1級・2級・3級の配管技能士の試験内容【参考書や過去問の勉強方法】

考える男性
考える男性
配管技能士に興味があるんだけど、どんな試験なんだろう?

どうやって勉強すればいいのかな?

資格を取りたいしキャリアアップしたい。

配管技能士以外に取得しといた方がいい資格も知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 配管技能士とはどんな資格かわかる
  • 配管技能士試験の内容がわかる
  • 配管技能士の勉強方法がわかる
  • 配管技能士と併せて取得した方がいい資格がわかる

 

配管技能士は、下記のような配管工事の技能を証明する国家資格です。

  • 給水管
  • 排水管
  • ガス管
  • 空気清浄装置
  • 冷暖房の換気設備

 

配管工としてキャリアアップしていくなら、必ず取得しておきたい資格の1つです。

試験内容や勉強方法もまとめたので、参考にしてみてください。

また、配管技能士以外に取得しておきたい資格もまとめたので、キャリアアップの参考にどうぞ。

配管技能士とは【配管工の技能を証明する資格】

配管技能士とは【配管工の技能を証明する資格】

配管技能士を簡単にいうと、配管工の技能を証明する資格です。

技術を客観的に計れる証明としては、配管技能士が良いでしょう。

 

配管技能士の仕事内容

配管技能士(配管工)の主な仕事内容は、下記の3つがあります。

  1. 配管工事
  2. エアコンの設置
  3. トイレ・風呂・キッチン・洗面台の設置

 

さらに詳細な仕事内容は下記のとおり。

  • 配管を現場に搬入
  • 配管の長さや角度を計算・計画
  • 設置する場所の採寸
  • 配管の切断や溶接・ねじ込み
  • 配管をつなぎ合わせる

 

また、一口に「配管工」といっても、下記の5種類があります。

  1. 衛生配管工:給水管、排水管、トイレ、風呂、洗面台、キッチンなどの工事
  2. ガス配管工:ガス管や病院の酸素・窒素・笑気などの工事
  3. プラント配管工:工場の薬品などの配管工事
  4. 防災設備の配管工:スプリンクラーなど防災設備の工事
  5. 空調配管工:冷暖房、冷凍機、ボイラー、エアコンなど空調配管の工事

 

配管工の仕事内容の詳細は、配管工の仕事内容を解説【就職・転職する方法も紹介】にまとめたので参考にどうぞ。

 

配管技能士を取得する3つのメリット

配管技能士を取得するメリットは、下記の3つです。

  1. 昇給
  2. 昇進
  3. 転職が有利になる

 

結論、キャリアアップには有益な資格なので、必ず取得しておきましょう。

 

配管技能士の試験内容【1級・2級・3級がある】

配管技能士の試験内容【1級・2級・3級がある】

考える男性
考える男性
配管技能士の試験って、どんな感じなの?

それでは、配管技能士試験の内容を解説していきます。

配管技能士には1級・2級・3級があり、1級が最上位資格です。

1級の配管技能士をもっていると「優れた技術者」であることを証明できます。

下記を1つずつ解説するので、参考にしてみてください。

  • 1級・2級・3級の受験資格
  • 試験問題の内容
  • 合格率
  • 合格基準
  • 免除制度
  • 試験情報

 

配管技能士の受験資格

配管技能士の受験資格は、1級・2級・3級で違います。

それぞれ解説します。

参考:厚生労働省

 

1級配管技能士の受験資格

※スマホを横にした方が見やすいです。

条件 実務経験年数
実務経験のみ 2級合格者 3級合格者
実務経験のみ 7年以上 2年以上 4年以上
専門卒、専修学校(大学入学資格付与課程)卒 6年以上 2年以上 4年以上
短大卒、高専卒、高校専攻科卒、専修学校(大学編入資格付与課程)卒 5年以上 2年以上 4年以上
大卒、専修学校(大学院入学資格付与課程)卒 4年以上 2年以上 4年以上
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、800h以上 6年以上 2年以上 4年以上
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、1600h以上 5年以上 2年以上 4年以上
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、3200h以上 4年以上 2年以上 4年以上
短期課程の普通職業訓練修了、700h以上 6年以上 2年以上 4年以上
普通課程の普通職業訓練修了、2800h未満 5年以上 2年以上 4年以上
普通課程の普通職業訓練修了、2800h以上 4年以上 2年以上 4年以上
専門課程、特定専門課程の高度職業訓練修了 3年以上 1年以上 2年以上
応用課程、特定応用課程の高度職業訓練修了 1年以上 1年以上 1年以上
長期課程、短期養成課程の指導員養成訓練修了 1年以上 1年以上 1年以上
職業訓練指導員免許取得 1年以上 1年以上 1年以上
長期養成課程の指導員養成訓練修了 0年 0年 0年

 

2級配管技能士の受験資格

※スマホを横にした方が見やすいです。

条件 実務経験年数
実務経験のみ 3級合格者
実務経験のみ 2年以上 0年
専門卒 0年 0年
短大卒、高専卒、高校専攻科卒 0年 0年
大卒、専修学校卒 0年 0年
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、800h以上 0年 0年
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、1600h以上 0年 0年
厚生労働大臣が指定した専修学校、各種学校卒、3200h以上 0年 0年
短期課程の普通職業訓練修了、700h以上 0年 0年
普通課程の普通職業訓練修了、2800h未満 0年 0年
普通課程の普通職業訓練修了、2800h以上 0年 0年
専門課程、特定専門課程の高度職業訓練修了 0年 0年
応用課程、特定応用課程の高度職業訓練修了 0年 0年
長期課程、短期養成課程の指導員養成訓練修了 0年 0年
職業訓練指導員免許取得
長期養成課程の指導員養成訓練修了 0年 0年

 

3級配管技能士の受験資格

3級配管技能士は誰でも受験できます。

1級と2級の受験資格を満たしていない人は、まず3級から取得しましょう。

1級や2級を受験できるまでの期間を短縮できます。

 

配管技能士の試験問題【学科・実技・ペーパーテストあり】

配管技能士の試験問題は、大きく分けると下記の2種類があります。

  1. 学科試験
  2. 実技試験

 

学科試験の内容は下記のとおり。

問題形式 試験時間
1級 ◯×問題、四肢択一式、50問 1時間40分
2級 ◯×問題、四肢択一式、50問 1時間40分
3級 ◯×問題、30問 1時間

実技試験は、下記の2種類があります。※3級は作業試験のみ。

  1. 作業試験
  2. ペーパー試験

 

学科試験・実技試験共に下記の選択問題があり、どちらか1つを受けます。

  • 建築配管作業
  • プラント配管作業

 

それでは、1級・2級・3級の試験問題を詳しく解説します。

 

1級配管技能士の試験問題

まずは学科試験の問題から。

科目 内容
施工法一般 配管工事に使用する器工具、機械の種類、用途や使用方法

管の加工

管施設の機能試験

管の被覆や塗装

溶接作業

流体の基礎理論

材料 配管用材料の種類、規格、性質や用途

関連工事用材料の種類、性質や用途

製図 図示法や材料記号
関係法規 消防法関係法令

建築基準法関係法令

高圧ガス保安法関係法令

ガス事業法関係法令

水道法関係法令

下水道法関係法令

電気事業法関係法令

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律関係法令

廃棄物の処理及び清掃に関する法律関係法令及び特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する関係法令のうち、配管工事に関する部分

安全衛生 安全衛生に関する詳細な知識
建築配管施工法 施工方法

施工計画

配管に生ずる欠陥の種類と原因、その防止方法と補修方法

関連設備に使用する装置、機械と器具の種類や用途

建築構造の種類や特徴

建築部分の主要部分の種類や構造

日本工業規格の建築製図通則に定める表示記号

プラント配管施工法 施工方法や管の加工

プラント配管用材料の種類、規格、性質や用途

金属材料の熱処理

溶接部の非破壊検査の方法

施工計画

配管に生ずる欠陥の種類や原因、防止方法と補修方法

関連設備と関連設備の種類、構造や機能

プラントを構成する設備や装置の種類や特徴

※建築配管施工法かプラント配管施工法を選択します。

前述のとおり実技試験は下記の2つがあり、それぞれ作業試験とペーパーテストがあります。

  1. 建築配管作業
  2. プラント配管作業

 

まず、建築配管作業の試験問題は下記のとおり。

  • 配管施工図の作成
  • 型取り
  • 材料取り
  • 管の加工
  • 配管と機器類の取り付け
  • 管施設の調整
  • 工数見積り

 

作業試験とペーパーテストの内容は下記です。

作業試験 給水配管図を見ながら、エルボ、チーズ等の管継手を使って配管用炭素鋼鋼管、塩化ビニル管や銅管の組立て
ペーパーテスト 配管図から材料を拾い出して、材料表を作る

続いて、プラント配管作業の試験は下記のとおり。

  • 配管施工図の作成
  • 型取り
  • 材料取り
  • 管の加工
  • 配管及び配管用附属品の取付け
  • 管施設の調整
  • 工数見積り

 

作業試験とペーパーテストの内容は下記です。

作業試験 圧力配管用炭素鋼鋼管(3B)か硬質塩化ビニル管等をエルボ、フランジなどの管継手で組み立て、アーク溶接の仮付けか接着でプラント配管系統の一部を作る
ペーパーテスト アイソメ図の作成や作業手順、スプール図での日数、工数などの見積り

 

2級配管技能士の試験問題

まずは学科試験の問題から。

科目 内容
施工法一般 配管工事に使用する器工具や機械の種類、用途や使用方法

管の加工

管施設の機能試験

管の被覆及び塗装

溶接作業

流体の基礎理論

材料 配管用材料の種類、規格、性質や用途

関連工事用材料の種類、性質や用途

製図 図示法と材料記号
関係法規 消防法関係法令

建築基準法関係法令

高圧ガス保安法関係法令

ガス事業法関係法令

水道法関係法令

下水道法関係法令

電気事業法関係法令

液化石油ガスの保安の確保及び取引の適正化に関する法律関係法令

廃棄物の処理及び清掃に関する法律関係法令及び特定製品に係るフロン類の回収及び破壊の実施の確保等に関する関係法令のうち、配管工事に関する部分

安全衛生 安全衛生に関する詳細な知識
建築配管施工法 施工方法

配管に生ずる欠陥の種類と原因、その防止方法や補修方法

関連設備に使用する装置、機械や器具の種類や用途

建築構造の種類や特徴

建築部分の主要部分の種類や構造

日本工業規格の建築製図通則に定める表示記号

プラント配管施工法 施工方法及び管の加工

プラント配管用材料の種類、規格、性質や用途

金属材料の熱処理

溶接部の非破壊検査の方法

配管に生ずる欠陥の種類や原因、防止方法や補修方法

関連設備や関連設備の種類、構造や機能

プラントを構成する設備や装置の種類や特徴

続いて実技試験の「建築配管作業」の試験は下記のとおり。

  • 型取り
  • 材料取り
  • 管の加工
  • 配管と機器類の取り付け

 

作業試験とペーパーテストの内容は下記です。

作業試験 給水配管図を見ながら、エルボ、チーズなどの管継手を使用して配管用炭素鋼鋼管、塩化ビニル管や銅管の組立て
ペーパーテスト 配管図から材料を拾い出して、材料表を作る

続いて、実技試験の「プラント配管作業」の試験は下記です。

  • 型取り
  • 材料取り
  • 管の加工
  • 配管と機器類の取り付け

 

作業試験とペーパーテストの内容は下記のとおり。

作業試験 圧力配管用炭素鋼鋼管(2B,3B)か硬質塩化ビニル管などをエルボ、フランジなどの管継手で組み立て、アーク溶接の仮付けか接着でプラント配管系統の一部を製作
ペーパーテスト 配管図を見ながら材料取りや現図型取り

 

3級配管技能士の試験問題

学科試験の問題は下記のとおりです。

科目 内容
施工法一般 配管工事に使用する器工具や機械の種類、用途や使用方法

管の加工

管施設の機能試験

管の被覆や塗装

溶接作業

材料 配管用材料の種類、規格、性質や用途
製図 図示法や材料記号
安全衛生 安全衛生に関する詳細な知識
建築配管施工法 施工方法

配管に生ずる欠陥の種類や原因、その防止方法や補修方法

関連設備に使用する装置、機械や器具の種類や用途

日本工業規格の建築製図通則に定める表示記号

プラント配管施工法 施工方法及び管の加工

プラント配管用材料の種類、規格、性質や用途

溶接部の非破壊検査の方法

配管に生ずる欠陥の種類や原因、防止方法や補修方法

関連設備及び関連設備の種類、構造や機能

プラントを構成する設備や装置の種類や特徴

続いて、実技試験の「建築配管作業」の試験は下記のとおり。

  • 管の加工
  • 配管と機器の取り付け

 

作業試験は、給水配管図を見ながら、エルボ、チーズなどの管継手を使って配管用炭素鋼鋼管や塩化ビニル管の組立てを行います。

続いて、実技試験の「プラント配管作業」の試験は下記です。

  • 管の加工
  • 配管と機器の取り付け

 

作業試験は、硬質塩化ビニル管をエルボ、チーズの管継手で組立て、プラント配管系統の一部を製作します。

 

合格率は50%くらい【難易度はそんなに高くない】

配管技能士の合格率は非公開ですが、おおよそ50%くらいです。

2人に1人は合格しているため、割と難易度は低めの試験といえるでしょう。

 

配管技能士の合格基準

配管技能士1級・2級・3級の合格基準は下記のとおり。

  • 学科試験:65点以上/100点満点
  • 実技試験:60点以上/100点満点

 

おおよそ6割ほどの正答率で合格できます。

 

学科か実技に合格すれば免除制度あり

学科か実技のどちらかに合格した方が、翌年の試験で免除されます。

仮に学科か実技を落としても、2年以内に合格してしまいましょう。

 

配管技能士の試験情報【前期と後期あり】

配管技能士の試験情報は前期と後期があり、内容は下記のとおりです。

前期 申込:4月

実技:6~9月

学科:7~9月

後期 申込:10月

実技:12~2月

学科:1~2月

受験料 学科3100円

実技18200円

※都道府県によって違う

詳しくは、受験する都道府県の職業能力開発協会に問い合わせてみてください。

 

配管技能士の勉強方法【参考書と過去問題集でOK】

配管技能士の勉強方法【参考書と過去問題集でOK】

考える男性
考える男性
配管技能士って、どうやって勉強すればいいの?

結論、参考書と過去問題集の独学でOKです。

参考書はAmazonにも売っており「よくわかる建築配管」などのシリーズがおすすめです。

過去問は、下記で掲載or閲覧ができるので、参考にしてみてください。

 

参考書→過去問の順で勉強

配管技能士の独学の手順は下記のとおりです。

  • まずは参考書をざっと読む
  • 過去問をやってみる
  • 過去問でわからないところを解答や参考書でチェック
  • あとはひたすら過去問を解く

 

王道の試験対策ですが、これが一番良いと思います。

過去問の問題と答えを覚えるくらい勉強すれば、合格が見えてきます。

過去問=実戦なので、試験に慣れるためにも過去問中心の勉強がおすすめです。

 

実技は実務経験が重要【試験前に課題が公表される】

実技試験は配管工としての実務経験が問われます。

実務経験が豊富な人は難易度が低いですが、実務経験が浅い人は苦戦するかもしれません。

幸い、実技試験は試験前に課題が公表されるため、情報をチェックして試験前に練習しておきましょう。

 

配管技能士と併せて取得したい5つの資格

配管技能士と併せて取得したい5つの資格

考える男性
考える男性
ちなみに、配管技能士以外に取得しといた方がいい資格ってある?

結論、下記の5つの資格がおすすめです。

  1. 管工事施工管理技士
  2. 消防設備士
  3. 浄化槽設備士
  4. 排水設備工事責任技術者
  5. 給水装置工事主任技術者

 

どれもキャリアアップに有益な資格です。

1つずつ解説しますね。

 

①管工事施工管理技士

管工事施工管理技士は、管工事の現場監督の資格です。

取得することで得られるメリットは下記の5つ。

  1. 主任技術者になれる
  2. 監理技術者になれる(1級のみ)
  3. 昇進しやすい
  4. 昇給しやすい
  5. 転職が有利

 

まずは2級から挑戦してみるのがおすすめです。

受験資格があるため、まずはあなたに受験資格があるかチェックしましょう。

管工事施工管理技士の詳細は、1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率を参考にどうぞ。

 

②消防設備士

消防設備士がおすすめの理由は、業務の幅を広げられるから。

消火設備や消防設備のスキルを証明できるため、転職の幅も広がりますよ。

ちなみに、2級以上の配管技能士があると、消防設備士を受験できます。

消防設備士の詳細は、消防設備士の試験内容や合格率からみる難易度にまとめてます。

 

③浄化槽設備士

浄化槽設備士がおすすめの理由も、業務の幅を広げられるから。

浄化槽の保守点検を行う資格であり、配管の知識を活かせます。

誰でも受験できるため、検討してみてください。

浄化槽設備士の詳細は、浄化槽管理士の合格率や過去問からみる難易度にまとめています。

 

④排水設備工事責任技術者

排水設備のスペシャリストである「排水設備工事責任技術者」もおすすめ。

配管技能士にプラスすれば、さらにキャリアアップできます。

受験資格は都道府県によって違い、排水設備工事の設計や施工で1~2年以上の実務経験があれば受験できます。

詳しくは、排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】にまとめたので、興味あればどうぞ。

 

⑤給水装置工事主任技術者

給水装置工事主任技術者は、給水工事のスペシャリストです。

名前のとおり主任技術者になれるため、キャリアアップに有益な資格です。

3年以上の給水装置工事の実務経験があれば受験できます。

詳しくは、給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】を参考にどうぞ。

 

まとめ【配管技能士試験を受けて資格を取得しよう】

まとめ【配管技能士試験を受けて資格を取得しよう】

結論、配管技能士は配管工としてぜひとも取得したい資格です。

きちんと勉強すれば合格できる試験なので、受験資格を満たしている級から挑戦してみてください。

配管技能士を取得すれば、年収アップの可能性もありますよ。

参考:配管工の年収・給料を国のデータを元に紹介【収入を上げる方法も解説】

 

また、キャリアアップのために、他の資格もいずれ取得してみてください。

配管技能士以外でおすすめの資格は、下記の5つです。

  1. 管工事施工管理技士
  2. 消防設備士
  3. 浄化槽設備士
  4. 排水設備工事責任技術者
  5. 給水装置工事主任技術者

 

5つの資格の詳細は下記の記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

 

あなたのキャリアアップの参考になれば幸いです。

関連記事

  1. 設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説】

    設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説】

  2. 建築設備総合管理士とは【難易度は低め。講習の夜に自学習すべし】

    建築設備総合管理士とは【難易度は低め。講習の夜に自学習すべし】

  3. 電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

  4. 浄化槽技術管理者とは【講習内容と修了考査の合格率や難易度を解説】

    浄化槽技術管理者とは【講習内容と修了考査の合格率や難易度を解説】

  5. 電球

    認定電気工事従事者の必要性とは?認定講習や申請方法を解説

  6. 簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

  1. 登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    2021.10.12

  2. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    2021.10.12

  3. 設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説】

    設備施工管理の資格3選【取得するメリットや合格率など難易度も解説…

    2021.10.09

  4. CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

    2021.09.12

  5. 高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    高圧・特別高圧電気取扱者にできること【特別教育の講習を受けよう】

    2021.09.11

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト