インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm
施工管理
施工管理
インターホンを設置する高さを知りたいな。

外部と内部は、それぞれどれくらいの高さに設置するのが良いんだろう?

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • インターホンの高さは外部110cm~130cm・内部130cm~145cm
  • インターホンの設置場所【外部と内部で解説】

 

インターホンの高さを間違えると、使いづらくなってしまいます。

居住者や来訪者が使いやすい高さに設置しましょう。

インターホンの高さは外部110cm~130cm・内部130cm~145cm

インターホンの高さは外部110cm~130cm・内部130cm~145cm

インターホンの高さを解説します。

使いやすい高さに設置しましょう。

 

外部のインターホンの高さは110cm~130cm

外部のインターホンの高さは、110cm~130cmが望ましいです。

背が低い子供や、背が高い大人の顔を確認できる高さだからです。

 

来訪者の顔が見えないと、意味ないですからね。

110~130cmの高さだと、子供でもインターホンのボタンを押せます。

 

また、車イスを使う人など目線が低い人が来訪することが想定されれば、110cmくらいの高さにしておきましょう。

ボタンの位置も高すぎると押せないので、注意です。

 

今のインターホンは、内部カメラが自動で角度を変えて来訪者の顔を映してくれるので、110cm~130cmの高さで大丈夫です。

 

内部のインターホンの高さは130cm~145cm

内部(室内)のインターホンの高さは、130cm~145cmが望ましいです。

それ以上高すぎると、子供は画面を見れないからです。

 

例えば、子供1人で留守番しているときに来訪者が来たとしましょう。

室内のインターホン画面が高すぎて子供が来訪者を確認できないと、玄関を開けてしまう子供もいます。

 

子供が画面を見て、「知らない大人だ!」と判断できる高さにしましょう。

防犯上、けっこう大切です。

 

インターホンの設置場所【外部と内部で解説】

インターホンの設置場所【外部と内部で解説】

インターホンの設置場所を、外部と内部で解説します。

特に外部は、施主の意向がでやすいのでヒアリングしましょう。

 

外部のインターホンの設置場所

外部のインターホンの設置場所は、

  1. 玄関ドアの横
  2. 門のところ

 

の2択です。

どちらもメリットとデメリットがあるので、施主に説明しておきましょう。

 

玄関ドアの横に設置するメリットとデメリット

玄関ドアの横にインターホンを設置するメリットは、下記のとおり。

  • 来訪者が雨に濡れない
  • 通話後に来訪者がすぐに室内に入れる
  • 通話内容を道路の通行人に聞かれない

 

一方、デメリットは下記のとおり。

  • 不審者やセールスが玄関までくる怖さ
  • 室内の動きを悟られやすい
  • 居留守を使いにくい

 

です。

施主にメリットとデメリットをわかった上で、決めてもらいましょう。

 

門のところに設置するメリットとデメリット

門のところにインターホンを設置するメリットは、下記のとおり。

※結論、上記の「玄関ドアの横に設置」の反対です。

  • 家の中の動きを悟られにくい
  • 不審者やセールスが敷地内に入ってこない
  • 居留守を使いやすい

 

一方、デメリットは下記のとおり。

  • 来訪者が雨に濡れる
  • 通話内容を道路の通行人に聞かれてしまう

 

施主にメリットとデメリットをわかった上で、決めてもらいましょう。

 

外部インターホン設置の注意点

外部インターホンを設置するときは、下記に注意しましょう。

  • 太陽などの逆光で訪問者が見えにくくないか
  • 夜間でも訪問者の顔を確認できるか
  • 通話音が聞こえるか(道路近くなどは注意)

 

事前に確認して、問題なくインターホンが使えるか確認してください。

 

内部のインターホンの設置場所

内部(室内)のインターホンの設置場所は、玄関に続く廊下に近いリビングが一般的です。

通話後に移動に時間がかかると、来訪者に悪いですからね(^^;

 

また、リビングは誰かがいる可能性が高い部屋なので、来訪者の対応がしやすいです。

 

ただし、テレビに近かったりキッチンに近いと通話音が聞こえにくくなるので、リビング中心部やキッチン近くは避けましょう。

 

さらに詳しい設置場所

内部のインターホンの四方は、20cm以上あけましょう。

周辺に物があることでの、誤操作を防ぐためです。

 

また、外部インターホンとは5m以上離しましょう。

 

内部インターホンの設置に向かない場所は、

  • 電波を発する電化製品の近く(電子レンジ、テレビ、パソコンなど)
  • 振動や衝撃のあるところ

 

などです。

誤作動の原因になるからです。

 

まとめ【インターホンの高さは外部110cm~130cm・内部130cm~145cm】

まとめ【インターホンの高さは外部110cm~130cm・内部130cm~145cm】

この記事をまとめます。

  • インターホンの高さは外部110cm~130cm・内部130cm~145cm
  • 内部(室内)は子供も画面を見れる高さにしましょう
  • 外部のインターホンの設置場所は、玄関の横か門のところ
  • 内部(室内)のインターホンの設置場所は、玄関に続く廊下に近いリビングがおすすめ

 

インターホンの高さや設置場所の設計の参考にしてください。

 

ちなみに、インターホンの電源をとるための分電盤については、分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】で解説しています。

分電盤からインターホンまでの距離など、配線の参考にもしてください。

分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

あなたの設計の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. 電信柱

    電気の引き込み方法4選!工事の際の注意点

  2. コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

    コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

  3. 電球

    認定電気工事従事者の必要性とは?認定講習や申請方法を解説

  4. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

  5. 分電盤

    分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

  6. 電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

  1. 消火設備の図面記号12選【その他防災系の図面記号47選も紹介】

    消火設備の図面記号12選【その他防災系の図面記号47選も紹介】

    2019.09.30

  2. 空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】

    空調の4種類を解説【空調設備に有効な資格も解説】

    2019.09.30

  3. 断熱材の熱伝導率を解説【よく使われる断熱材の種類も紹介】

    断熱材の熱伝導率を解説【よく使われる断熱材の種類も紹介】

    2019.09.30

  4. 泡消火設備の設置基準【仕組み・種類・設置場所も解説】

    泡消火設備の設置基準【仕組み・種類・設置場所も解説】

    2019.09.30

  5. 電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    2019.08.24

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト