

 

断熱材の熱伝導率を知りたい人の、参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、気密性を上げすぎると換気効率が落ちます。

近年は気密性の高い建築物が増えているので、24時間換気なども義務化されていますね。

 

換気方法については、下記の2記事も参考にしてみてください。

 

あなたの仕事の参考になればうれしいです(^^)

関連記事

  1. 空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】

    空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】

  2. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  3. 換気扇

    24時間換気システムの必要性や種類によるメリットとデメリット

  4. 換気

    換気システムの4つの種類と効果

  5. 煙

    排煙設備の設置基準を解説【自然排煙と機械排煙の違いや種類】

  6. 換気計算の1/20を解説【必要換気量や24時間換気システムも解説】

    換気計算の1/20を解説【必要換気量や24時間換気システムも解説】

  1. 蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    2019.11.30

  2. LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

    LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

    2019.11.29

  3. 排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

    排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

    2019.11.28

  4. 給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

    給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

    2019.11.27

  5. 電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    2019.10.29

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト