ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解説】

ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解説】
考える男性
考える男性
ガスの施工管理について知りたいな。

具体的にどんな仕事するの?

 

でも、激務だったらどうしよう…

自分にやっていけるかな…?

やりがいとかも教えてほしい。

 

あと、未経験で就職する方法も知りたいな。

何か資格はいるの?

こういった疑問や不安に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • ガスの施工管理の仕事内容がわかる
  • ガスの施工管理は激務なのかわかる
  • ガスの施工管理のやりがいがわかる
  • ガスの施工管理に向いてる人の特徴がわかる
  • ガスの施工管理に就職・転職する方法がわかる
  • ガスの施工管理でいずれ取得したい資格がわかる

 

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験で施工管理に就職・転職したい人を募集しています。

この記事では、ガスの施工管理について詳しく解説します。

もちろん仕事である以上は大変なこともありますが、やりがいも大きい仕事です。

未経験で就職・転職するときに失敗しにくいコツも紹介しますね。

あなたがガスの施工管理に向いてるかもわかるので、失敗したくない人は最後まで読んでみてください!

ガスの施工管理の仕事内容

ガスの施工管理の仕事内容

考える男性
考える男性
ガスの施工管理って、どんな仕事するの?

あくまで一例ですが、下記のような工事を行います。

  • ガス管の設置工事
  • ガス管の取り替え工事
  • 工場のガス設備の工事
  • ガスを使った空調機器の設置工事など

 

具体的な業務内容は下記のとおり。

  • 工事の計画を立てる
  • 工事のスケジュール管理
  • 工事の品質を管理する
  • 工事現場の安全を確保する
  • 工事の図面(施工図)を作成する
  • 現場を写真撮影して記録をとる
  • 利益が出るようにお金を管理する
  • 現場の職人さんを取りまとめる
  • 近隣へのあいさつ
  • 朝礼などで工事の説明
  • 工事に必要な部材の調達
  • お客様やガス会社との打ち合わせなど

 

けっこう幅広い業務を行います。

ただし、最初からこんなにたくさんの業務をするわけじゃないので安心してください。

簡単な業務から始めて、徐々に慣れていくイメージです。

新人さんの仕事内容は後述します。

ちなみに、施工管理の仕事内容については、施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】でも解説してます。

 

ガス+土木の知識が必要な会社もある

会社によっては、土木の知識も必要です。

※「土木」とは地面の工事のこと。

都市ガスの場合、地中に埋まっているガス管の工事もあるから。

土木施工管理の知識も必要な会社もあるでしょう。

土木施工管理については、土木施工管理のきついところ5選【できるだけキツくない会社の選び方】に詳しくまとめてます。

 

プラント工事もある【工場のガス設備】

これも会社によりますが、工場(プラント)のガス設備工事もあります。

主なプラントの種類は下記のとおり。

  • 化学工場
  • 食品工場
  • 建設プラント(電気系・機械系)
  • 環境プラント(下水処理場の建設・廃棄物処理場の建設・自然エネルギーの発電施設)

 

特殊な知識が必要になることもあります。

ちなみにプラント施工管理については、プラント施工管理の仕事内容【激務なのかや、転職に有利な資格も紹介】を参考にどうぞ。

 

ガス工事は危険を伴う【正しい知識が必要】

ガスは取り扱いを誤ると爆発する危険があります。

もし事故が起きれば、作業員さんがケガをしてしまうこともあるでしょう。

作業員さんが安全に働ける環境を作るのも施工管理の仕事なので、正しいの知識が必要です。

継続的な勉強をしていきましょう。

 

ガスは緊急工事もある

ガスは必要不可欠な社会インフラなので、トラブル時はすぐに工事が必要です。

例えば、災害発生時などは迅速な復旧工事が求められます。

緊急時は忙しいこともあると知っておきましょう。

 

ガス施工管理の1日のスケジュール例

考える男性
考える男性
ガスの施工管理って、どんな1日を送るの?

会社や現場にもよりますが、例えば下記のイメージです。

  • 7:00:出勤、朝礼の準備
  • 8:00:朝礼
  • 8:30:工事スタート、巡回、写真撮影、職人さんへの指示
  • 12:00:昼休憩
  • 13:00:昼礼、打ち合わせ、巡回、事務作業
  • 17:30:工事終了、事務所で事務作業
  • 20:00:仕事終了、退勤

 

また、複数の現場を掛け持ちする場合はこんな感じ。

  • 7:00:出勤、朝礼の準備
  • 8:00:朝礼
  • 8:30:工事スタート、巡回、職人さんへの指示
  • 10:00:別の現場へ移動、巡回、職人さんへの指示
  • 12:00:昼休憩
  • 13:00:別の現場へ移動、巡回、職人さんへの指示
  • 15:00:別の現場へ移動、巡回、職人さんへの指示
  • 17:30:工事終了、事務所で事務作業
  • 20:00:仕事終了、退勤

 

施工管理のスケジュールについては、施工管理(現場監督)の1日のスケジュール【具体的な仕事内容も解説】も参考にどうぞ。

 

【参考】新人のガス施工管理の仕事内容

考える男性
考える男性
ちなみに、新人のうちはどんな仕事するの?

最初は下記のように、簡単な仕事から始めます。

  • 写真撮影
  • 現場の掃除
  • 朝礼の準備
  • 飲み物の準備
  • 簡単な事務作業など

 

新人さんの仕事内容については、現場監督(施工管理)1年目の新人の仕事内容9選【未経験者は研修が命】も参考にしてみてください。

 

ガスの施工管理は激務なのか?【結論:会社による】

ガスの施工管理は激務なのか?【結論:会社による】

考える男性
考える男性
ガスの施工管理は激務って聞いたけど、ホントなの?

あまりにキツいならやめておこうかな…

結論、激務かどうかは会社によります。

忙しい会社もありますし、そこまで忙しすぎない会社もあります。

激務を避けたい場合は、あまり忙しすぎない会社を選びましょう。

未経験の就職・転職に失敗しないコツは後述します。

 

ガス施工管理は複数の現場を掛け持つこともある

ガス工事は小規模な現場もあるため、1人の施工管理が複数の現場を担当することもあります。

あまりに担当現場が多いと、忙しくなることもあるでしょう。

この辺も会社によるので、面接で「現場の掛け持ちはあるのか?」「いくつくらいの現場を掛け持つのか」などを聞いてみましょう。

 

働き方改革が進んでいるので今後はもっと働きやすくなるかも

ガス工事を含み、建設業界では働き方改革が進んでいるため、今後はもっと働きやすくなると考えられます。

具体的には、下記が徹底されるイメージです。

  • 週休2日制の導入
  • 残業時間に上限が設定される

 

中には「週休1日」「残業時間に上限がない」という会社もあります。

プライベートを確保したい場合は、働き方改革に取り組んでいる会社を選ぶのがおすすめです。

建設業界の働き方改革の詳細は、2024年目標の建設業界の働き方改革【無理という声もあるがやるしかない】にまとめています。

 

ガスの施工管理のやりがい4選

ガスの施工管理のやりがい4選

考える男性
考える男性
ガス施工管理のやりがいも知りたいな。

結論、代表的なやりがいは下記の4つです。

  1. スキルアップすると給料が高い:技術職だから
  2. チームリーダーとして働ける:施工管理=現場監督だから
  3. 社会の役に立てる仕事:ガスは必要不可欠なインフラだから
  4. 今後も仕事が安定している:ガスがなくなることは考えにくいから

 

手に職がつく仕事なので、終身雇用が崩壊しつつある現代に合っているかもしれません。

施工管理のやりがいは、施工管理(現場監督)のやりがいや魅力9選【未経験から始める方法】にもまとめたので参考にどうぞ。

 

【適性診断】ガスの施工管理に向いてる人の特徴10選

【適性診断】ガスの施工管理に向いてる人の特徴10選

考える男性
考える男性
そもそも、僕はガスの施工管理に向いてるのかな?

興味はあるけど、向いてなかったら大変だよね…

結論、ガスの施工管理に向いてる人の特徴は下記の10個です。

多く当てはまるほど向いています。

  1. 気配りができる
  2. 整理整頓できる
  3. 危険予測ができる
  4. 勉強し続けられる
  5. リーダーシップがある
  6. 臨機応変に対応できる
  7. マルチタスクができる
  8. 細かいことに気がつく
  9. スケジュール管理できる
  10. コミュニケーション能力がある

 

あなたはいくつ当てはまりましたか?

ちなみに施工管理の適性診断は、施工管理に向いてる人の特徴30選【未経験で就職する方法も解説】にもまとめたので参考にどうぞ。

 

未経験でガスの施工管理に就職・転職する方法【失敗しにくいコツ】

未経験でガスの施工管理に就職・転職する方法【失敗しにくいコツ】

考える男性
考える男性
ガスの施工管理に就職するにはどうすればいいの?

未経験だからよくワカラナイ…

失敗したくないなぁ…

未経験でガスの施工管理に就職・転職するとき失敗しないコツは、応募する会社の研修制度を重視することです。

研修がしっかりしていれば、スムーズに施工管理の仕事を始められるから。

給料や福利厚生がどんなによくても、仕事の仕方がわからなければ続けられませんよね。

最初でつまづいてしまうと苦手意識をもってしまうので、短期離職してしまうことも…

短期離職すれば、次の転職が不利になってしまいます。

こうした失敗を防ぐためにも、研修制度を重視しましょう。

できれば、2ヶ月以上の新人研修がある会社だと安心です。

 

【ちょっと宣伝】ワット・コンサルティングでも未経験者を募集中

冒頭でもお伝えしましたが、私たちワット・コンサルティングは施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験からガスの施工管理に就職・転職したい人を募集しています。

考える男性
考える男性
「技術者派遣」って何?

技術者派遣とは、技術者派遣の会社の正社員で採用されて、他社の現場で働くスタイルです。

※「派遣」とありますが、正社員なので安心してください。

技術者派遣の施工管理

技術者派遣のメリットは、サービス残業がないこと。

派遣先の企業ときちんと契約しているため、残業代はしっかりもらえます。

※技術者派遣のメリットは、施工管理の派遣で働くメリットは?も参考にどうぞ。

 

ワット・コンサルティングの強みは下記の4つです。

  • 約2ヶ月の研修で施工管理の基礎をしっかり学べる(業界トップクラス)
  • 1500名以上の未経験者を研修してきた実績あり
  • 研修期間中もお給料をもらえる
  • 定着率83.2%なので施工管理の就職・転職に失敗しにくい(定着率も業界トップクラス)

 

「きちんと基礎を学んでから働きたい!」という人に合っていると思います。

会社説明会があるので、就職・転職の情報収集に活用してみてください。

 

未経験でガスの施工管理に就職・転職するときに資格は必要ない

考える男性
考える男性
就職する前に、何か取得しておいた方がいい資格ってある?

結論、資格は不要です。

なぜなら、施工管理は無資格でも働ける仕事だから。

資格については後述しますが、働きながら取得していけばOKです。

受験資格に実務経験が必要な資格も多いので、まずは実務経験を積みましょう。

この辺は、現場監督(施工管理)は資格なしでも働ける【ブラックを避ける方法】も参考にどうぞ。

 

ガスの施工管理でいずれ取得したい資格5選

ガスの施工管理でいずれ取得したい資格5選

考える男性
考える男性
最初は資格がいらないのはわかったけど、今後はどんな資格を取っていけばいいの?

将来のイメージのために知っておきたい。

いずれ、下記のような資格を取得していけばOKです。

  • 管工事施工管理技士:ガス管など管工事に使える施工管理の国家資格
  • 土木施工管理技士:地中のガス管工事などの施工管理に使える国家資格
  • ガス主任技術者:ガス工事の保安監督の国家資格
  • 高圧ガス製造保安責任者:高圧ガス工事などの保安監督の国家資格
  • ガス消費機器設置工事監督者:ガス設備の工事や監督をする国家資格

 

特に管工事施工管理技士・土木施工管理技士・ガス主任技術者は、主任技術者や監理技術者になれるのでおすすめです。

主任技術者と監理技術者は、現場に配置しなければいけない資格者のこと。

会社は主任技術者と監理技術者がいないと工事を受注できないので、かなり重宝されます。

役割 資格
主任技術者 現場の責任者 2級管工事施工管理技士

2級土木施工管理技士

ガス主任技術者

監理技術者 大規模現場の責任者

(下請に出す工事の総額が4000万円以上、建築一式工事の総額が6000万円以上)

1級管工事施工管理技士

1級土木施工管理技士

5つの資格については下記の記事にまとめたので、参考までにどうぞ。

 

まとめ【ガスの施工管理に向いてそうなら就職・転職してみよう】

まとめ【ガスの施工管理に向いてそうなら就職・転職してみよう】

最後にもう一度、ガスの施工管理に向いてる人の特徴をまとめておきます。

  1. 気配りができる
  2. 整理整頓できる
  3. 危険予測ができる
  4. 勉強し続けられる
  5. リーダーシップがある
  6. 臨機応変に対応できる
  7. マルチタスクができる
  8. 細かいことに気がつく
  9. スケジュール管理できる
  10. コミュニケーション能力がある

 

当てはまるものが多いなら、就職・転職に向けて動き出しましょう。

まずは、企業情報を集めればOKです。

良さそうな会社があれば、詳しく話を聞いてみてください。

特に、研修制度を重視すると失敗を防ぎやすいですよ。

 

くりかえしですが、私たちワット・コンサルティングでも、未経験からガスの施工管理に就職・転職したい人を募集しています。

会社説明会があるので、情報収集に活用してみてください。

あなたの就職・転職の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 設備施工管理の年収は500万円くらい【年収アップの3つのコツも解説】

    設備施工管理の年収は500万円くらい【年収アップの3つのコツも解説】

  2. 電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

  3. 電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

  4. エレベーターの施工管理の基礎知識【工事で注意すべき点も紹介】

    エレベーターの施工管理の基礎知識【工事で注意すべき点も紹介】

  5. 設備施工管理はやめとけと言われる3つの理由【メリットも3つ紹介】

    設備施工管理はやめとけと言われる3つの理由【メリットも3つ紹介】

  6. 電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】

    電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 電気通信主任技術者と工事担任者の違い【目的別のおすすめ資格】

    電気通信主任技術者と工事担任者の違い【目的別のおすすめ資格】

    2022.09.12

  2. 電気通信工事施工管理技士の1級と2級の違い【取得するメリットも解説】

    電気通信工事施工管理技士の1級と2級の違い【取得するメリットも解…

    2022.09.12

  3. 【例文あり】設備設計の志望動機の型【面接でツッコまれないコツ】

    【例文あり】設備設計の志望動機の型【面接でツッコまれないコツ】

    2022.09.12

  4. ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解説】

    ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解…

    2022.08.18

  5. 防水施工管理技術者とは【防水工事の施工管理スキルを証明できる資格】

    防水施工管理技術者とは【防水工事の施工管理スキルを証明できる資…

    2022.08.18

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解…

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト