防犯設備士の試験の難易度!過去問ないのでテキストで勉強しよう

セキュリティ

防犯設備士の試験の難易度をご紹介します。

防犯設備士は過去問集もなく、日本防犯設備協会のテキストしか勉強するものがありません。

 

1日半の講習をうけて、最後に試験をします。

「講習があるなら、事前の勉強いらないじゃん!」と思っていると、不合格になるリスクがあります(^^;

 

この記事では、

  • 防犯設備士の試験の難易度
  • 防犯設備士を取得するのにかかる費用!不合格はシャレにならない
  • 防犯設備士の試験情報
  • 防犯設備士とあわせて取得したい資格

などをご紹介します。

 

あなたの防犯設備士合格の参考になればうれしいです(^^)

それでは、さっそく見ていきましょう!

防犯設備士の試験の難易度

電球

防犯設備士の試験の難易度は、

  1. 予習しておけばカンタン
  2. 予習しないと難しい

です。

 

防犯設備士は1日半の講習を受けて、そのまま試験に突入します。

まったく予習をせずに講習を受けると、講習についていくのがやっとです。

 

よくわからないまま試験の時間になってしまうと、不合格になる危険があります。

 

防犯設備士を申し込むと、事前に日本防犯設備協会のテキストが2冊送られてくるので、必ず予習しておきましょう。

※テキストは数百ページあります。

 

amazonを調べても、過去問集やテキストは一切売られていないので、日本防犯設備協会のテキストすべてに目を通しておきましょう。

防犯カメラ

特に、専門用語や記号を理解していないと、講習についていけません。

  • 不正持ち出し監視システム
  • 防犯カメラ

などは、特に予習しておきましょう。

 

予習した状態で講習に臨めば、高い確率で合格できます(^^)

※防犯設備士の合格率は非公開なので、合格率はわかりません。

防犯設備士の試験内容

試験

防犯設備士の試験は、

  1. 知識試験:80問、試験時間70分
  2. 技能試験:80問、試験時間80分

の2つがあります。

 

①知識試験は防犯と電気の暗記系問題が中心で、少しだけ計算問題もあります。

計算問題は、

  • カメラの焦点距離や画角の計算
  • 録画のハードディスクの容量の計算
  • オームの法則

などが出題されます。

 

②技能試験は、図面を見て「最適な防犯設備を選定する」という問題が半分、残り半分は暗記問題です。

設備図から系統図に直すスキルも必要です。

 

テキストには図で記されているものも、試験問題になると文章になっています。

読解力と想像力も必要です。

問題

試験はマークシートですが、10個くらいある語群から正しいものを選んでいく問題がメインです。

よくある「4つから1つを選ぶ」とか「5つから1つを選ぶ」という問題ではないので、難易度は高めです。

 

テキストに出ていない問題もでるので、基礎がわかってないと解けないようになっています。

つまり、丸暗記だけでは合格できないので、きちんと理解する勉強が必要です。

講習に参加する前に事前提出レポートも必要

レポート提出

講習に参加する前に、事前提出レポートがあります。

※事前提出レポートは、テキストと一緒に送られてきます。

 

講習当日に事前提出レポートをもっていかないと、講習を受けることができません。

 

事前提出レポートは、

  • 防犯の基礎
  • 電気の基礎
  • 防犯図記号

の分野があり、合計94問の穴埋め問題です。

勉強する男性

この事前提出レポートは「とりあえず終わらせる」という姿勢で臨むよりも、「予習のために行う」のがおすすめです。

事前提出レポートを作成と、予習ができるので一石二鳥です(^^)

 

ただし、試験問題はテキスト全般から出題されるため、事前提出レポートだけでなくテキストの勉強もしておきましょう。

  • 事前提出レポート:7時間
  • テキストの勉強:60時間

くらいの勉強時間を想定しておきましょう。

講習の受け方にもコツがある

席に着く

講習当日は、できるだけ前の席に座りましょう。

講師によっては声が小さく、後ろの席だと聞き取れないことがあるからです。

 

講習の会場は自由席なので、早めに会場入りして前の席をとりましょう。

防犯設備士を取得するのにかかる費用!不合格はシャレにならない

落ち込む男性

防犯設備士を取得するのにかかる費用をご紹介します。

受講料 32400円
受験料 10800円
宿泊費(遠方から参加の場合) 約7000円
食費(計6食) 約7000円
交通費 距離や交通機関による
合計 5万~10万円

試験会場への距離にもよりますが、費用が5万~10万円はかかります。

 

5万~10万円かけて、2日つかって、不合格だったらシャレになりません…。

でも、不合格になる人がいるんです…。

 

不合格になってしまったら、お金はつかうわ、時間はつかうわ、得られるものはないわで、さんざんな2日間になってしまいます。

 

会社から費用を出してもらって受験する人は、上司に合わせる顔がありませんよね(^^;

 

だからこそ、予習が重要なのです。

日本防犯設備協会からテキストが送られてきたら、すぐに勉強にとりかかりましょう(^^)

防犯設備士の試験情報

ペン

防犯設備士の試験情報をご紹介します。

受験資格 事前提出レポートを提出し、

防犯設備士資格認定養成講座を修了した人

願書申し込み期間 4~5月

6~7月

8~9月

11~1月

申し込み方法 インターネット・FAX
講習・試験日 2月、6月、9月、11月
講習・試験会場 札幌・東京・名古屋・大阪・福岡
知識試験の試験科目 防犯の基礎知識

防犯建物部品の基礎知識

防犯設備の構造および機能の知識

電気の基礎知識

技能試験の試験科目 防犯設備設計の技能

防犯設備の名称および用途などの識別

防犯設備の施工

防犯設備の保守方法

関係法令

合格点 知識試験・技能試験ともに60%以上の正答率
合格発表日 試験の約2週間後

年4回試験をしているので、受験のチャンスは多いです。

ちなみに、再試験の場合は10800円で受験できますが、2年以内に3回までです。

 

くわしくは、公益社団法人日本防犯設備協会のホームページを見てください。

そもそも防犯設備士とは?

防犯

防犯設備士とは、公益社団法人日本防犯設備協会が主宰する民間資格です。

公益社団法人日本防犯設備協会は警察庁管轄で、ピッキングなどの盗難被害を防ぐ設備の専門家の資格として、防犯設備士資格を発行しています。

 

防犯設備士は22000人を超えています。

資格保有者は、

  • 警察官
  • 建築設備会社の社員さん

などが中心です。

防犯設備士とあわせて取得したい資格

女性

防犯設備士とあわせて取得したい資格には、

  • 消防設備士
  • 電気工事士
  • 建築設備士
  • 危険物乙種4類
  • 総合防犯設備士

などがあります。

設備系の資格が多いですね。

 

防犯設備士は電気知識も必要なので、電気工事士とかぶる部分があります。

 

建築設備士は電気、給排水、空調設備など幅広い設備の知識をもつため、防犯設備の知識もあわせてほしいところですね(^^)

 

消防設備士と電気工事士と建築設備士については、下記の記事も参考にしてみてください。

消防設備士の試験内容や合格率からみる難易度

電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

建築設備士の受験資格や試験の難易度!独学でも合格できるのか?

また、防犯設備士の上位資格である「総合防犯設備士」の取得も目指してみましょう。

防犯設備士の実務経験があって、防犯設備の審査や監査ができる人が受験できます。

 

総合防犯設備士の試験は、筆記試験or講習と、面接試験があります。

くわしくは、公益社団法人日本防犯設備協会のホームページを見てみてください。

まとめ

考える男性

この記事をまとめます。

  • 防犯設備士を受験するときは、必ずテキストで予習していくこと
  • 事前提出レポートは、予習だと思えば一石二鳥
  • 講習は前の席で聞く
  • 防犯設備士を不合格になるとシャレにならない…
  • 防犯設備士とセットで他の資格取得も検討する

となりました(^^)

 

講習があるとはいえ、予習していかないと難しい試験です。

「講習があるなら合格するだろう」と甘く見ていると、痛い目にあいますよ(^^;

 

きちんと予習すれば合格できる試験なので、しっかり勉強しましょう。

 

あなたの防犯設備士の合格の参考になればうれしいです(^^)!

関連記事

  1. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  2. 消火栓

    消防設備士の試験内容や合格率からみる難易度

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  4. 石油コンビナート

    高圧ガス製造保安責任者の合格率や試験内容からみる難易度

  5. 給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

    給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

  6. 配管

    管工事施工管理技士の年収を分析【年収を上げる方法も解説】

  1. 蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    2019.11.30

  2. LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

    LEDの寿命を計算したら約10年【短い期間で切れる原因も解説】

    2019.11.29

  3. 排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

    排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

    2019.11.28

  4. 給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

    給水装置工事主任技術者の難易度【合格率や合格基準から分析】

    2019.11.27

  5. 電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    2019.10.29

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

建設業界で働く人におすすめのサイト