電気工事施工管理を辞めたい人が今すぐやるべき11のこと|退職手順も解説

電気工事施工管理を辞めたい人が今すぐやるべき11のこと|退職手順も解説

「電気施工管理を辞めたい…」

「でも、本当に辞めていいのかな…?」

「次の仕事はどうしよう…」

こういった悩みに応える記事です。

この記事でわかること

  • 電気工事施工管理を辞めたいと思うのは甘えなのか?
  • 電気工事施工管理を辞める5つのデメリット
  • 電気工事施工管理を辞めたいときにやるべき11のこと
  • 電気工事施工管理を辞める方法4ステップ
  • 電気工事施工管理を辞めた後の9つの転職先

結論、どうしても今の電気施工管理の仕事がきついなら、辞めることも検討しましょう。

もしかしたら、他の会社や仕事に転職した方が良いかもしれません。

「電気施工管理を辞めたいけど、ホントに辞めていいのかな…?」と悩みますよね?

この記事では、辞めても後悔しないために、電気施工管理を辞めるデメリットや、辞める前にやるべきことを解説します。

それらを理解した上で、退職を進めていきましょう。

おすすめの転職先もわかるので、今の状況から抜け出したい人は最後まで読んでみてください!

ちょっと宣伝

「今の会社がきついけど、電気施工管理で積んできた経験を活かしたい…」という人は、別の会社で電気施工管理を続けることも検討してみましょう。

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の転職サポートをしています。

今より働きやすい電気施工管理の会社もチェックしてみてください。

目次

「そもそも、電気施工管理を辞めたいなんて甘えなのかな…?」

と不安になるかもしれませんが、一概に「甘え」とは言い切れません。

あくまで一例ですが、以下に該当する場合は「甘え」ではない可能性があります。

甘えとは言えないケース

  • 過度な長時間残業
  • 過度な休日出勤
  • サービス残業などブラックな環境
  • キャリアを見直したい
  • 体や精神を壊してしまった
  • どうしてもやりたい仕事が見つかった
  • 家庭の事情

では次に、他の電気施工管理の人たちが、どのような理由で「辞めたい」と思っているのか見ていきましょう。

電気工事施工管理を辞めたい7つの理由

「電気施工管理を辞めたい…」と思う主な理由は、以下の7つです。

辞めたい理由

  1. 残業が多いから
  2. 夜勤があるから
  3. 休日が少ないから
  4. 仕事量と給料が見合わないから
  5. 人間関係が辛いから
  6. 先輩や上司がきつそうだから
  7. プレッシャーと責任が大きいから

1つずつ解説していきます。

※「辞めたいときの対処法を知りたい!」という人は、電気工事施工管理を辞めたいときにやるべき11のことへジャンプしてみてください。

残業が多いから

「残業が多いから」という理由で、電気施工管理を辞めたい人は多いです。

  • 長時間労働が続くことで、健康問題が生じるリスクが高まる
  • 家族や友人と過ごす時間が減り、大切な人間関係が希薄になる
  • 趣味やリラクゼーションの時間が取れず、ストレスが溜まる一方

こうした状況に耐えかねて、電気施工管理を辞めたいと感じます。

夜勤があるから

「夜勤があるから」という理由で、電気施工管理を辞めたい人もいます。

夜勤の例

  • 夜間の緊急停電や障害対応のための復旧工事
  • 高速道路や鉄道線路の電気設備のメンテナンス工事
  • 商業施設や駅など、昼間に大規模な電気工事ができない施設の工事

これらの夜間工事は、社会のインフラを支える重要な役割を担っています。

ただ、生活リズムの乱れや健康への影響で、辞めたいと思う人もいます。

休日が少ないから

「休日が少ないから」という理由で、電気施工管理を辞めたい人もいます。

工事の締め切りや緊急対応が必要な性質上、休日出勤することがあります。

辞めたくなる理由

  • 家族や友人との予定が、急な仕事で中断されるから
  • 連休や祝日でも現場の都合で休めないことがあるから
  • 自分の趣味やリフレッシュの時間を取れず、疲れが溜まるから

プライベートな時間を充実させたくて、辞めたいと考える人もいます。

仕事量と給料が見合わないから

「仕事量と給料が見合わないから」という理由で、電気施工管理を辞めたい人もいます。

会社によっては、サービス残業になっているところがあるからです。

注意

サービス残業があることで、実質の時給が下がってしまいます。

「こんなに働いて、給料がたったこれだけ…?」と思って、辞めたくなる人もいます。

人間関係が辛いから

「人間関係が辛いから」という理由で、電気施工管理を辞めたい人もいます。

電気施工管理はいろいろな関係者の間に立つため、コミュニケーションの問題や対人ストレスが生じやすいです。

人間関係で辞めたくなる例

  • お客様と会社の間に挟まれて身動きが取れなくなる
  • 上司や同僚との意見の相違が多く、ストレスが溜まる
  • 現場作業員や協力会社との間で、調整役を務めることで精神が疲弊する

このように人間関係のストレスが原因で、電気施工管理の職を辞めたいと思う人もいます。

先輩や上司がきつそうだから

先輩や上司がきつそうにしているのを見て、辞めたいと思う電気施工管理もいます。

  • 先輩がいつもため息をついている
  • 上司がいつも眉間にシワを寄せている
  • 先輩がいつも「辞めたい」と言っている

先輩や上司は「自分の未来の姿」です。

「こうなりたくない…」と思って、辞めたくなる人もいます。

プレッシャーと責任が大きいから

「プレッシャーと責任が大きいから」という理由で、電気施工管理を辞めたい人もいます。

電気施工管理は、工事を左右する重要な決定をする仕事です。

  • 事故が発生した場合の法的責任と職場内での責任問題
  • 大規模な電気設備の設計や施工をするときの重大な決断
  • 期限内に工事を完了させるための厳しいスケジュール管理

これらが大きなストレスとなり、電気施工管理者が職を辞めたいと思う人もいます。

電気工事施工管理を辞める5つのデメリット

「電気施工管理を辞めたいけど、本当に辞めていいのかなぁ…?」

という人は、辞めるデメリットを知ってから判断しましょう。

辞めるデメリット

  1. キャリアが中途半端になる
  2. 30代だと未経験職種への転職が難しい
  3. 他の仕事に転職するとゼロからスタート
  4. 転職活動で退職理由を伝えるのが難しい
  5. 未経験の仕事に転職すると年収が下がりやすい

1つずつ解説するので、あなたが許容できそうか考えてみてください。

キャリアが中途半端になる

電気施工管理を辞めると、キャリアが中途半端になる可能性があります。

イメージ

  • もっと続けていれば、スペシャリストとして評価されたのに…
  • 頑張って続けていれば、大手に転職できてもっと楽になったのに…
  • もう少し続けていれば、電気工事施工管理技士の受験資格を得られたのに…

中途半端なタイミングで辞めることで、このような後悔を生むかもしれません。

「あなたは辞めて後悔しないか?」を改めて考えてみましょう。

30代だと未経験職種への転職が難しい

あなたがもし30代だと、未経験の職種への転職が難しい可能性があります。

未経験の転職は、基本的に若い人材が求められるからです。

ポイント

20代の方が長く会社に貢献できるためです。

そのため、電気施工管理を辞めても、次の転職活動に苦労するかもしれません。

他の仕事に転職するとゼロからスタート

他の仕事に転職できても、ゼロからキャリアを再スタートしなければいけません。

デメリット

  • ゼロから新しいことを覚える大変さがある
  • 歳下が上司になることがある

転職する場合は「電気施工管理の経験を活かせる仕事」も検討しましょう。

詳しくは、電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】にまとめています。

転職活動で退職理由を伝えるのが難しい

電気施工管理の仕事がイヤで辞めると、次の転職活動で退職理由を伝えにくくなります。

注意

「電気施工管理がきつかったので辞めました」と伝えてしまうと、面接官に「うちの仕事もきついと思ったらすぐ辞めるのかな…?」と不安視されることがあります。

結果、採用されないこともあるでしょう。

退職理由はポジティブにする必要がありますが、電気施工管理がイヤで辞めると、ポジティブな退職理由を考えるのに苦労する恐れがあります。

未経験の仕事に転職すると年収が下がりやすい

未経験の仕事に転職すると、今より年収が下がりやすいので注意しましょう。

前述のとおり、ゼロからキャリアを再スタートさせるので、給料は一番下からスタートです。

注意

特に家庭がある人は、収入面も計算してから退職を検討しましょう。

勢いで辞めて、生活できないのは危険です。

電気工事施工管理を辞めたいときにやるべき11のこと

「電気施工管理を辞めたい」と思ったら、以下の11個をやってみましょう。

続けるにしても、辞めるにしても、失敗を防ぎやすくなります。

やるべきこと

  1. 今の会社がきついだけじゃないかチェック
  2. 本当に辞めるしかないのか考える
  3. やりがい・始めた理由を思い出す
  4. 施工管理に向いているかチェック
  5. 信頼できる上司に相談する
  6. 施工管理以外の信頼できる人に相談する
  7. 異動願いを出す
  8. 休職する
  9. 貯金額をチェックする
  10. 転職活動を始める
  11. 任された仕事をやり遂げる

1つずつ解説するのでやってみてください。

今の会社がきついだけじゃないかチェック

電気施工管理を辞めたいときは、まず「今の会社がきついだけじゃないか」をチェックしましょう。

もし他の会社に転職して解決するなら、電気施工管理を続けていける可能性があるからです。

以下の1つでも該当すれば、他の会社に転職することで、電気施工管理を続けられるかもしれません。

チェック項目

  • 1ヶ月に80時間以上の残業をしている
  • サービス残業が常態化している
  • 休日出勤が常態化している
  • パワハラが横行している

ホワイトに近い電気施工管理もあるので「電気施工管理を辞めてしまうのは、少し抵抗がある…」という人は求人を探してみましょう。詳しくは、ホワイトな電気施工管理に転職する25のコツ【ブラックを避ける】にまとめています。

ちょっと宣伝

冒頭でもふれましたが、私たちワット・コンサルティングは、施工管理の転職サポートをしています。

今より働きやすい電気施工管理の求人をチェックしてみてください。

本当に辞めるしかないのか考える

本当に辞めるしかないのか、改めて冷静に考えましょう。

勢いで辞めてしまって、後悔するのを防ぐためです。

  • 今の現場だけの問題ではないか?
  • 特定の人間関係だけの問題ではないか?
  • 誰かに相談すれば解決する可能性はないか?
  • すぐに時間が解決してくれる可能性はないか?

くりかえしですが、改めて冷静に考えてみてください。

やりがい・始めた理由を思い出す

電気施工管理を辞めたいときは、仕事のやりがい・始めた理由も思い出してみましょう。

初心に戻ることで、本当に方向転換が必要か冷静に判断できるからです。

具体例

  • 過去にのりこえた困難や達成感を感じた瞬間
  • 電気施工管理を通じて得られた経験や人間関係
  • 電気施工管理になった当初に抱いていた夢や目標

始めた理由や過去のやりがいを思い出すことで、適切な決断ができる可能性があります。

電気施工管理に向いているかチェック

あなたが電気施工管理に向いているかチェックしてみましょう。

向いていないなら転職を考えても良いでしょうし、向いているならもう少し続けてみる選択肢もあるからです。

考える男性
考える男性

でも、どうすれば向いてるかチェックできるの?

詳しくは、施工管理に向いている人の特徴31選|向いてない人の特徴も解説にまとめています。

辞める前に、念のため適職診断しておきましょう。

信頼できる上司に相談する

信頼できる上司にも相談してみましょう。

あなたの仕事の状況やキャリアパスを理解しており、具体的なアドバイスや解決策をくれることがあるからです。

  • 今後のキャリアについてのアドバイスを求める
  • 現在の仕事の悩みや不満を具体的に伝え、改善策を相談する
  • あなたと似た状況だったとき、上司がどうやってのりこえたか聞く

本当に信頼できる上司なら、親身にアドバイスをくれるでしょう。

施工管理以外の信頼できる人に相談する

施工管理以外の信頼できる人にも相談してみましょう。

客観的な意見をくれて、冷静な判断ができる可能性があるからです。

ポイント

あなたの状況を客観的に聞いてもらい、冷静な意見を聞いてみるのがおすすめです。

施工管理の中にいると見えないことに気づける可能性があります。

信頼できる人がいたら、相談してみましょう。

異動願いを出す

念のため、異動願いを出してみましょう。

もし異動できれば、辞めずに済むかもしれないからです。

  • 違う現場に変えてもらう
  • 内勤に異動させてもらう

ただし、部署異動できない場合は、転職・退職も検討していきましょう。

休職する

休職を検討するのも良いでしょう。

少し休むことで回復することもあるからです。

休職する方法

  1. 人事部や直属の上司に相談し、休職制度について確認する
  2. 医師からの診断書が必要な場合は、適切な診断を受けて書類を提出する
  3. 休職の申請手続きを行う

ただし、どうしても休職が難しい場合は、転職・退職を検討しましょう。

貯金額をチェックする

電気施工管理を辞める前に、貯金額をチェックしておきましょう。

退職すると、収入が途絶えてしまうからです。

注意

自己都合の退職の場合、失業保険給付は手続きした日から2ヶ月+7日後に支給されます。

2ヶ月は無収入になるため、その間の生活費が必要です。

退職してから転職活動を始める人は、最低でも3ヶ月以上は生活できる貯金がないと不安でしょう。

そのため、退職する前に必ず貯金額をチェックしてください。

転職活動を始める

可能であれば、在籍中に転職活動を始めましょう。

収入が途切れないようにするためです。

ポイント

仕事が忙しくて転職活動しにくい人は、転職エージェントを利用するのがおすすめです。

忙しいあなたに代わって、転職のプロが転職活動をサポートしてくれます。

転職エージェントがサポートしてくれること

  • あなたに合う求人選び
  • 履歴書と職務経歴書の添削
  • 面接の練習
  • 入社手続きなど

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングは施工管理の転職エージェントです。

他社の電気施工管理に転職したい人は、無料なので活用してみてください。

任された仕事をやり遂げる

退職が決まっても、任された仕事は最後までやり遂げましょう。

円満退職するためです。

注意

仕事の手を抜いてトラブルになったまま辞めると、とても後味が悪いです。

「立つ鳥跡を濁さず」の精神でいきましょう。

電気工事施工管理を辞める方法4ステップ

退職を決めたら、以下の4ステップで退職手続きを進めていきましょう。

退職する手順

  1. 直属の上司に退職を申し出る
  2. 退職日の決定
  3. 引き継ぎ業務
  4. 退職

念のため、1つずつ解説していきます。

直属の上司に退職を申し出る

直属の上司に退職する旨を伝えましょう。

朝礼前など、話しやすいタイミングがおすすめです。

ポイント

忙しくて直属の上司と話ができないときは、事前にアポイントを取りましょう。

退職日の決定

直属の上司と話して、退職日を決定します。

施工管理の場合、現場が終わるタイミングで退職するケースが多いです。

引き継ぎ業務

退職が決定したら、引き継ぎ業務を行いましょう。

引き継ぎをしておかないと、退職後も連絡がきてしまいます。

ポイント

後任者がわかりやすいように、引き継ぎ資料をまとめておくのもおすすめです。

退職

退職日は、社内でお世話になった方にお礼の挨拶をしましょう。

会社に返却すべきものに漏れがないかチェックして、退職です。

「電気工事施工管理を辞めるにしても、次の仕事はどうしよう…」

「できれば、電気施工管理の経験を活かせる仕事がいいな…」

という人は、以下の9つの仕事がおすすめです。

おすすめの転職先

  1. 公務員
  2. 極端に忙しくない会社
  3. 技術者派遣の電気施工管理
  4. ビルメンテナンスの会社
  5. 設計事務所
  6. CADオペレーター
  7. 電気工事士
  8. 電気系の営業職
  9. 学校の先生

どれも電気施工管理の経験を活かせる仕事です。

詳しくは、電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】にまとめています。

最後に、電気施工管理を辞めたいときによくある質問に答えていきます。

半年や一年目で辞めたいと思うのは早すぎる?

退職は個人の自由ですが、次の転職活動で苦戦する恐れがあります。

注意

前職期間が短いと「うちもすぐに辞めるのかな…?」と不安視されて、採用されにくいことがあります。

もちろん、どうしても辛いときは退職するのも仕方ないでしょう。

ですが「次の転職活動に苦戦するかもしれない」というデメリットは知っておいてください。

詳しくは、施工管理をすぐ辞めるのはアリ?【辞めていいけどデメリットがある】も参考にどうぞ。

電気施工管理を辞めて後悔することは?

後悔するかは人によりますが、以下のような後悔があるかもしれません。

後悔

  • 今までの経験を活かせないかも
  • 資格をとるチャンスを失うかも
  • たくさん稼げるチャンスを失うかも
  • 手に職をつけるチャンスを失うかも
  • 現場仕事の醍醐味を味わえなくなる
  • 転職先の方がひどく「辞めなきゃよかった…」と思うかも
  • 次の仕事も辞めると「どこにいっても通用しない?」と不安になるかも

詳しくは、現場監督を辞めて後悔するかもしれないこと10選【後悔しないコツ】にまとめています。

電気工事士に転職できる?

電気工事士の資格を取得すれば転職できます。

正確には、電気工事士の資格がなくても転職できますが、実際に電気工事をするには電気工事士の資格が必要です。

電気工事士の試験については、電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツにまとめています。

電気主任技術者に転職できる?

電気主任技術者の資格を取得すれば転職できます。

ただし、電気主任技術者の試験は、電気資格の最難関といわれています。

しっかりと勉強しましょう。

電気主任技術者については、電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツにまとめています。

最後にもう一度、電気工事施工管理を辞めたいときにやるべき11のことをまとめておきます。

やるべきこと

  1. 今の会社がきついだけじゃないかチェック
  2. 本当に辞めるしかないのか考える
  3. やりがいや始めた理由を思い出す
  4. 施工管理に向いているかチェック
  5. 信頼できる上司に相談する
  6. 施工管理以外の信頼できる人に相談する
  7. 異動願いを出す
  8. 休職する
  9. 貯金額をチェックする
  10. 転職活動を始める
  11. 任された仕事をやり遂げる

くりかえしですが「今の会社は辞めたいけど、電気施工管理の経験を活かしたい…」という人は、別の会社で電気施工管理を続けることも検討しましょう。

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の転職サポートをしています。

今より働きやすい電気施工管理の会社もチェックしてみてください。

退職は重要な決断なので、しっかりと考えていきましょう。

今後の仕事の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解説】

    ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解説】

  2. サブコンの施工管理に転職する方法

    サブコンの施工管理に転職する方法|きついと言われる3つの理由

  3. 未経験で通信設備の施工管理に転職するときのコツ3選【失敗を防ぐ】

    未経験で通信設備の施工管理に転職するときのコツ3選【失敗を防ぐ】

  4. 電気工事施工管理技士と電気主任技術者(電験)の違い|両方取得するメリット

    電気工事施工管理技士と電気主任技術者(電験)の違い|両方取得するメリット

  5. 設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    設備施工管理の6つの仕事内容|きついところや激務の感じも解説

  6. 消防設備の施工管理のきついところ3選!やりがいや魅力3選も解説

    消防設備の施工管理のきついところ3選!やりがいや魅力3選も解説

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 電験3種のおすすめアプリ7選|参考書+過去問題集+YouTubeも紹介

    電験3種のおすすめアプリ7選|参考書+過去問題集+Y…

  2. 上下水道工事の資格一覧7選と試験の難易度|実務経験なしで受験できる資格アリ

    上下水道工事の資格一覧7選と試験の難易度|実務経験…

  3. 消防設備士試験の勉強におすすめのアプリ12選|勉強のコツも解説

    消防設備士試験の勉強におすすめのアプリ12選|勉強…

  4. 資格なしでも電気通信工事の仕事に転職できる|おすすめ資格4選

    資格なしでも電気通信工事の仕事に転職できる|おす…

  5. 電気資格で一番合格率が低くて難しいのは電気電子部門の技術士

    電気資格で一番合格率が低くて難しいのは電気電子部…

  1. 電球

    2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度!勉…

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難…

  4. 管工事

    2級管工事施工管理技士の合格率から見る難易度!勉強…

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な…

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト