電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】
考える男性
考える男性
電気工事士はやめとけって、本当なの?

手に職をつけたくて電気工事士を考えてるけど、肝心の仕事内容がキツすぎるならやめておこうかな…

 

資格を取る前に、電気工事士のきついところを知りたいな。

あと、僕は電気工事士としてやっていけるのかな…?

こういった不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 電気工事士のきつい部分がわかる
  • 仕事が辛いときの対処法がわかる
  • 電気工事士でやっていける人の特徴がわかる
  • 電気工事士になるメリットがわかる

 

電気工事士のきついところを解説します。

デメリットを知った上で、資格取得を検討しましょう。

電気工事士に向いてる人の特徴も解説するので、あなたがやっていけそうかチェックしてください。

電気工事士はやめとけと言われる3つの理由

電気工事士はやめとけと言われる3つの理由

「電気工事士はやめとけ」と言われるのは、下記の3つの理由からです。

  1. 肉体労働がきつい
  2. 人間関係が辛い
  3. けっこう忙しい

 

1つずつ解説しますね。

 

①肉体労働がきつい

肉体的にはきつい仕事です。

屋外作業も多いですからね。

 

具体的にきつい理由は、下記のとおりです。

  • 重いものを運ぶ
  • 高所での作業
  • 立ちっぱなし
  • 暑い・寒い
  • ケガする危険あり

 

修行時代は特に体力を使う

電気工事士は職人の世界なので、最初は修行です。

先輩のサポートに走り回るので、けっこう体力は使いますね。

 

例えば、先輩から言われた道具をとりにいくにも、道具の名前がわからないと何度も取りにいくことに。

そうやって仕事を覚えていくわけですが、最初は体力的にきついです。

修行期間中は立場も弱いので、暑いor寒い屋外で長時間立ちっぱなしということもあります。

 

②人間関係が辛い

電気工事士は、人間関係も辛いところ。

前述のとおり、電気工事士は修行の世界だからです。

 

具体的には下記のとおり。

  • 教えてもらえず、間違えると怒られる
  • 「仕事は見て覚えろ」という世界
  • 覚えることが多く、最初は怒られてばかり
  • パワハラ会社もある
  • 他の業者に邪険にされる

 

現場で他の業者に邪険にされることあり

電気工事は建築現場のスキマを縫って行うイメージのため、他の職人さんなどから邪険にされることがあります。

※もちろん一部の人だけですが。

 

工事の予定上、1日で終わらせないといけないものも多く、運が悪いと他の業者さんに急かされることもあります。

なぜか肩身のせまい思いをすることがあるので、少々理不尽に感じるかもしれません。

 

③けっこう忙しい

電気工事士の仕事は、けっこう忙しいです。

最低人数で現場を回すから。

 

会社によっては工事に波があるため、社員は数名という会社も多いですね。

そのため、忙しいときは大変です。

仕事を断ると次から頼まれなくなるため、無理にでも請けてしまう会社もあります。

 

結果的に、

  • 急に仕事が入る
  • 残業が多い
  • 休みが少ない

 

という状態になり、けっこう忙しいことも。

工事の予定上、1日で終わらせないといけない工事もあって忙しいですね。

 

資格がないと就職できないので人手不足

そもそも電気工事は、「電気工事士」の資格がないとできません。

なので、誰でも採用していいわけではないんです。

 

結果的に、慢性的な人手不足になっている会社のあります。

望まずして、ブラック企業になってしまう会社もあります。

 

電気工事士の仕事がきついときの3つの対処法

電気工事士の仕事がきついときの3つの対処法

もし電気工事士の仕事がきついなら、下記の3つの対処法があります。

  1. 早くスキルを身につける
  2. 他の会社に転職する
  3. 電気工事士を辞める

 

就職した後のイメージとして、参考になればうれしいです。

1つずつ解説しますね。

 

①早くスキルを身につける

なんだかんだで、これが一番です。

スキルを身につければ怒られなくなるから。

 

仕事も早く終わるようになるので、辛さは減っていきます。

修行の世界なので最初は辛いですが、「辛いのは最初だけ」と思っておくと何とか乗り切れるかと。

 

②他の会社に転職する

電気工事士として、他の会社に転職する方法もあります。

会社によって、職場環境はけっこう違うので。

 

ブラックっぽい会社が辛いなら、転職で問題解決する人も多いですよ。

そもそも電気工事士の資格があれば転職は有利なので、どうしても辛いなら転職しましょう。

 

③電気工事士を辞める

どうしても辛すぎるなら、電気工事士自体を辞めるのも手です。

資格があるので、また戻ってこれるから。

 

例えば、下記のようなキャリア形成も可能です。

  1. まずは電気工事士の資格を取得
  2. 電気工事士の修行をしてスキルを磨く
  3. 他の仕事がしたくなったら転職
  4. また電気工事をやりたくなったら戻る

 

資格=つぶしがきくので、資格があることを生かしましょう。

 

電気工事士に向いてる人の5つの特徴【向いてないならやめとけ】

電気工事士に向いてる人の5つの特徴【向いてないならやめとけ】

考える男性
考える男性
電気工事士の辛いところは何となくわかった。

で、僕は電気工事士に向いてるのかな?

電気工事士に向いてる人の特徴は、下記の5つです。

3つ以上あてはまるなら、電気工事士に挑戦しても良いかと。

  1. 修行の覚悟がある人
  2. 打たれ強い人
  3. 継続的に勉強できる人
  4. 体力がある人
  5. 電気工事が好きな人

 

いくつ当てはまりましたか?

1つずつ解説しますね。

 

①修行の覚悟がある人

前述のとおり、職人の修行の世界なので覚悟は必要です。

中途半端な気持ちだと挫折するので、要注意です。

辛い修行よりも「絶対に一人前の電気工事士になる!」という強い気持ちが勝たないと、正直きついでしょう。

 

②打たれ強い人

先輩に怒られることが多いから。

怒られる=まだ教える気がある状態であり、無視されるようになったら終わりです。

「怒られるうちが華」と理解して、コツコツと修行できる人が生き残れます。

 

③継続的に勉強できる人

覚えることが多い仕事だからです。

決して簡単な仕事ではないので、継続的な勉強が必要。

 

新しい技術も出てくるので、「ここまでやればもう勉強しなくていい」というラインはありません。

探究心がない人には厳しい仕事かと。

 

④体力がある人

前述のとおり、けっこう肉体労働だからです。

どんなにやる気があっても、体力がなければ続けられません。

 

⑤電気工事が好きな人

これはもう基本ですね。

「好きこそものの上手なれ」と言いますが、やっぱり好きじゃないと続かないですよ。

電気工事士の資格があれば確かに潰しはききますが、それ以前に仕事が嫌いだと無理でしょう。

 

電気工事士になる3つのメリット【やめとけと言われる割にメリット多し】

電気工事士になる3つのメリット【やめとけと言われる割にメリット多し】

考える男性
考える男性
何となく電気工事士のことがわかってきた。

最後に、電気工事士になるメリットを確認しておきたいな。

電気工事士になるメリットは、下記の3つです。

  1. つぶしがきく
  2. スキルが身につけば稼げる
  3. 独立できる

 

1つずつ見ていきましょう。

 

①つぶしがきく

最大のメリットは、つぶしがきくことです。

電気工事は電気工事士しかできないため、独占業務の資格です。

 

電気がなくなることは考えにくいため、将来性も抜群ですよ。

資格は5年に一度の更新で維持できるので、更新しておくと将来も安心です。

 

②スキルが身につけば稼げる

スキルアップするほど稼げます。

技術職ですからね。

 

会社によっては、年収700万円以上の電気工事士もいますよ。

腕一本で稼げるので、手に職をつけたい人はどうぞ。

 

③独立できる

十分にスキルが身につけば、独立も可能です。

技術職なので、会社に縛られる必要がないので。

 

修行期間中に人脈を作っておきましょう。

独立したときに、仕事を回してくれる人が出てきます。

 

修行期間中にマジメに仕事をして、あいさつと返事を元気よくして可愛がられるのがコツです。

いつか社長になってみたい人にも、電気工事士はおすすめです。

 

まとめ【電気工事士はやめとけと言われるけど、メリットも多い】

まとめ【電気工事士はやめとけと言われるけど、メリットも多い】

最後にもう一度、電気工事士をやめとけと言われる3つの理由をまとめておきます。

  1. 肉体労働がきつい
  2. 人間関係が辛い
  3. けっこう忙しい

 

そして、どうしても電気工事士が辛くなったときの対処法は、下記の3つ。

  1. 早くスキルを身につける
  2. 他の会社に転職する
  3. 電気工事士を辞める

 

電気工事士に向いてる人の特徴は、下記の5つです。

  • 修行の覚悟がある人
  • 打たれ強い人
  • 継続的に勉強できる人
  • 体力がある人
  • 電気工事が好きな人

 

3つ以上あてはまるなら、電気工事士に挑戦しても良いかなと。

 

最後に、電気工事士になるメリットは下記の3つです。

  1. つぶしがきく
  2. スキルが身につけば稼げる
  3. 独立できる

 

結論、やめとけと言われる割にメリットも多いので、本気なら挑戦してみましょう。

 

ちなみに、電気工事士の資格試験については、

電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツにまとめています。

まだ資格を取得してない人は、勉強の参考にしてみてください。

電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

あなたのキャリアの参考になればうれしいです。

関連記事

  1. 電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

  2. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  3. 電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

    電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

  4. インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

    インターホンの高さは外部110~130cm・内部130cm~145cm

  5. 蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

    蛍光灯とLEDの違い14選【結論:適した場所に適した照明を使う】

  6. 分電盤

    分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

  1. 電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説します】

    電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説しま…

    2020.08.23

  2. 電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

    電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

    2020.08.21

  3. ボイラー技士の平均年収は382万円【特級と一級の将来性は明るい】

    ボイラー技士の平均年収は382万円【特級と一級の将来性は明るい】

    2020.08.20

  4. 排水管の勾配の付け方や基準【工事の4つの注意点も解説します】

    排水管の勾配の付け方や基準【工事の4つの注意点も解説します】

    2020.08.19

  5. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    2020.07.22

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト