ディスポーザーをやめたいときの対処法【撤去できないなら使わない】

ディスポーザーをやめたいときの対処法【撤去できないなら使わない】
考える男性
考える男性
ディスポーザーをやめたい…

手入れが面倒だし、ぬめりも出るし、お金ばかりかかる…

どうすればいいかなぁ?

こういった悩みに答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ディスポーザーをやめる方法がわかる
  • ディスポーザーを撤去できないときの対処法がわかる

 

「ディスポーザーって便利そう!」と思って使ってみたものの、やっぱりやめたい人はけっこういます。

  1. 手入れがメンドくさい
  2. 臭う
  3. ぬめりが出る
  4. 粉砕力が弱くなった
  5. 修理費が高い

 

などの理由が多いですね。

この記事では、ディスポーザーを撤去する方法を解説します。

 

また、管理規約で「ディスポーザーを撤去できない」となっている分譲マンションもあると思うので、その対処法も解説します。

面倒なディスポーザーとさよならするためにも、参考になれば幸いです。

ディスポーザーをやめたいときの対処法

ディスポーザーをやめたいときの対処法

結論、業者に依頼して撤去してもらいましょう。

素人が撤去するのは難しいからです。

 

【注意】絶対に自分で撤去しないこと

ディスポーザーは、絶対に自分で撤去しないでください。

理由は下記のとおり。

  • 撤去の仕方を間違えると、水漏れの原因になる
  • 誤作動すると危ない

 

撤去費用の相場は、3~5万円くらいです。

ちなみに、新しいディスポーザーに交換すると10万円くらいかかるので、撤去しちゃった方がいいですね。

 

分譲マンションは必ず管理規約を確認

分譲マンションの場合は、撤去の前に必ず「管理規約」で、ディスポーザーを撤去していいか確認してください。

管理規約で「ディスポーザーを撤去してはいけない」となっているマンションもあるので。

わからなければ、管理会社に問い合わせしましょう。

 

だいたいのマンションは撤去できますが、今でも一部「撤去不可」のマンションがあります。

ちなみに、管理会社から業者を紹介される可能性もありますが、義務ではないので好きな業者に依頼しましょう。

 

マンション管理規約でディスポーザーを撤去できない場合

万が一、管理規約で「ディスポーザーの撤去は不可」となっている場合は、撤去ができません。

撤去するには、総会で承認が必要です。

総会で「ディスポーザーを撤去したい」という議題をかけ、過半数の賛成が必要です。

 

具体的には、マンション内で「ディスポーザー反対派」を作って、票を集めるしかないかと。

ただ、かなり面倒なので、次に紹介する「ディスポーザーを撤去せず、使わない」が楽だと思います。

 

ディスポーザーを撤去できないときの対処法【使わなければOK】

ディスポーザーを撤去できないときの対処法【使わなければOK】

分譲マンションの管理規約等でディスポーザーを撤去できないなら、シンプルに「ディスポーザーを使わない」しかありません。

おそらく、以前はディスポーザーがない家に住んでいたと思うので、あの頃に戻るだけです。

 

生ゴミは普通に捨てましょう

以前のように、生ゴミは普通に捨てればOKです。

24時間ゴミ置き場があるマンションなら、生ゴミの臭いはそれほど気にならないかと。

 

また、排水口には排水カバー(受け皿)を設置しましょう。

スーパーとかホームセンターに売ってます。

排水カバーに、アルミホイルを丸めたものを入れておくと良いですよ。

アルミホイルが水に溶け出すときに、ぬめりや臭いを防止してくれる作用があるからです。

 

【注意】漂白剤は薄めてから流す

ちょっと面倒ですが、キッチンの流しで漂白剤や塩素系洗剤を使う場合は、薄めてから流すようにしてください。

漂白剤で、ディスポーザーの金属部分が劣化してサビるからです。

ディスポーザーがなければあまり気にしなくていいのですが、仕方ないところですね。

 

気になったら手入れをする

ディスポーザーを使っていなくても、臭いやぬめりが気になるなら、氷と中性洗剤を入れて水を流しながらディスポーザーを回しましょう。

一般的なディスポーザーのお手入れ方法ですが、使ってなくても有効です。

ディスポーザーのフタのぬめりが気になるなら、中世洗剤とスポンジできれいにしましょう。

 

【余談】最近はディスポーザーを設置しないマンションも増えてます

理由は、使わなくなる人が多いから。

ご存知のとおり、面倒だし、入れちゃいけないものがあったりで意外と制約もありますよね。

考える男性
考える男性
以前にディスポーザーを使ってたけど、不便だから使わなくなった。

ディスポーザーがない物件を探している。

という人もいるので、あまり需要がないんでしょうね。

一時期は分譲マンションにディスポーザーがついてるのが流行りでしたが、今は違うみたいです。

 

もともとディスポーザーはアメリカで生まれた設備。

アメリカでは、ぬめりが出る食材がそもそも少ないため、割とディスポーザーが合っていたのでしょう。

 

でも、日本人は生食文化があるので、生ゴミのぬめりや臭いが出やすいんですよね。

それもあって「ディスポーザーを使わなくなった」という人も多いのかと。

 

一軒家であれば撤去は可能ですが、管理規約で禁止されてる分譲マンションは、ちょっと残念ですがうまく付き合っていくことになるかもです。

前述のとおり、どうしても嫌なら総会で過半数の票を集めましょう。

 

まとめ【ディスポーザーをやめたいなら、必ず業者に依頼しましょう】

まとめ【ディスポーザーをやめたいなら、必ず業者に依頼しましょう】

この記事をまとめます。

  • ディスポーザーの撤去は、自分でやらず業者に依頼する
  • 分譲マンションは、撤去の前に管理規約を確認する
  • 管理規約で撤去ができない場合は、総会で承認が必要
  • ディスポーザーを撤去できない場合は、使わないのが楽
  • 漂白剤や塩素系洗剤はそのまま流さず、薄めてから流す

 

ディスポーザーの撤去や、使用をやめたいときの参考になれば幸いです。

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. エレベーターの設置義務は法律や条例に従う【設置届についても解説】

    エレベーターの設置義務は法律や条例に従う【設置届についても解説】

  2. 建具の記号の一覧を紹介【窓・扉・種類別・開閉表示などの記号】

    建具の記号の一覧を紹介【窓・扉・種類別・開閉表示などの記号】

  3. マンションの人気設備ランキング【共用部と専有部ごとに紹介】

    マンションの人気設備ランキング【共用部と専有部ごとに紹介】

  4. AIキッチンの未来がすごすぎる【有名シェフの味を家で味わえるかも】

    AIキッチンの未来がすごすぎる【有名シェフの味を家で味わえるかも】

  5. カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和条件や容積率の計算も紹介】

    カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和条件や容積率の計算も紹介】

  6. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 電気通信主任技術者と工事担任者の違い【目的別のおすすめ資格】

    電気通信主任技術者と工事担任者の違い【目的別のおすすめ資格】

    2022.09.12

  2. 電気通信工事施工管理技士の1級と2級の違い【取得するメリットも解説】

    電気通信工事施工管理技士の1級と2級の違い【取得するメリットも解…

    2022.09.12

  3. 【例文あり】設備設計の志望動機の型【面接でツッコまれないコツ】

    【例文あり】設備設計の志望動機の型【面接でツッコまれないコツ】

    2022.09.12

  4. ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解説】

    ガスの施工管理は激務なのか?【就職や転職に失敗しにくいコツも解…

    2022.08.18

  5. 防水施工管理技術者とは【防水工事の施工管理スキルを証明できる資格】

    防水施工管理技術者とは【防水工事の施工管理スキルを証明できる資…

    2022.08.18

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解…

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト