カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和条件や容積率の計算も紹介】

カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和条件や容積率の計算も紹介】
設計士
設計士
カーポートの建ぺい率って、どうやって計算するんだっけ?

なんか緩和条件があったと思うけど、計算方法を知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • カーポートの建ぺい率の計算方法
  • カーポートの容積率の緩和条件

 

カーポートも建築物なので、建ぺい率に含めないといけません。

柱と屋根だけですが、建築物に該当します。

 

ただし、カーポートは建ぺい率の緩和条件があるので、最大限活用しましょう。

また、容積率にも緩和条件があるので、併せてご紹介します(^^)

カーポートの建ぺい率の計算方法

カーポートの建ぺい率の計算方法

カーポートは天井と柱で造られているので、建築物に該当します。

知らずに立ててしまうと、確認申請が通らないことがあるので注意しましょう。

 

原則的には、カーポートの面積をそのまま建ぺい率に算入します。

 

念のため紹介しておきますが、建ぺい率の計算式は下記のとおりです。

建築物の面積÷敷地面積×100

 

建ぺい率は自治体によって違うので、必ず確認しましょう。

 

カーポートで建ぺい率オーバーの違反は確認申請が通らない

カーポート分の面積を算入し忘れて建ぺい率オーバーすると、確認申請が通りません。

後からカーポートを新設する場合も、原則的には建ぺい率の範囲内で造らないといけません。

 

くれぐれもカーポートの面積分を忘れないようにしてください。

 

カーポートの建ぺい率の緩和条件

条件を満たすカーポートは緩和条件が適用されて、縦横1mまで建ぺい率に参入しなくてOKです。

緩和条件は、建築基準法第2条第2号に記載があります。

 

下記は、建築基準法第2条第2号の中から抜粋。

ただし、国土交通大臣が高い開放性を有すると認めて指定する構造の建築物又はその部分については、その端から水平距離1m以内の部分の水平投影面積は、当該建築物の建築面積に算入しない。

引用元:建築基準法第2条第2号

 

上記の「国土交通大臣が高い開放性を有すると認めて指定する構造」とは、下記のとおりです。

※平成5年建設省告示1437号より

  • 天井の高さ2.1m以上
  • 外壁がない部分が連続して4m以上
  • 柱の感覚が2m以上
  • 1階建てであること

 

結論、上記条件に該当するカーポートは、縦横1mまで建ぺい率に参入しなくてOKです。

図にすると下記のとおりです。

カーポートの建ぺい率

ただし、自治体によって条件が違うことがあるので、必ず事前に確認してください。

 

カーポートの建ぺい率の計算方法【緩和バージョン】

緩和条件を満たすカーポートの、建ぺい率の計算方法の例を紹介します。

  • 縦5m
  • 横2.5m

 

のカーポートを例にして計算してみました。

 

【カーポートの面積】縦5m×横2.5m=12.5㎡

縦横1m内側は建ぺい率に算入しないので、建ぺい率に算入する部分は、

縦5m-1m-1m=縦3m

横2.5m–1m-1m=横0.5m

【建ぺい率に算入する面積】縦3m×横0.5m=1.5㎡のみ

 

ちなみに、建ぺい率に算入しない面積は、下記のとおりです。

12.5㎡-1.5㎡(算入面積)=11㎡

 

カーポートの容積率の緩和条件

カーポートの容積率の緩和条件

カーポートには、容積率にも緩和条件があります。

※容積率とは延べ床面積で計算します。

 

建築物の延べ面積の1/5までは、カーポートの床面積を容積率に算入しなくてOKです。

 

例えば、下記の条件で計算してみましょう。

カーポート:縦5m・横2.5m・床面積12.5㎡

建物の延べ床面積60㎡

カーポートの床面積12.5㎡+建物の延べ床面積60㎡=72.5㎡

 

72.5㎡×1/5=14.5㎡なので、

12.5㎡のカーポートの床面積はすべて容積率に算入しなくて大丈夫です。

 

ただし、容積率は自治体によって違うので、必ず事前に確認してください。

 

まとめ【カーポートの建ぺい率には緩和条件がある】

まとめ【カーポートの建ぺい率には緩和条件がある】

この記事をまとめます。

  • 原則的には、カーポートの面積をそのまま建ぺい率に算入する
  • カーポートが緩和条件に該当すれば、建ぺい率に算入する部分が減る
  • 容積率にもカーポートの緩和条件がある

 

カーポートの建ぺい率・容積率の計算の参考にしてください(^^)

 

ちなみに、カーポートに照明を設置する場合は、

  • LED
  • 蛍光灯

 

の違いを知っておきましょう。

 

LEDと蛍光灯の違いを、

蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】にまとめています。

蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

あなたの設計の参考になればうれしいです(^^)

関連記事

  1. 階段の寸法の計算や建築基準法を解説【住宅の階段設計の注意点】

    階段の寸法の計算や建築基準法を解説【住宅の階段設計の注意点】

  2. バルコニーやベランダの水勾配・手摺高さ・隔て板の基準

    バルコニーやベランダの水勾配・手摺高さ・隔て板の基準

  3. エレベーターの設置義務は法律や条例に従う【設置届についても解説】

    エレベーターの設置義務は法律や条例に従う【設置届についても解説】

  4. 階段手摺の高さは75cmくらい【設置基準やその他の手摺の高さも解説】

    階段手摺の高さは75cmくらい【設置基準やその他の手摺の高さも解説】

  5. 畳のメリットとデメリットを解説【フローリングや置き畳と比較】

    畳のメリットとデメリットを解説【フローリングや置き畳と比較】

  6. マンションの人気設備ランキング【共用部と専有部ごとに紹介】

    マンションの人気設備ランキング【共用部と専有部ごとに紹介】

  1. インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

    インテリアプランナーの合格率からみる難易度【製図の独学は難関】

    2020.06.26

  2. インテリアデザイナーの平均年収は400万円くらい【収入アップのコツ】

    インテリアデザイナーの平均年収は400万円くらい【収入アップのコツ】

    2020.06.25

  3. インテリアコーディネーターの仕事内容【あなたが向いてるか診断】

    インテリアコーディネーターの仕事内容【あなたが向いてるか診断】

    2020.06.24

  4. インテリアコーディネーターの年収は300万〜400万円台【稼げます】

    インテリアコーディネーターの年収は300万〜400万円台【稼げます】

    2020.06.23

  5. インテリアコーディネーターの合格率からみる難易度【24%くらい】

    インテリアコーディネーターの合格率からみる難易度【24%くらい】

    2020.05.23

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト