スロープの勾配の計算方法を解説【1/8・1/12・1/15の早見表あり】

スロープの勾配の計算方法を解説【1/8・1/12・1/15の早見表あり】
設計士
設計士
スロープの勾配について知りたいな。

計算方法とか、建築基準法はどうなってるんだっけ?

 

あと、バリアフリー設計についても知っておきたいな。

という疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • スロープの勾配の計算方法を解説
  • スロープ勾配1/8・1/12・1/15の早見表

 

スロープの勾配について解説します。

建築基準法とバリアフリー方では、勾配の基準が違うので注意してください。

 

建物の用途や、利用者の立場を考えた設計が重要です。

スロープ勾配の計算方法や、勾配の早見表も作成したので、設計の参考にしてください。

スロープの勾配の計算方法を解説

スロープの勾配の計算方法を解説

スロープの勾配の計算方法は、高さに対して、水平距離でどれくらいの長さをとるで計算します。

例えば、高さ10cm上がるスロープで、水平距離100cmなら、勾配は1/10となります。

1/10

ちなみに、1/10の角度は約5.7°です。

三角形の角度計算のサイトが便利です。

 

建築基準法におけるスロープの勾配【ただし好ましくない】

建築基準法施行令第26条(階段に代わる傾斜路)によると、下記のように決められています。

  • 勾配は、1/8を超えないこと
  • 表面は、粗面とし、又はすべりにくい材料で仕上ること

 

ちなみに、1/8の角度は約7.1°です。

 

【建築基準法違反】スロープ勾配1/6の角度

例えば、1/6の角度を計算すると約9.5°です。

たしかに、角度10°近くはかなり急勾配です。

 

特に車いすでは、上がることが困難ですし、下るのも危険です。

なのでスロープは、次に紹介するバリアフリー法で設計する方が良いですね。

 

【こっちを基準にする】スロープの勾配基準【バリアフリー法編】

バリアフリー法では、スロープの勾配基準が決められています。

 

バリアフリー法には、下記の2つの基準があります。

  • 最低限の基準:建築物移動等円滑化基準
  • 望ましい基準:建築物移動等円滑化誘導基準

 

参考:国土交通省「バリアフリー法

 

最低限の基準:建築物移動等円滑化基準の内容

最低限の基準は、下記のとおりです。

  • 手すり:片側
  • スロープの幅:120cm以上
  • スロープ勾配:1/12以下

 

望ましい基準:建築物移動等円滑化誘導基準の内容

望ましい基準は、下記のようになっています。

  • 手すり:両側
  • スロープの幅:150cm以上
  • スロープ勾配:1/12以下、屋外は1/15以下

 

できるだけ「望ましい基準」に近づけるようにしましょう。

スロープが長くなりすぎるときは、75cm以下ごとに150cm以上の踊り場を設置してください。

 

スロープ勾配1/12の角度計算【車いすの自走の限界】

ちなみに、車いすで自走で上る限界は1/12と言われています。

計算すると、角度は約4.8°です。

 

だいぶ緩やかに見えますが、車いすの自走はかなり重労働です。

特に、お年寄りだとかなり困難。

できれば1/15が望ましいです。

 

スロープ勾配1/15の角度計算【車椅子の自走ができる】

車いすで自走で上りやすいのは、1/15以下です。

角度にすると、約3.8°ですね。

これでかなり緩やかになります。

 

【ちなみに】車のスロープの勾配

国土交通省の駐車場設計施工指針によると、車のスロープは12%以下が望ましいです。

普通乗用車以下の車両を対象にする場合は、やむを得ない場合は17%まで増やすことができます。

 

ちなみに12%とは、水平距離100cmに対して、高さ12cm上がることです。

角度にすると、約6.8°です。

12%勾配

スロープ勾配1/8・1/12・1/15の早見表

スロープの勾配の計算方法を解説

すぐにわかるように、スロープの早見表を作りました。

設計の参考にしてください。

勾配 1/8 1/12 1/15
角度 7.125° 4.763° 3.814°
スロープの長さ

(高さ10cmの場合)

80cm 120cm 150cm
介助者(上り) きつい 普通
介助者(下り) 後ろ向き 前向きOK 前向きOK
自走(上り) 無理 きつい 普通
自走(下り) 無理 危ない 大丈夫

あまりにもスロープが長くなりすぎるなら、折り返し地点・踊り場を設置しましょう。

 

まとめ【スロープ勾配は1/12以下が望ましい】

まとめ【スロープ勾配は1/12以下が望ましい】

この記事をまとめます。

  • スロープ勾配は、高さに対して、水平距離の長さで計算
  • 建築基準法では1/8以下になっているが、バリアフリー法の方が望ましい
  • バリアフリー法のスロープ勾配は、1/12が最低限、1/15以下が望ましい
  • 車のスロープは12%以下にすること
  • スロープが長くなりすぎるなら、折り返しや踊り場を設置

 

スロープの設計の参考になればうれしいです(^^)

 

ちなみに、階段と手すりの記事もあるので、参考にしてみてください。

 

あなたの仕事の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. ソーラーパネル

    ZEH申請の基準や条件とは?ZEHのデメリットもご紹介

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

  3. エレベーターの設置義務は法律や条例に従う【設置届についても解説】

    エレベーターの設置義務は法律や条例に従う【設置届についても解説】

  4. カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和条件や容積率の計算も紹介】

    カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和条件や容積率の計算も紹介】

  5. マンションの人気設備ランキング【共用部と専有部ごとに紹介】

    マンションの人気設備ランキング【共用部と専有部ごとに紹介】

  6. バルコニーやベランダの水勾配・手摺高さ・隔て板の基準

    バルコニーやベランダの水勾配・手摺高さ・隔て板の基準

  1. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    2020.10.20

  2. 全館空調のデメリット10選【メリット6選と導入してもいい4つのケース】

    全館空調のデメリット10選【メリット6選と導入してもいい4つのケー…

    2020.10.16

  3. 電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】

    2020.10.16

  4. 設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    2020.10.16

  5. シーリングファンの風向きは夏は下向き、冬は上向き【注意点も解説】

    シーリングファンの風向きは夏は下向き、冬は上向き【注意点も解説】

    2020.09.28

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト