1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

管工事

1級・2級管工事施工管理技士の難易度や合格率をご紹介します。

また、過去問や勉強方法のコツも気になるところですよね。

 

管工事施工管理技士は給排水設備・空調設備・ガス管設備などの管工事の施工管理を行う仕事です。

業務範囲が広いため管工事施工管理技士は需要があり、就職・転職にも有利になります。

 

この記事では、

  • 管工事施工管理技士の試験の難易度や合格率
  • 管工事施工管理技士とは?
  • 試験内容
  • 他の資格との難易度の比較
  • 合格のための勉強方法
  • 管工事施工管理技士の年収

などをお伝えします。

 

あなたの管工事施工管理技士の合格のお役にたてばうれしいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう!

目次

1級管工事施工管理技士の合格率からみる難易度

試験を受ける人

1級管工事施工管理技士の合格率からみる難易度をご紹介します。

近年の1級管工事施工管理技士の合格率の推移を見てみましょう。

年度 学科試験の合格率 実地試験の合格率
平成22年 29.2% 60.1%
平成23年 43.2% 46.1%
平成24年 36.4% 49.2%
平成25年 38.9% 67.8%
平成26年 43.4% 60.3%
平成27年 51.2% 50.1%
平成28年 49% 61%
平成29年 44.2% 63.2%
平成30年 33.2%

参考:総合資格学院「1級管工事施工管理技士 試験の合格率」

 

学科試験の過去8年間の平均合格率は41.2%。

実地試験の過去8年間の平均合格率は57.2%。

つまり、学科試験の方が難易度が高いということです。

 

1級管工事施工管理技士は学科試験に合格した人だけが実地試験を受験できるようになっています。

 

学科試験の出題科目の中に「施工管理法」があり、実地試験の出題科目も「施工管理法」と同じです。

学科試験に合格できる知識がある人は実地試験にも合格しやすいということでしょう。

 

2級管工事施工管理技士に合格してから1級管工事施工管理技士に挑戦する人が多いため、試験に慣れている人も多いです。

 

2級管工事施工管理技士よりも1級管工事施工管理技士の試験の方が専門的な内容になっているため難易度が高いですが、2人に1人が合格できる合格率です。

きちんと勉強すれば1級管工事施工管理技士に合格できます。

2級管工事施工管理技士の合格率からみる難易度

試験

2級管工事施工管理技士の合格率からみる難易度をご紹介します。

近年の2級管工事施工管理技士の合格率の推移を見てみましょう。

年度 学科試験の合格率 実地試験の合格率
平成19年 48% 38.8%
平成20年 58.8% 39.4%
平成21年 58.8% 43.1%
平成22年 50.9% 37.1%
平成23年 47.3% 32.4%
平成24年 50.7% 37.1%
平成25年 50.1% 37.9%
平成26年 59.8% 36.4%
平成27年 57.9% 45.9%
平成28年 66.2% 44.5%
平成29年 59.1% 40.9%
平成30年 61.7%

参考:総合資格学院「2級管工事施工管理技士 試験の合格率」

 

学科試験の過去11年の平均合格率は56.5%。

実地試験の過去11年の平均合格率は39.4%。

つまり、学科試験の方が難易度が高いです。

 

実地試験はマークシート方式ではなく記述式のため、苦戦する人が多いです。

知識だけでなく文章力も必要です。

過去の自分の実務経験を記述する問題もあるので、しっかりと対策が必要です。

 

1級2級ともに極端に難易度が高い試験ではないため、独学でも合格できます。

ただし、施工管理技士は「実務経験」が必要な試験のため「未経験者は受験すらできない」という点では難易度が高い試験といえますね。

管工事施工管理技士とは?

配管

管工事施工管理技士とは国家資格「施工管理技士」の中の1つです。

「管工事」とは、

  • 給排水管の工事
  • ガス管の工事
  • 空調設備(冷暖房設備)の工事
  • 浄化槽工事
  • ダクト工事
  • 衛生設備工事

などのことです。

 

管工事の安全管理・工程管理・品質管理・原価管理などの施工管理業務を行う国家資格が「管工事施工管理技士」です。

1級と2級の管工事施工管理技士の違い

パイプ

管工事施工管理技士には1級と2級があります。

建設会社は、

  • 営業所に専任技術者
  • 現場に主任技術者

を配置しないと工事を請け負うことができません。

 

また、特定建設業(下請に出す工事の総額が4000万円以上、建築一式工事の総額が6000万円以上の工事)を請け負う場合は「監理技術者」を現場に配置しなければいけません。

 

  • 2級の施工管理技士は専任技術者と主任技術者
  • 1級の施工管理技士は専任技術者・主任技術者・監理技術者すべての資格

が付与されますので、建設会社にとって施工管理技士は貴重な存在ということです。

 

簡単にいうと、施工管理技士がいないと工事を請けられないということです。

工事現場

また、建設会社が直接雇用する施工管理技士の人数によって「経営事項審査」という点数がつけられ、

  • 2級の施工管理技士:2点
  • 1級の施工管理技士:5点
  • 監理技術者講習を受けたらさらに1点追加

が加算されます。

 

経営事項審査の点数が高い建設会社は公共工事の受注を受けやすくなるなどメリットがあるため、施工管理技士は大変重宝される資格です。

 

管工事施工管理技士の資格を取得できれば就職・転職にとても有利になります。

特に、1級管工事施工管理技士はかなり有利です。

管工事施工管理技士の就職先と将来性

施工管理

管工事施工管理技士の主な就職先は、

  • ゼネコン
  • 中小の建設会社
  • 配管工事会社

などです。

 

施工管理技士の仕事は肉体労働ではないため、60歳を超えても続けることができます。

前述のとおり、施工管理技士の資格があると転職しやすいため、スキルがあれば年齢関係なく活躍できます。

 

新築が減っているとはいえ、まだまだ新築の建築物は建っていますし、リニューアル工事・リフォームなどは今後さらに増えるため仕事が減ることはないでしょう。

 

管工事施工管理技士は将来性のある資格といえるでしょう。

1級管工事施工管理技士の受験資格と実務経験

配管

1級管工事施工管理技士の受験資格や必要な実務経験をご紹介します。

施工管理技士は「実務経験が必要な資格」という点で難易度が高いです。

 

また、実務経験年数以外に1年以上の指導監督的実務経験年数が必要です。

「指導監督的実務経験」とは現場代理人、主任技術者、工事主任、設計監理者、施工監督などの業務で、部下や下請け業者に対して指導監督した経験のことです。

 

1級管工事施工管理技士の受験資格は大きく分けて4区分の受験資格がありますので見てみましょう。

学歴

  • 大学か専門学校の高度専門士で指定学科卒業:実務経験年数が3年以上
  • 大学か専門学校の高度専門士で指定学科以外卒業:実務経験年数が4年6ヶ月以上
  • 短期大学・高等専門学校・専門学校の専門士で指定学科卒業:実務経験年数が5年以上
  • 短期大学・高等専門学校・専門学校の専門士で指定学科以外卒業:実務経験年数が7年6ヶ月以上
  • 高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校で指定学科卒業:実務経験年数が10年以上
  • 高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校で指定学科以外卒業:実務経験年数が11年6ヶ月以上
  • 上記以外:実務経験年数が15年以上

2級の施工管理技士合格者

  • 2級の施工管理技士合格後の実務経験年数が5年以上
  • 2級の施工管理技士合格後5年未満で高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校で指定学科卒業:実務経験年数9年以上
  • 2級の施工管理技士合格後5年未満で高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校で指定学科以外卒業:実務経験年数10年6ヶ月以上
  • 2級の施工管理技士合格後5年未満で上記の学校以外を卒業:実務経験年数14年以上

専任の主任技術者の経験が1年以上ある人

  • 2級の施工管理技士合格後の実務経験年数が3年以上
  • 2級の施工管理技士合格後3年未満で短期大学・高等専門学校・専門士の専門学校の指定学科以外卒業:実務経験年数7年以上
  • 2級の施工管理技士合格後3年未満で高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校の指定学科卒業:実務経験年数7年以上
  • 2級の施工管理技士合格後3年未満で高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校の指定学科以外卒業:実務経験年数8年6ヶ月以上
  • 2級の施工管理技士合格後3年未満で上記以外の学校を卒業:実務経験年数12年以上
  • 2級の施工管理技士の資格がなくて高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校の指定学科卒業:実務経験年数8年以上
  • 2級の施工管理技士の資格がなくて高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校の指定学科以外卒業:実務経験年数11年以上
  • 2級の施工管理技士の資格がなくて上記以外の学校を卒業:実務経験年数13年以上

指導監督的実務経験年数が1年以上で主任技術者の資格要件成立後専任の監理技術者の設置が必要な工事で当該監理技術者の指導を受けた実務経験年数が2年以上ある人

  • 2級の施工管理技士合格後の実務経験年数が3年以上
  • 2級の施工管理技士の資格がなくて高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校の指定学科卒業:実務経験年数8年以上

参考:一般財団法人全国建設研修センター「1級管工事施工管理技術検定試験」

2級管工事施工管理技士の受験資格と実務経験

水道

2級管工事施工管理技士の受験資格と必要な実務経験をご紹介します。

最終学歴によって受験資格が変わります。

  • 大学・高度専門士の専門学校で指定学科卒業:実務経験年数1年以上
  • 大学・高度専門士の専門学校で指定学科以外卒業:実務経験年数1年6ヶ月以上
  • 短期大学・高等専門学校・専門士の専門学校で指定学科卒業:実務経験年数2年以上
  • 短期大学・高等専門学校・専門士の専門学校で指定学科以外卒業:実務経験年数3年以上
  • 高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校で指定学科卒業:実務経験年数3年以上
  • 高等学校・中等教育学校・高度専門士と専門士以外の専門学校で指定学科以外卒業:実務経験年数4年6ヶ月以上
  • 上記の学校卒業以外:実務経験年数8年以上

参考:一般財団法人全国建設研修センター「2級管工事施工管理技術検定試験」

管工事施工管理技士の試験問題

マークシート

管工事施工管理技士の試験問題は、

  • 学科試験
  • 実地試験

に分かれています。

 

学科試験はマークシート方式で4つから1つを選ぶ問題です。

試験科目は、

  1. 機械工学
  2. 施工管理法
  3. 法規

の3科目です。

 

ちなみに、学科試験は必須問題と選択問題があります。

選択問題があるため、得意分野を伸ばす勉強方法もおすすめです。

 

実地試験は記述式の試験で、科目は「施工管理法」です。

※1級も2級も試験科目は同じですが、1級の方が難易度が高いです。

管工事施工管理技士の合格点

合格

管工事施工管理技士の合格点は、

  • 学科試験:60%以上正答
  • 実地試験:60%以上正答

です。

 

ちなみに、学科試験だけに合格した場合は翌年の学科試験が免除されます。

つまり、2年間で学科試験と実地試験に合格するのが良いということです。

管工事施工管理技士に合格するために必要な知識

本

管工事施工管理技士に合格するためには、機械工学・施工管理法・法規の基礎知識が必要があります。

 

機械工学で必要な知識は、

  • 建築学
  • 電気工学
  • 機械工学
  • 衛生工学
  • 給排水設備
  • 空調設備
  • 冷暖房
  • 設計図

などです。

 

施工管理法では、

  • 工程管理
  • 安全管理
  • 品質管理
  • 設計図書の読み方・作成方法
  • 機材の選び方や使い方

などの知識が必要です。

 

法規では施工の法令の知識が必要です。

まずは基礎的な知識をきちんと勉強するのが合格のコツです。

2級管工事施工管理技士の学科試験の過去問

マークシート

2級管工事施工管理技士の学科試験の過去問を少しだけご紹介します。

過去問を見て「わからない…」という人はしっかり勉強しましょう(^^)

熱に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 固体が直接気体になる相変化を昇華という。

(2) 単位質量の物体の温度を1℃ 上げるのに必要な熱量を比熱という。

(3) 気体では、定容比熱より定圧比熱のほうが大きい。

(4) 温度変化を伴わずに、物体の相変化のみに消費される熱を顕熱という。

 

次の設備のうち、「消防法」上、消防の用に供する設備に該当しないものはどれか。

(1) 屋内消火栓設備

(2) 連結散水設備

(3) スプリンクラー設備

(4) 泡消火設備

 

自然流下の排水設備の試験として、適当でないものはどれか。

(1) 満水試験

(2) 通水試験

(3) 煙試験

(4) 水圧試験

引用元:全国建設研修センター「平成30年度2級管工事施工管理技術検定学科試験(前期)問題」

1級管工事施工管理技士の学科試験の過去問

ペン

1級管工事施工管理技士の学科試験の過去問を少しだけご紹介します。

過去問を見て「わからない…」という人はしっかり勉強しましょう(^^)

流体に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 水の粘性係数は、水温の上昇とともに大きくなる。

(2) 水の密度は、1気圧のもとでは4℃ 付近で最大となる。

(3) 液体の自由な表面で、その表面を縮小しようとする性質により表面に働く力を、表面張力という。

(4) 一様な流れの中に置いた円柱などの物体の下流側において、交互に発生する渦をカルマン渦という。

 

冷房負荷に関する記述のうち、適当でないものはどれか。

(1) 人体からの全発熱量は、室内温度が変わっても、ほぼ一定である。

(2) 北側のガラス窓からの熱負荷には、日射の影響も考慮する。

(3) 北側の外壁の冷房負荷計算には、一般的に、実効温度差は用いない。

(4) ガラス面積の大きいアトリウムの熱負荷の特徴は、日射熱負荷が大きいことである。

引用元:全国建設研修センター「平成30年1度級管工事施工管理技術検定学科試験問題A」

管工事施工管理技士と他の資格との難易度の比較

比較

管工事施工管理技士の受験を考えるときに「他にもっと難易度の低い資格はないか?」「どういう順番で受験するべきか?」を悩む人は多いです。

 

管工事施工管理技士と周辺資格の難易度を比較してみました。

資格を受験する参考にしてください。

管工事施工管理技士と電気工事士の難易度の比較

電球

管工事施工管理技士と電気工事士を比較すると、管工事施工管理技士の方が難易度が高いです。

電気工事士は未経験者でも受験できるため難易度が低いです。

 

ただし、電気工事士は実技試験があるので試験の練習が必要です。

詳しくは『電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ』を読んでみてください。

管工事施工管理技士と電気主任技術者(電験)の難易度の比較

電球

管工事施工管理技士と電気主任技術者を比較すると、電気主任技術者の方が難易度が高いです。

電気主任技術者は合格率20%台の年も多く、難関試験です。

 

詳しくは『電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ』を読んでみてください。

管工事施工管理技士と危険物乙4の難易度の比較

タブレットを使う人

管工事施工管理技士と危険物乙4を比較すると、圧倒的に管工事施工管理技士の方が難易度が高いです。

危険物乙4は高校生でも合格できるレベルです。

管工事施工管理技士の関連資格

工事現場

管工事施工管理技士の関連資格をご紹介しておきます。

  • 防火管理者
  • 建築士
  • 建築設備士
  • 給水装置工事主任技術者
  • 土木施工管理技士
  • 建築設備検査員
  • 防火設備検査員
  • 浄化槽設備士
  • 解体工事施工技士
  • 舗装施工管理技術者

などです。

 

資格を受験する際の参考にしてください。

管工事施工管理技士の勉強方法

勉強

管工事施工管理技士に合格するための勉強方法をご紹介します。

管工事施工管理技士の勉強方法は大きく分けて、

  1. 独学
  2. 通信講座
  3. 予備校

の3つがあります。

 

それぞれの勉強法について見ていきましょう。

テキストや過去問集で独学

勉強

管工事施工管理技士の勉強は独学でする人が多いです。

勉強のコツは、最初からたくさんのテキスト(参考書)や問題集を買わないことです。

 

書店に行ってパラパラとページをめくりながら、わかりやすそうなテキストと過去問集を1冊ずつ購入してください。

※ネットで購入する方法もありますが、やはり実際のページを見れた方が良いでしょう。

 

まずはテキストを読み込み、その後過去問集を繰り返し解いてください。

問題を覚えるくらい繰り返せば高確率で合格できます。

 

過去問集は最低でも3回以上は解くことをおすすめします。

コーヒーとノート

1級の場合は学科試験合格者のみが実地試験を受験できます。

実地試験の3ヶ月後に学科試験ですので、学科試験合格後に実地試験の勉強を始めるので間に合います。

※まずは学科試験の勉強に集中しましょう。

 

実地試験の過去の自分の実務経験を記述する問題は、過去問集を見ながら自分の文章の型を作っておきましょう。

記述文章の型を作っておくことで本番でスムーズに記述できます。

 

独学は自分との闘いです。

特に、施工管理職をしている人は忙しいですから、仕事が終わってから勉強をするのはけっこうきついです。

 

「休日に勉強しよう…」と勉強を後回しにするとなかなか勉強できません。

 

毎日30分でもいいので勉強するクセをつけるのがコツです。

通勤の時間や食事のあとなど、短時間でもいいので「毎日勉強する」のが合格の最大のコツです。

通信講座

通信講座

通信講座は合格しやすいテキストに作り込まれているため合格率が上がります。

独学に比べて「通信講座の順番通りに勉強すれば良い」というわかりやすさはありますね。

 

実地試験の記述式問題の添削もしてくれる通信講座がおすすめです。

 

ただし、独学に比べると費用が高いことと、自分のペースで勉強しにくいのがデメリットです。

 

特に、忙しい施工管理職の人は通信講座のペースに追いつけないこともあるので注意です。

講習会

講習会

講習会に行って勉強するメリットは、講師にわからないことを聞けることでしょう。

独学だとわからないことを自分で調べなければいけませんが、講習会は聞けばすぐに教えてくれます。

 

近年の試験傾向や予想問題も強いですね。

ただし、独学より費用が高いことや、忙しい施工管理職の人はそもそも講習会に通う時間がないこともあるでしょう。

管工事施工管理技士の年収

札束

管工事施工管理技士の年収は1級と2級で違います。

  • 2級管工事施工管理技士の平均年収:約450万円
  • 1級管工事施工管理技士の平均年収:約550万円

となっており、やはり1級管工事施工管理技士の方が平均年収が高いです。

 

前述のとおり、1級資格は大規模工事を受注できるため給料にも反映されやすいです。

基本給が上がる会社もあれば、資格手当が支給される会社もあります。

 

また、勤めている会社規模によっても年収は変わります。

中小の建設会社よりもゼネコンの方が年収が高いです。

 

施工管理技士は不足しているため、中には年収800万円以上稼ぐ管工事施工管理技士もいます。

施工管理技士は稼げる資格です。

学科試験の免除について

扉

管工事施工管理技士の学科試験の免除制度についてご紹介します。

条件に該当すれば、学科試験が免除されて実地試験のみの受験です。

1級管工事施工管理技士の学科試験免除の条件

1級管工事施工管理技士の学科試験免除の条件は、

  • 1年前の学科試験合格者
  • 技術士の二次試験の技術部門の機械部門、水道部門、衛生工学部門、総合技術監理部門の合格者で1級管工事施工管理技士の受験資格がある人

となっています。

2級管工事施工管理技士の学科試験免除の条件

2級管工事施工管理技士の学科試験免除の条件は、

  • 1年前の学科試験合格者
  • 技術士の二次試験の技術部門の機械部門、水道部門、衛生工学部門、総合技術監理部門の合格者で2級管工事施工管理技士の受験資格がある人
  • 大学の指定学科を卒業後1年以内に2級管工事施工管理技士の学科試験に合格して、卒業後4年以内に連続2回の実地試験を受験する人で、管工事施工管理の実務経験が1年以上ある人
  • 短大か高専の指定学科を卒業後2年以内に2級管工事施工管理技士の学科試験に合格して、卒業後5年以内に連続2回の実地試験を受験する人で、管工事施工管理の実務経験が2年以上ある人
  • 短大や高専を卒業して2級管工事施工管理技士の学科試験に合格後、大学を卒業して、短大・高専を卒業後6年以内に連続2回の実地試験を受験する人で、管工事施工管理の実務経験が1年以上ある人
  • 高校か中学の指定学科を卒業後3年以内に2級管工事施工管理技士の学科試験に合格して、卒業後6年以内に連続2回の実地試験を受験する人で、管工事施工管理の実務経験が3年以上ある人
  • 高校や中学を卒業して2級管工事施工管理技士の学科試験に合格後、短大や高専を卒業して、高校・中学を卒業後7年以内に連続2回の実地試験を受験する人で、管工事施工管理の実務経験が2年以上ある人
  • 高校や中学を卒業して2級管工事施工管理技士の学科試験に合格後、大学を卒業して、高校・中学を卒業後8年以内に連続2回の実地試験を受験する人で、管工事施工管理の実務経験が1年以上ある人

となっています。

願書申込み期間

願書

管工事施工管理技士の願書申し込み期間は、

  • 1級管工事施工管理技士:5月
  • 2級管工事施工管理技士:前期3月・後期7月

となっています。

 

ちなみに、願書申し込み用紙は1部600円です。

試験日

カレンダー

管工事施工管理技士の試験日は、

  • 1級学科試験:9月
  • 1級実地試験:12月
  • 2級前期:6月
  • 2級後期:11月

となっています。

合格発表

合格発表

管工事施工管理技士の合格発表時期は、

  • 1級学科試験:10月
  • 1級実地試験:翌年2月
  • 2級前期:7月
  • 2級後期:翌年1月

となっています。

 

合格通知は全国建設研修センターから送付されます。

試験会場

試験会場

管工事施工管理技士の受験地は、

  • 1級:札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇
  • 2級前期:札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇
  • 2級後期:札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・那覇

です。

受験料

小銭

管工事施工管理技士の受験料は、

  • 1級:学科試験8500円・実地試験8500円
  • 2級:学科試験4250円・実地試験4250円

です。

参考:全国建設研修センター「1級管工事施工管理技術検定試験」「2級管工事施工管理技術検定試験

管工事施工管理技士の独立

走る男性

管工事施工管理技士の独立は考えにくいです。

企業に所属することで工事を請け負えるわけですから、独立するメリットはほとんどありません。

 

独立起業には向かない資格です。

まとめ

応援する女性

管工事施工管理技士の難易度は極端に高いわけではありません。

きちんと準備すれば2級も1級も合格できます。

 

ただし、一夜漬けで合格できるほど甘い資格ではありませんので、計画的に勉強していきましょう。

※実務経験が必要な資格ですから、まだ実務経験が受験資格に到達していない人は、まずは実務経験を積みましょう。

 

管工事施工管理技士は業務範囲が広いため汎用性の高い資格です。

管工事施工管理技士は需要が高い資格ですので、資格を取得しておけば就職・転職にとても有利です。

 

肉体労働でもありませんので、60代を超えても続けられる仕事です。

一生くいっぱぐれのない資格と言えるでしょう。

 

もちろん、資格があるだけでは仕事はできませんので、資格の勉強をすることはもちろん実務経験・スキルも積んでいきましょう。

あなたの管工事施工管理技士の合格の参考になればうれしいです(^^)

関連記事

  1. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

  2. 夜景

    建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?

  3. 電球

    電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

  4. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

  5. 電気

    電気工事士の平均年収【さらに給料を上げる4つの方法】

  6. セキュリティ

    防犯設備士の試験の難易度!過去問ないのでテキストで勉強しよう

  1. 電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    2019.10.29

  2. 換気計算の1/20を解説【必要換気量や24時間換気システムも解説】

    換気計算の1/20を解説【必要換気量や24時間換気システムも解説】

    2019.10.29

  3. 消火設備の種類【設置基準や図面記号、役立つ資格も解説】

    消火設備の種類【設置基準や図面記号、役立つ資格も解説】

    2019.10.28

  4. 消火設備の設置基準を12設備ごとに解説【消火設備の図面記号も紹介】

    消火設備の設置基準を12設備ごとに解説【消火設備の図面記号も紹介】

    2019.10.25

  5. 消火設備の図面記号12選【その他防災系の図面記号47選も紹介】

    消火設備の図面記号12選【その他防災系の図面記号47選も紹介】

    2019.09.30

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト