電気通信工事の7つの仕事内容【向いてる人の特徴と未経験で転職する方法】

インターネット社会
考える男性
考える男性
電気通信工事の仕事内容を知りたいな。

具体的に何するの?

仕事のきついところとか、魅力も知っておきたい。

どれくらい稼げる仕事なの?

 

あと、そもそも僕は電気通信工事の仕事に向いてるのかな?

向いてるなら転職してみようかな…

未経験で転職する方法も教えてほしい。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 電気通信工事の仕事内容がわかる
  • 電気通信工事の仕事に向いてる人の特徴がわかる
  • 未経験で電気通信工事の仕事に転職する方法がわかる

 

私たち「ワット・コンサルティング」は、施工管理の技術者派遣の会社です。

未経験で電気通信工事の施工管理(現場監督)になりたい人を採用しています。

未経験_施工管理

この記事では、電気通信工事の仕事内容を解説します。

具体的にどんな仕事をするのかイメージできると思うので、転職の参考にしてみてください。

電気通信工事に向いてる人の特徴もまとめたので、適性診断にどうぞ。

未経験から転職する方法も解説するので、興味がある人はさっそく転職活動の準備を始めてみましょう!

電気通信工事の7つの仕事内容

アンテナ

結論、電気通信工事の仕事内容は下記の7つです。

  1. LAN工事(電気通信線路設備工事)
  2. 電話工事(電気通信機械設置工事)
  3. 弱電設備の工事(情報通信設備工事)
  4. テレビ共聴放送設備工事
  5. 放送機械設備工事
  6. 携帯電話基地局の工事
  7. 情報制御設備工事

 

1つずつ解説しますね。

 

①LAN工事(電気通信線路設備工事)

建物内のインターネット設備の工事です。

具体的には、下記などを使ってインターネットがつながる環境を作ります。

  • LANケーブル
  • 光ケーブル
  • 無線LAN(Wi-Fi)

 

パソコンはもちろん、業務用プリンターやセキュリティ機器などもインターネット回線と接続していきます。

LAN工事は、配線に工夫が必要です。

室内の動線をジャマしないように、配線を考えないといけません。

また、当然ながら配線図の見方も勉強する必要があります。

ちなみに、LAN工事は室内作業が多く、暑さ・寒さはそこまで厳しくありません。

天候にも左右されないので、働きやすいでしょう。

体力もそこまで必要ではありません。

 

②電話工事(電気通信機械設置工事)

文字どおり、電話を使えるようにする工事です。

電話工事は、屋内と屋外の工事があります。

  • 屋内電話工事:屋内電話設備の新設・増設・移設工事や修理・保守を行う
  • 屋外電話工事:電柱から建物内に電話線を引き込む工事

 

屋外電話工事は高所作業があります。

また、外作業なので天候や気温によってはちょっときつい仕事ですね。

室内電話工事は、慣れると1人で行うことも多いです。

会社によっては電話工事の件数が多く、1日5件近くの工事を行うこともあります。

 

③弱電設備の工事(情報通信設備工事)

弱電設備とは、下記のような設備です。

  • 電話
  • テレビ
  • パソコン
  • 放送設備
  • 防犯カメラ
  • 火災報知器
  • インターホン
  • ナースコール
  • インターネット
  • セキュリティゲート

 

名前のとおり、弱い電気を使う通信設備のこと。

配線や機器の接続がメインなので、そこまで体力が必要ではありません。

慣れると1人で作業することが多いです。

 

④テレビ共聴放送設備工事

テレビを見れるようにする工事です。

具体的には下記のような工事を行います。

  • テレビ電波を受信するアンテナ設置工事
  • 建物内にテレビケーブルを引きこむ工事
  • 電話障害エリア(山間部など)の共同受信設備の工事
  • テレビ設備の保守・点検

 

下記のような建物で工事を行います。

  • ビル
  • 病院
  • 学校
  • 戸建住宅
  • アパート
  • マンションなど

 

ちなみに、テレビ共聴放送設備工事は高所作業あり。

ケーブルも重いので、少し体力が必要です。

 

⑤放送機械設備工事

放送機械設備工事とは、下記のような設備の工事のことです。

  • マイク
  • アンプ
  • チャイム
  • スピーカー
  • AV機器設備
  • 非常放送設備
  • 緊急放送設備
  • 会議室放送設備
  • 舞台・劇場の音響設備など

 

新設工事だけでなく、点検作業も行います。

放送設備は下記のような施設に設置されるので、活躍する現場も幅広いです。

  • ビル
  • 学校
  • 工場
  • 店舗
  • 病院
  • 商業施設
  • 公共施設など

 

⑥携帯電話基地局の工事

携帯電話の基地局を建設する工事です。

下記のような工事も行います。

  • アンテナ・無線設備の設置工事
  • 電波障害の解消工事や通信試験

 

※屋内・屋外ともに工事が必要です。

携帯電話基地局の工事は高所作業もあります。

ビル・マンションの屋上や鉄塔に登ることもあるため、高所が得意な人におすすめです。

 

⑦情報制御設備工事

情報制御機器の設置工事などを行います。

現場は、工場などが多いですね。

新設工事に限らず、運用保守も実施します。

 

【ちなみに】建設業法の電気通信工事の対象工事

上記7つの電気通信工事の仕事内容は、わかりやすくするために簡素化してお伝えしました。

建設業法における電気通信工事は下記のとおりです。

建設工事の内容(告示) 建設工事の例示(建設業許可事務ガイドライン)
  • 有線電気通信設備
  • 無線電気通信設備
  • ネットワーク設備
  • 情報設備
  • 放送機械設備
  • 有線電気通信設備工事
  • 無線電気通信設備工事
  • ネットワーク設備工事
  • 情報処理設備工事
  • 情報収集設備工事
  • 情報表示設備工事
  • 放送機械設備工事
  • TV電波障害防除設備工事

参考:国土交通省「電気通信工事業の建設工事の内容の見直しの検討について

参考までに知っておけばOKです。

 

電気通信工事には作業員と施工管理の仕事がある

ちなみに、一口に「電気通信工事」といっても、2つの職種に分かれています。

  • 作業員:実際に工事を行う人
  • 施工管理:工事現場を監督する人

 

どちらも未経験から転職できます。

作業員の主な仕事内容は下記のとおり。

  • 配線
  • 機器の接続・設置
  • ケーブルの敷設
  • 機器の試験運転
  • 電信柱から線を引き込むなど

 

最初は道具の名前を覚えて、「先輩に道具を渡す」など補助業務からスタートします。

 

一方、施工管理の仕事内容は下記のとおり。

  • 工事計画の作成
  • 工事のスケジュール管理
  • 事故がないように安全対策する
  • 会社の利益が出るようにお金を管理する
  • 品質の高い工事を維持する
  • 工事図面の作成
  • 現場の写真撮影と整理
  • 書類作成など事務作業
  • 施主や元請会社とのコミュニケーション

 

施工管理は監督業なので、作業員さんがスムーズに働ける環境を整えるイメージです。

ちなみに、「施工管理」の仕事内容については、施工管理(現場監督)の13の仕事内容【あなたに向いてるかも診断】に詳しくまとめてます。

 

電気工事と電気通信工事の違い【工事の対象が違う】

考える男性
考える男性
電気工事と電気通信工事って、どう違うの?

すごくカンタンにいうと、下記のように違います。

  • 電気工事:電気設備の工事
  • 電気通信工事:情報通信設備の工事

 

具体的な工事の種類は下記のとおりです。

電気工事 電気通信工事
  • 発電設備工事
  • 送配電線工事
  • 引込線工事
  • 変電設備工事
  • 構内電気設備工事
  • 照明設備工事
  • 電車線工事
  • 信号設備工事
  • ネオン装置工事
  • LAN工事
  • 電話工事
  • 弱電設備の工事
  • テレビ共聴放送設備工事
  • 放送設備工事
  • 携帯電話基地局の工事
  • 情報制御設備工事

また、電気工事と電気通信工事では、扱う電力が違います。

電気通信工事は電力が小さいですね。

 

電気通信工事のきついところ

考える男性
考える男性
電気通信工事のきついところも知りたいな…

結論、きついところは下記の7つです。

  1. 体力が必要な現場もある
  2. 繁忙期がある
  3. 高所作業が怖い
  4. 1人工事のトラブル対応が大変
  5. 新しい情報通信設備を覚えるのが大変
  6. 短い時間で工事を終わらせなければいけないプレッシャー
  7. 災害時は緊急出勤がある

 

詳しくは、電気通信工事のきついところ7選【やりがい7選と転職に失敗しにくいコツ】にまとめたので、転職前にチェックしておきましょう。

 

電気通信工事の魅力

考える男性
考える男性
反対に、電気通信工事の魅力ってナニ?

魅力は下記の7つです。

  1. 将来性がある
  2. 需要が伸びている
  3. 収入が安定している
  4. 手に職がつく
  5. 未経験でも転職できる

 

特にインターネットは、さらに普及を続けています。

もはや「インターネットのない生活」は考えられないため、今後も需要は大きいです。

今後は下記も控えているため、まだまだ伸びていく業界でしょう。

  • 5Gや6G
  • IoT
  • 自動運転

 

この辺の詳細は、電気通信工事業界の将来性は明るい【年収アップしていく3つのコツ】でまとめてます。

そして、需要が大きいため収入は安定しやすいです。

技術職なので、スキルを身につければ転職も有利になるため、「手に職がつく仕事」と言えるでしょう。

 

電気通信工事業の年収相場

最初は250万~300万円が相場です。

経験を積んでいくと、年収400万円くらは稼げるでしょう。

もちろん、スキルアップしたり上位資格を取得すると、さらに年収が上がります。

前述のとおり技術職なので、研鑽を積んでいけば稼げる仕事です。

 

電気通信工事に向いてる人の特徴【作業員と施工管理で解説】

チェックリスト

考える男性
考える男性
ちなみに、僕は電気通信工事の仕事に向いてるのかな…?

向いてるなら転職してみようかなぁ…

結論、作業員と施工管理で、向いてる人の特徴は違います。

それぞれに向いてる人の特徴は下記のとおり。

作業員に向いてる人の特徴 施工管理に向いてる人の特徴
  1. 高所が怖くない人
  2. 体力がある人
  3. 心配性な人
  4. 新しいことを勉強するのが好きな人
  5. 1人でもくもくと仕事をするのが好きな人
  1. コミュニケーション能力がある人
  2. リーダーシップがある人
  3. マネジメント力がある人
  4. スケジュール管理できる人
  5. 臨機応変に対応できる人
  6. マルチタスクができる人
  7. 交渉力がある人
  8. 気配りができる人
  9. 細かいことに気がつく人
  10. 説明がわかりやすい人
  11. 整理整頓できる人
  12. 算数が得意な人
  13. 勉強し続けられる人

半分以上に当てはまるなら、電気通信工事の仕事でやっていけるでしょう。

 

未経験で電気通信工事の仕事に転職する方法

希望に向かって歩く

考える男性
考える男性
電気通信工事の仕事に転職してみようかなぁ…

具体的に、どうすれば転職できるの?

2つの職種ごとに、未経験で転職する方法を解説していきますね。

  • 作業員
  • 施工管理

 

作業員に転職する方法【第二種電気工事士があった方がいい】

未経験でも、電気通信工事の作業員に転職しやすいです。

理由は、人不足だから。

高卒の人や40代の人でも、未経験で転職できる会社があります。

ただし、未経験の転職なので、研修がしっかりしている会社を選ぶのがコツです。

※研修がないと、現場でパニックになるかもしれないので。

具体的には、下記などで求人情報を調べてみましょう。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 電気通信工事会社のホームページ

 

ただし、できれば転職前に「第二種電気工事士」を取得しておくのがおすすめ。

先に第二種電気工事士を取得するメリットは下記の2つです。

  1. 即戦力で採用されやすい
  2. 転職前に基礎知識を勉強できる

 

第二種電気工事士を取得するコツは、電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツにまとめてます。

 

施工管理に転職する方法【資格なしでOK】

電気通信工事の施工管理も、未経験で転職できます。

こちらは資格もなくてOK。

「電気通信工事施工管理技士」という国家資格はあるんですが、実務経験がないと受験できないので、未経験で転職する人は気にしなくて大丈夫です。

下記などで未経験者向けの求人を探せます。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 電気通信工事会社のホームページ

 

こちらも、研修がしっかりしている会社を選ぶのが重要です。

ちなみに、私たち「ワット・コンサルティング」でも、未経験で電気通信工事の施工管理になりたい人を採用しています。

約2ヶ月の研修をしっかり受けてから働けるので安心ですよ。

※約2ヶ月の研修は業界トップクラスです。

会社説明会をやっているので、転職の情報収集の一環に活用してみてください。

 

電気通信工事の志望動機のコツ

考える男性
考える男性
ちなみに、電気通信工事の志望動機って、なんて言えばいいの?

志望動機には、下記の3つがあります。

  1. 業界の志望動機
  2. 職種の志望動機
  3. 応募企業の志望動機

 

結論、3つの志望動機をきちんと用意しておきましょう。

具体的には、下記のようなイメージです。

  • 業界の志望動機:将来性を感じるから
  • 職種の志望動機:手に職をつけたいから
  • 応募企業の志望動機:キャリアアップ制度があるから

 

「応募企業の志望動機」は、求人情報をヒントにするのがコツ。

求人情報には、応募企業が「力を入れていること」がわかります。

例えば、キャリアアップ制度がある企業なら、志望動機はこんな感じです。

御社を志望する理由は、キャリアアップ制度があるからです。

本気で電気通信工事の仕事で上を目指したいので、キャリアアップ制度がある御社で頑張りたいと思いました。

 

【参考】電気通信工事の資格について

ちなみに、電気通信工事系の資格は下記の4つです。

  1. 電気工事士
  2. 工事担任者
  3. 電気通信主任技術者
  4. 電気通信工事施工管理技士

 

前述のとおり、作業員に転職する場合は、第二種電気工事士を取得しておくのがおすすめです。

 

工事担任者とは、下記を行う国家資格です。

  • 工事の実施・実地の監督
  • 端末設備の機能確認試験
  • 端末をネットワークに接続する時の技術基準適合性の確認

 

詳しくは、工事担任者の難易度を合格率などから解説【効率的な勉強法】にまとめています。

 

電気通信主任技術者は、電気通信設備の工事や保守・運用の監督者です。

下記の2種類があります。

  • 伝送交換主任技術者:伝送交換設備の工事・運用
  • 線路主任技術者:線路設備の工事・運用

 

詳しくは、電気通信主任技術者の難易度を合格率などから解説【免除あり】を参考にどうぞ。

 

電気通信工事施工管理技士は、電気通信工事の施工管理の国家資格です。

1級と2級があり、資格を取得すると下記ができるようになります。

できること
1級
  • 特定建設業の監理技術者になれる(下請に出す工事の総額が4000万円以上、建築一式工事の総額が6000万円以上の工事)
  • 経営事項審査5点
2級
  • 一般建設業の主任技術者になれる(特定建設業未満の規模の工事)
  • 経営事項審査2点

工事現場には、監理技術者や主任技術者の配置しないといけません。

よって、電気通信工事施工管理技士を取得することで、会社の利益に貢献できます。

また、「経営事項審査」とは、公共工事の受注が有利になる点数のこと。

電気通信工事施工管理技士を取得することで、会社は公共工事を受注しやすくなります。

特に1級は大規模な電気通信工事を受注できるので、年収アップしたり、転職が有利になります。

電気通信工事施工管理技士については、下記の2記事を参考にどうぞ。

 

まとめ【電気通信工事の仕事内容を知って転職活動を始めよう】

5gの画面

最後にもう一度、電気通信工事の仕事内容をまとめておきます。

  1. LAN工事(電気通信線路設備工事)
  2. 電話工事(電気通信機械設置工事)
  3. 弱電設備の工事(情報通信設備工事)
  4. テレビ共聴放送設備工事
  5. 放送機械設備工事
  6. 携帯電話基地局の工事
  7. 情報制御設備工事

 

そして、電気通信工事には2つの職種があります。

  • 作業員:実際に工事を行う人
  • 施工管理:工事現場を監督する人

 

未経験で作業員に転職するなら、下記で求人をチェックしてみましょう。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 電気通信工事会社のホームページ

 

ただし、できれば転職前に「第二種電気工事士」を取得しておくのがおすすめです。

 

未経験で電気通信工事の施工管理に転職する人は、下記で求人をチェックしてみましょう。

  • ハローワーク
  • 転職サイト
  • 転職エージェント
  • 電気通信工事会社のホームページ

 

くりかえしですが、私たち「ワット・コンサルティング」でも、未経験で電気通信工事の施工管理になりたい人を採用しています。

約2ヶ月の新人研修を実施しているので、基礎をしっかり勉強してから働けます。

会社説明会を実施しているので、転職の選択肢の1つにどうぞ。

電気通信工事への転職の参考になればうれしいです!

未経験_施工管理

関連記事

  1. vrを見る女性

    電気通信工事業界の将来性は明るい【年収アップしていく3つのコツ】

  2. 暗いアンテナ

    電気通信工事のきついところ7選【やりがい7選と転職に失敗しにくいコツ】

  3. 電気通信工事業と電気工事業の違い【それぞれのメリットとデメリットも解説】

  1. 電気通信工事業と電気工事業の違い【それぞれのメリットとデメリッ…

    2022.05.21

  2. 電気通信工事の資格7選と難易度【未経験で転職する手順3ステップ】

    電気通信工事の資格7選と難易度【未経験で転職する手順3ステップ】

    2022.05.21

  3. vrを見る女性

    電気通信工事業界の将来性は明るい【年収アップしていく3つのコツ】

    2022.04.13

  4. 暗いアンテナ

    電気通信工事のきついところ7選【やりがい7選と転職に失敗しにくい…

    2022.04.13

  5. インターネット社会

    電気通信工事の7つの仕事内容【向いてる人の特徴と未経験で転職する…

    2022.04.13

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト