電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】
考える男性
考える男性
電気施工管理って未経験から転職できるのかな?

手に職をつけたいから興味あるんだよね。

 

転職活動のコツとかあれば知っておきたい。

でも、きつい仕事っぽいからやっていけるか心配だなぁ…

こういった疑問や不安に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 電気施工管理は未経験から転職できるのかわかる
  • 未経験の転職活動のコツがわかる
  • 転職する前に勉強しておいた方がいいことがわかる

 

電気施工管理は未経験から転職が可能です。

なぜなら、電気施工管理が足りてないから。

ただし、きつい仕事でもあるのでちょっと覚悟しておきましょう。

会社によりますが、激務な現場もあります。

 

でも、そうしたキツさを乗り越えた先には、安定の手に職が身につきます。

終身雇用も崩壊したので、手に職をつけるのがこれからの時代の安定かと。

転職活動のコツも解説するので、参考にしてみてください。

電気施工管理は未経験から転職できる【求人あり】

電気施工管理は未経験から転職できる【求人あり】

電気施工管理は、未経験でも転職できます。

なぜなら、電気施工管理が不足してるから。

業界全体で施工管理の人材が不足しているため、未経験者を採用して、育成している会社が多いです。

参考:施工管理が人手不足の3つの理由【ホワイト企業は離職率が高くない】

事実、求人サイトで検索すると、未経験から転職できる電気施工管理の求人が多数あります。

 

未経験から電気施工管理に転職できるのは30代前半まで

ただし、未経験で転職できるのは30代前半まで。

現実的には32歳くらいまででしょう。

なぜなら、未経験の転職は若い方が有利だから。

企業側も、採用するなら飲み込みが早い20代を好みます。

結論、未経験で電気施工管理に転職するのは年齢制限があるので、早めに転職しましょう。

 

【ただし】仕事がきついこともある

考える男性
考える男性
でも、電気施工管理の仕事ってきついんだよね…?

僕にやっていけるかな…?

たしかに、電気施工管理の仕事はきついこともあります。

でもそれは、どの仕事にも言えること。

世の中、楽な仕事はありませんよね。

具体的に、電気施工管理のきついところは下記の3つ。

  1. 工期が迫れば悪天候でも仕事
  2. 工事の後ろの方なのでスケジュールがきつい
  3. 他の業者に邪魔者あつかいされることアリ

 

詳しくは、電気施工管理のきついところ3選【失敗しない転職活動のコツも解説】にまとめてます。

また、あなたが施工管理に向いてるかどうかは、電気設備の施工管理は激務になることアリ【あなたが向いてるか診断】でわかります。

 

【魅力】未経験から転職できて手に職がつく

きついこともある電気施工管理ですが、最大の魅力は手に職がつくことです。

技術職なので、電気施工管理で経験値を積んでいけば、転職がかなり有利です。

前述のとおり人材不足なので、施工管理経験者は引くてあまたですよ。

終身雇用も崩壊したので、電気施工管理で手に職をつければ安定します。

参考:施工管理(現場監督)のやりがいや魅力9選【未経験から始める方法】

 

未経験で電気施工管理に転職するコツ

未経験で電気施工管理に転職するコツ

考える男性
考える男性
未経験から電気施工管理に転職するコツってある?

結論、採用倍率は低めなので、極端な面接対策とかは不要です。

用意するものは下記の3つ。

  1. やる気のアピール
  2. 施工管理の志望動機
  3. 身だしなみを整える

 

準備が必要なのは「志望動機」ですね。

面接官は「なんで電気施工管理になりたいの?」が疑問だから。

未経験者さんの志望動機の作り方は、施工管理が未経験の人の志望動機の作り方と例文【研修で会社を選ぶ】にまとめます。

また、未経験から施工管理に転職するコツは、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】が参考になると思います。

 

【注意点】研修が整っている会社を選ぶ

未経験から電気施工管理に転職する場合は、研修で会社を選びましょう。

未経験者向けの研修がしっかりしてる会社じゃないと、最初でつまづくから。

もちろん、給料や福利厚生も大切ですが、研修制度を重視するのが最大のコツです。

ちなみに弊社メルマガでは、未経験者向けの研修が整っている会社の求人情報を配信しています。

最初でつまづいて辛い思いをしたくない人は、情報収集にメルマガ登録をどうぞ。

無料です。

メルマガ

 

技術者派遣から始めるのもアリ

未経験から転職するなら、技術者派遣から始めるのもアリですよ。

技術者派遣の会社は、未経験者向けの研修がしっかりしているから。

考える男性
考える男性
派遣?

アルバイトはイヤだな…

と思うかもですが、技術者派遣は正社員です。

技術者派遣の会社の正社員で採用されて、働くのが別の会社の現場という意味です。

他社に人材を派遣する関係上、技術者派遣の会社は研修をしっかり行います。

なので、未経験者さんがスムーズに電気施工管理に入っていけるイメージ。

まずは技術者派遣で経験を積んで、気に入った会社に転職してキャリアアップしていく人もいますよ。

施工管理の技術者派遣については、施工管理の派遣で働くメリットは?にまとめてます。

 

会社の雰囲気を見てから決めると安心

「転職活動=求職者の立場が弱い」と思われがちですが、そんなことないですよ。

求職者:企業=50:50の関係性なので、あなたも会社を面接する気持ちを忘れずに。

あなたが入社したい会社を選ぶ姿勢も必要です。

条件は良い会社でも、違和感がある会社は注意した方がいいかも。

  • 面接の雰囲気が悪かった
  • 面接官の言葉遣いが悪かった
  • 社内の雰囲気が暗かった

 

など、何か引っかかることがあれば慎重になりましょう。

もしかすると、あなたと合わない会社かもしれません。

面接は雇用契約を結ぶかどうか大切な場なので、あなたも会社を選ぶのが大切です。

 

未経験で電気施工管理に転職する前に勉強しておくと良いこと

未経験で電気施工管理に転職する前に勉強しておくと良いこと

考える男性
考える男性
ちなみに、転職する前になんか勉強しておくことってあるの?

スムーズに仕事に慣れたいから、できることはやっておきたい。

結論、本やYoutubeで勉強すればOK。

入社後の研修で学ぶこともできますが、予習しておいた方が研修の内容もわかりやすいと思うので。

 

おすすめの本は「めざせ!現場監督」です。

電気施工管理の本ではありませんが、施工管理の基礎がよくわかります。

Youtubeは「施工管理」や「現場監督」と検索すると、けっこう動画が出てきますよ。

事前学習しておいて損はないので、勉強しておきましょう。

 

【よくある質問①】電気工事施工管理技士の勉強はした方がいいですか?

結論、電気工事施工管理技士の勉強はしなくて大丈夫。

なぜなら、まだ受験できないし、実務の勉強には不向きだから。

簡単にいうと、業務にはあまり役立たないので勉強は不要です。

 

【よくある質問②】電気工事の勉強はした方がいいですか?

「可能であれば勉強しておいてもいい」くらいです。

なぜなら、施工管理は実際に工事をする仕事じゃないから。

電気施工管理=電気工事の現場監督なので、実際に工事をするのは電気工事士さんたちです。

考える男性
考える男性
電気工事士の勉強はした方がいいのかな?

と思うかもですが、これも不要。

いずれは勉強してもいいですが、転職前の段階では特に勉強しなくてOK。

前述の本やYoutubeのように、施工管理についてを集中して勉強するのがおすすめです。

 

まとめ【電気施工管理は未経験から転職できる。行動あるのみ】

まとめ【電気施工管理は未経験から転職できる。行動あるのみ】

ということで、本気で電気施工管理に転職したいなら、さっそく転職活動を始めてみましょう。

前述のとおり、未経験だと年齢制限があるので早めに動いた方がいいですよ。

 

求人情報を見たり、勉強を始めたり、できることから始めてみてください。

今日から行動して、電気施工管理に転職して、手に職をつけて自信をもって生きれる人生にすればOK。

 

未経験から転職するときは、研修制度で会社を選ぶのがコツ。

弊社メルマガでは、未経験者向けの研修が整っている会社の求人情報を配信しています。

最初でつまづいて辛い思いをしたくない人は、情報収集にメルマガ登録をどうぞ。

無料です。

 

また、未経験から施工管理に転職するコツは、施工管理は未経験でも転職できる【研修がしっかりしてる会社を選ぶ】が参考になるかと。

 

あとは行動あるのみ。

今日からできることを始めて、電気施工管理の技術者としてスキルを積み上げていきましょう。

あなたの転職活動の参考になればうれしいです!

関連記事

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  2. 分電盤

    分電盤の設置基準を解説【電気器と遠くなると電圧が低下する】

  3. 電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

    電気工事の現場監督(施工管理)の仕事内容や給料【未経験の会社選び】

  4. コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

    コンセントの高さの基準やおすすめ【設置場所の目安も解説】

  5. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

  6. 電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

    電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

  1. 管工事施工管理技士の1級2級の7つの違い【勉強の3つのコツも解説】

    管工事施工管理技士の1級2級の7つの違い【勉強の3つのコツも解説】

    2021.03.27

  2. 設備施工管理はやめとけと言われる3つの理由【メリットも3つ紹介】

    設備施工管理はやめとけと言われる3つの理由【メリットも3つ紹介】

    2021.03.25

  3. 設備施工管理の年収は500万円くらい【年収アップの3つのコツも解説】

    設備施工管理の年収は500万円くらい【年収アップの3つのコツも解説】

    2021.03.20

  4. 1級電気工事施工管理技士の試験勉強におすすめのアプリ8選を紹介

    1級電気工事施工管理技士の試験勉強におすすめのアプリ8選を紹介

    2021.03.20

  5. 電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

    電気施工管理は未経験から転職できる【転職に失敗しないコツも解説】

    2021.02.27

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト