電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】
施工管理
施工管理
電気施工管理から転職するとき、おすすめの転職先を知りたいな。

今の仕事がキツすぎて、もう辞めたいんだよね…

 

でも、次にどんな仕事をすればいいかわからない。

本当に辞めて大丈夫かも心配なんだよね…

あと、転職活動のやり方とかも知りたいな。

こういった疑問や要望に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 電気施工管理におすすめの転職先がわかる
  • 本当に電気施工管理から転職していいかわかる
  • 転職活動の手順がわかる

 

今の会社があまりにキツすぎて、転職したい電気施工管理の人向けの記事です。

どうしても辞めたいなら、辞めていいと思いますよ。

他にも転職先はたくさんあるので。

 

施工管理がすべてじゃないので、他の職種・他の業界に転職してもいいと思います。

あなたの人生ですからね、後悔のないように生きましょう。

この記事を読むことで、次の生き方が見えてきますよ。

電気施工管理におすすめの転職先9選

電気施工管理におすすめの転職先9選

結論、電気施工管理を辞めた後、おすすめの転職先は下記の9つです。

  1. 公務員
  2. 極端に忙しくない会社
  3. 技術者派遣の電気施工管理
  4. ビルメンテナンスの会社
  5. 設計事務所
  6. CADオペレーター
  7. 電気工事士
  8. 電気系の営業職
  9. 学校の先生

 

1つずつ解説しますね。

 

①公務員

公務員はけっこうおすすめです。

電気の施工管理の募集があるから。

自治体によっては、公務員試験がないところもあるので、あなたのお住まいの地域の募集を見てみましょう。

メリットデメリットは下記のとおりです。

  • メリット:終身雇用で安定
  • デメリット:意外と激務

 

公務員の施工管理は、けっこう激務な部署もあるので要注意。

「公務員=定時に帰れる」というイメージとは程遠いこともあるので、転職前にチェックしておきましょう。

※夜遅くに役所に行って、電気がついてないかチェックすればOKです。

 

②極端に忙しくない会社

シンプルに、今より忙しくない会社に転職もアリですね。

辞めたい理由が「激務」なら、忙しくない会社に転職すれば問題解決だから。

具体的には、下記のような方法で激務度を下げられる可能性があります。

  1. 小規模な会社に転職
  2. 地方の会社に転職
  3. 技術者派遣に転職

 

メリットデメリットは下記のとおりです。

  • メリット:激務から解放
  • デメリット:年収が下がるかも

 

今より忙しくない施工管理への転職のコツは、施工管理(現場監督)の転職先の会社選びのコツ【転職活動方法も解説】を参考にどうぞ。

 

③技術者派遣の電気施工管理

技術者派遣だと、あなたの要望をちょっと聞いてくれるから。

そもそも「技術者派遣」とは、技術者派遣の会社の正社員で雇用されて、働くのは派遣先の現場というイメージ。

一応最初に「派遣先の希望」を聞いてくれるので、あなたのライフスタイルに合わせて働ける可能性もあります。

※100%ではありませんが。

 

メリットデメリットは下記です。

メリット デメリット
希望に合った働き方ができるかも

時給制なのでサービス残業がない

大手ゼネコンの社員よりは年収が低い

施工管理の派遣については、施工管理の派遣で働くメリットは?にまとめています。

 

④ビルメンテナンスの会社

ビルメンテナンスの会社がおすすめの理由は、電気施工管理の経験を活かせるから。

例えば、工事が必要な場合は、施工管理時代の知識と経験が使えます。

  • メリット:激務からの解放
  • デメリット:年収が下がるかも

 

もし転職するなら、できれば「ビル管理士」の資格があるとベター。

転職がかなり有利になります。

ビル管理士については、建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度を参考にどうぞ。

 

⑤設計事務所

おすすめの理由は、設計の経験を活かせるから。

細かくやってきた設計スキルは、設計事務所でも使えます。

  • メリット:今までの経験を活かせる
  • デメリット:新しく覚えることが多い

 

設計事務所の設計はもっと大きな部分だったりするので、管理時代の設計とは部分が違うイメージですね。

なので、新しく覚えなければいけないこともあります。

 

⑥CADオペレーター

こちらも、設計の経験を活かせるから。

CADオペレーターは「設計補助」なので、建築士のイメージをCADに反映させるのが仕事です。

CADスキルもそのまま使えるので、割と入っていきやすいかと。

メリット デメリット
今までの経験を活かせる 年収は確実に下がる

男性が少ない

年収が大きく下がるのが、最大のデメリットです。

詳しくは、CADオペレーターの平均年収・給料【年収を上げる方法も解説】をどうぞ。

また、女性メインの仕事なので、男性はちょっと肩身がせまいかも。

 

⑦電気工事士

おすすめの理由は、同じ電気のジャンルなので働きやすいから。

すでに電気工事士の資格をもってる人なら、選択肢に入れてもいいかもですね。

  • メリット:知識を活かせる
  • デメリット:肉体労働がメイン

 

ご存知のとおり大変な仕事なので、判断は慎重に。

参考:電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

 

⑧電気系の営業職

営業職も、今まで覚えた知識を使えるのでおすすめ。

具体的には、下記のような営業があります。

  • 電気メーカー営業
  • 電気設備会社の営業

 

メリットデメリットは下記です。

  • メリット:知識を活かしてスーツで働ける
  • デメリット:ノルマがある

 

営業職にノルマはつきものなので、コミュニケーションスキルが不安なら辞めといた方がいいかも。

参考:建設営業マンの仕事内容や5つのつらいところ【志望動機の例文も紹介】

 

⑨学校の先生

電気系の学校の先生もアリかなと。

今までの知識を活かせるから。

具体的には、専門学校の先生などですね。

メリット デメリット
知識を活かせる 募集が少ない

年収が下がる

年収ダウンは必須ですね。

少子化の時代なので、学校はあまり儲からないからです。

 

【番外編】まったく違う仕事がいいならIT系がおすすめ

電気とまったく関係ない仕事がいいなら、IT業界がおすすめです。

IT業界は今後も伸びていくから。

下記の職種は、未経験でも始めやすいです。

※ただし、プログラミングスクールで勉強してからの方がいいです。

  1. プログラマー
  2. Webデザイナー
  3. インフラエンジニア

 

でも、まったく新しいことに挑戦するのが嫌なら、やめておきましょう。

 

電気施工管理を辞めても後悔しません【また戻れるから】

電気施工管理を辞めても後悔しません【また戻れるから】

考える男性
考える男性
ちょっと心配なのが、電気施工管理を辞めて、本当に大丈夫なのかってことなんだよね…

後悔しないかな…?

結論、電気施工管理を辞めても後悔しないので大丈夫。

なぜなら、電気施工管理は人手不足なので、また戻ってこれるからです。

 

施工管理人材はいつも人手不足です

現場の肌感覚でわかると思いますが、施工管理は人手不足です。

若手は入ってこないし、団塊の世代は引退するから。

なので、「電気施工管理の経験者」というだけで、すぐに戻れる可能性大。

下手すると、引く手あまたです。

 

ということで、一度他の転職してみるのはいいと思いますよ。

他の仕事を経験してみて、やっぱり電気施工管理の方がいいと思えば、また戻ってくればいいだけです。

人生は長いので、いろんな仕事を経験してみましょう。

参考:施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

 

転職活動の手順を解説【施工管理の転職のコツがわかる】

転職活動の手順を解説【施工管理の転職のコツがわかる】

考える男性
考える男性
転職活動って、どうやればいいの?

施工管理ならではの、転職活動のコツとかある?

結論、転職活動の手順は下記のとおり。

  1. 求人情報を見て目星をつける
  2. 貯金があるならまず辞める
  3. 転職活動を始める

 

1つずつ解説しますね。

 

①求人情報を見て目星をつける

まずは求人情報をながめて、転職先の目星をつけましょう。

転職のイメージが湧くので。

求人サイトとかでOKですよ。

 

ちなみに弊社メルマガでも、電気系技術者向けの優良求人を配信しています。

メルマガ会員しか見れない掘り出し物の求人情報もあるので、転職に失敗したくない人はメルマガ登録をどうぞ。

メルマガ

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、電気系技術者向けの優良求人の情報を掲載しています。

情報収集にチェックしてみてください。

 

②貯金があるならまず辞める【ちょっと休むのも大事】

向こう3ヶ月分以上の生活費の貯金があるなら、先に辞めてもOKです。

施工管理は忙しすぎて、在職中の転職活動ができないから。

普通の転職は在職中に行うものですが、この常識は施工管理の世界では通用しません。

まず辞めてから、転職活動に集中しましょう。

 

とはいっても24時間ずっと転職活動してるわけじゃないので、大人の夏休みだと思って少し休むのも大事です。

退職のタイミングは、現場が終わるタイミングです。

ギリギリだと辞められないので、転職の意思を決めたらすぐに退職を申し出ましょう。

「この現場を最後に退職します」と、キッパリ言い続けるのがコツ。

 

キッパリした態度じゃないと、引き留めにあって辞められない危険性ありです。

辞め方は、施工管理(現場監督)を辞めたい場合の退職方法【辞めた後の転職先】にまとめたのでどうぞ。

 

③転職活動を始める

転職活動は、下記の手順でOKです。

※知ってるかもですが。

  1. 求人に応募(履歴書と職務経歴書を送る)
  2. 面接
  3. 内定

 

内定をもらうポイントは下記の3つですね。

  1. 履歴書
  2. 職務経歴書
  3. 面接

 

自信がないなら転職エージェントに相談してもいいかと。

彼らは転職のプロなので。

そもそもあなたが転職のプロになる必要はないので、餅は餅屋に任せると楽です。

 

まとめ【電気施工管理におすすめの転職先は9つ。さっそく行動開始】

まとめ【電気施工管理におすすめの転職先は9つ。さっそく行動開始】

ということで、本気で転職したいなら、さっそく転職活動を始めましょう。

ズルズル引き伸ばすと、次の現場が決まって退職できなくなります。

 

行動すべきは今日でして、できることからでいいので今日から動きましょう。

今日から行動すれば、1日も早く辞められて、人生が変わりますよ。

まずは求人情報でも眺めてみましょう。

 

前述のとおり、弊社メルマガでも電気系技術者向けの優良な求人情報を配信してます。

少しでも良い求人情報を集めたい人は、メルマガ登録をどうぞ。

 

また、弊社の求人サイト「SAN-SUKE」でも、電気系技術者向けの優良求人の情報を掲載しています。

転職の情報収集になるかなと。

 

電気施工管理におすすめの転職先は、下記の9つです。

  1. 公務員
  2. 極端に忙しくない会社
  3. 技術者派遣の電気施工管理
  4. ビルメンテナンスの会社
  5. 設計事務所
  6. CADオペレーター
  7. 電気工事士
  8. 電気系の営業職
  9. 学校の先生

 

施工管理の経験を活かしたいなら、下記の2つが良いかと。

  1. 極端に忙しくない会社
  2. 技術者派遣の電気施工管理

 

詳しいノウハウは、下記の記事にまとめたのでどうぞ。

 

あとは行動あるのみ。

行動して、人生を変えていきましょう。

関連記事

  1. 電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説します】

    電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説します】

  2. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

  3. 電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

    電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

  4. LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

    LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

  5. 分電盤

    分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

  6. コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

    コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

  1. CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    2021.09.12

  2. 高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    2021.09.11

  3. 浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】

    浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】

    2021.09.08

  4. 自動ドア施工技能士の試験情報を解説【過去問メインで勉強しよう】

    自動ドア施工技能士の試験情報を解説【過去問メインで勉強しよう】

    2021.08.08

  5. 空調給排水管理監督者を取得する方法【講習会1日目の夜に勉強しよう】

    空調給排水管理監督者を取得する方法【講習会1日目の夜に勉強しよう…

    2021.08.07

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト