電気通信主任技術者の難易度を合格率や過去問から解説【免除あり】

電気通信主任技術者の難易度を合格率や過去問から解説【免除あり】
考える男性
考える男性
電気通信主任技術者試験の難易度を知りたいな。

けっこう難しい試験みたいだけど、合格率とかどれくらいなんだろう?

あと、良い勉強方法があったら知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事の内容は下記のとおり。

  • 電気通信主任技術者の難易度を合格率や過去問から解説
  • 電気通信主任技術者の勉強方法【おすすめの参考書・テキスト・過去問集】
  • 他の電気通信系の資格と電気通信主任技術者の難易度を比較してみた

 

電気通信主任技術者試験の難易度を解説します。

電気通信主任技術者は、電気通信工事の主任技術者になれる国家資格です。

  • 伝送交換主任技術者:伝送交換設備の工事・運用
  • 線路主任技術者:線路設備の工事・運用

 

の2種類があり、選任義務もあるため就職・転職にも非常に有利。

合格率や過去問から難易度を紹介します。

 

あと、合格するための勉強方法も紹介するので、参考にしてください。

電気通信主任技術者の難易度を合格率や過去問から解説

電気通信主任技術者の難易度を合格率や過去問から解説

電気通信主任技術者の難易度を、

  • 合格率
  • 過去問
  • 試験問題
  • 受験資格
  • 合格基準
  • 免除制度

 

などから解説します。

まずは、試験の難易度を知っておきましょう。

 

電気通信主任技術者の合格率からみる難易度

電気通信主任技術者は、

  1. 伝送交換
  2. 線路

 

2種類があり、それぞれ合格率が違います。

※試験は年2回あります。

伝送交換 線路
平成29年度第1回試験 23.4% 15.5%
平成29年度第2回試験 25.7% 32.1%
平成30年度第1回試験 27.8% 30.3%
平成30年度第2回試験 29.3% 32%
令和元年度第1回試験 24.8% 22.6%
令和元年度第2回試験 28.5% 33%
過去6回の平均合格率 26.6% 27.6%

参考:一般財団法人日本データ通信協会

 

正直、合格率は低いので難しい試験だとわかります。

合格率が低い年は20%を切っています。

事実、何年もかかって合格する人がほとんどなので、かなり難しい試験だと思っておきましょう。

 

電気通信主任技術者試験の過去問から難易度を解説【伝送交換と線路がある】

次に、電気通信主任技術者試験の過去問を見てみましょう。

電気通信主任技術者試験は、前述のとおり、

  • 伝送交換
  • 線路

 

の2種類に分かれており、それぞれ4科目に合格しないと資格をもらえません。

 

伝送交換の4科目は下記のとおり。

  1. 法規
  2. 伝送交換設備及び設備管理
  3. 電気通信システム
  4. 専門的能力

 

専門的能力の問題は、

  • 伝送
  • 無線
  • 交換
  • データ通信
  • 通信電力

 

から1つを選択します。

 

線路の4科目は下記のとおりです。

  1. 線路設備及び設備管理
  2. 法規
  3. 電気通信システム
  4. 専門的能力

 

専門的能力は、

  • 通信線路
  • 通信土木
  • 水底線路

 

から1つを選択します。

また、法規と電気通信システムの試験は、伝送交換と線路で共通問題です。

 

前置きが長くなりましたが、過去問を見てみましょう。

過去問を見て「わからない…」という人は、しっかり勉強してください。

まずは伝送交換と線路で共通の法規から。

一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午前の部 法規・設備及び設備管理」

出典:一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午前の部 法規・設備及び設備管理

 

続いて、伝送交換の「設備及び設備管理」から1問。

一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午前の部 法規・設備及び設備管理」

出典:一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午前の部 法規・設備及び設備管理

 

続いて、線路の「設備及び設備管理」から1問。

一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午前の部 法規・設備及び設備管理」

出典:一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午前の部 法規・設備及び設備管理

 

続いて、伝送交換の電気通信システムから1問。

一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午後の部(伝送交換)専門的能力・電気通信システム」

出典:一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午後の部(伝送交換)専門的能力・電気通信システム

 

続いて、線路の電気通信システムから1問。

一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午後の部(伝送交換)専門的能力・電気通信システム」

出典:一般財団法人日本データ通信協会「令和元年度第2回電気通信主任技術者試験問題 午後の部(伝送交換)専門的能力・電気通信システム

 

試験問題からみる電気通信主任技術者の難易度【マークシート方式】

電気通信主任技術者の試験は、幸いマークシートです。

記述式の問題がないのが救いですね。

 

ただ、計算が必要な問題があるので、丸暗記だけでは合格できません。

例えば電気通信システムの問題は、20問のうち、

  • 論理回路が2~3問
  • 3~5問が計算問題
  • あとは選択問題

 

となっており、計算が必要です。

過去問を丸暗記するだけでなく、きちんと計算式を理解しておく必要があります。

 

電気通信主任技術者の受験資格は特になし

電気通信主任技術者に受験資格はありません。

つまり、誰でも受験できます。

受験資格からみる難易度は低めです。

 

合格基準は60点以上

電気通信主任技術者の合格基準は「100点満点中60点以上」です。

反対に言うと、40%は間違えてOKです。

ただし、前述のとおり合格率は低めなので、40%間違えてよくてもなかなか合格できない難関試験です。

 

電気通信主任技術者試験の免除制度

電気通信主任技術者試験には、科目の免除制度があります。

前述のとおり4科目合格で資格取得ですが、1回の試験で4科目すべてに合格する必要はありません。

合格した科目は、3年まで試験を免除されます。

 

おすすめの受験対策は、1科目ずつ着実に合格していくこと。

幸い試験は年2回なので、合計6回の試験で4科目に合格すればOKということです。

 

1回で4科目に合格しようとするのはけっこう無謀なので、1科目ずつ積み上げましょう。

勉強も、1つの試験に対して1科目でOK。

ちょっと時間はかかりますが、結局この方法が確率が高いです。

 

ちなみに、免除制度は他にも細かく分類されています。

例えば、4年制大学で電気通信工学科を卒業して、実務経験があれば法規のみで合格できる免除制度もあります。

詳しい免除制度は、一般財団法人日本データ通信協会のサイトを確認してください。

 

電気通信主任技術者の試験概要

電気通信主任技術者の試験概要は下記のとおりです。

願書申込 4~5月、10~11月
試験 7月、1月
合格発表 8月、2月
受験地 札幌、仙台、さいたま、東京、横浜、新潟、金沢、長野、名古屋、大阪、広島、松山、福岡、熊本、那覇
受験料 4科目受験:18700円

3科目受験:18000円

2科目受験:17300円

1科目受験:16600円

全科目免除:9500円

参考:一般財団法人日本データ通信協会

 

電気通信主任技術者の仕事内容【選任が義務】

電気通信工事や保守には、電気通信主任技術者の選任が義務付けられています。

つまり、電気通信主任技術者なしで工事や保守をしてはいけないということ。

仕事内容を簡単にいうと、現場の監督業務です。

 

令和元年から電気通信工事施工管理技士が新設

令和元年から電気通信主任技術者と似た資格で「電気通信工事施工管理技士」が新設されました。

5Gなど電気通信工事の需要が高まっているのに、前述のとおり電気通信主任技術者の合格率は低いです。

 

電気通信工事の人材を確保するために、電気通信工事施工管理技士が新設されたわけです。

電気通信工事施工管理技士の仕事は、文字通り、電気通信工事の施工管理です。

 

「施工管理技士」なので、主任技術者だけでなく、

  • 専任技術者
  • 監理技術者(1級のみ)

 

にもなれるのが強みですね。

 

ちなみに、電気通信工事施工管理技士については、下記の2記事にまとめています。

 

電気通信主任技術者の勉強方法【おすすめの参考書・テキスト・過去問集】

電気通信主任技術者の勉強方法【おすすめの参考書・テキスト・過去問集】

電気通信主任技術者の勉強方法は、独学でも可能です。

  • 参考書
  • テキスト
  • 過去問集

 

で勉強しましょう。

 

ちなみに、おすすめの参考書・テキスト・過去問集は下記のとおりです。

 

過去問集は3~5年分を解く

過去問集は3~5年分を解きましょう。

大変ですが、傾向が見えてきます。

 

参考書やテキストで基礎を勉強したら、あとはひたすら過去問を繰り返し解くのが王道の勉強方法。

過去問で実戦的な勉強をしましょう。

 

電気通信主任技術者の法規の試験対策は暗記中心

法規は暗記問題なので、最初に勉強するのがおすすめ。

まずは法規に合格して、弾みをつけましょう。

丸暗記で行けるので、法規であまりつまづかないようにしてください。

 

難関は設備及び設備管理

電気通信主任技術者の難関は「設備及び設備管理」です。

実戦的な問題が出るので、実務経験が少ないと苦戦します。

参考書の内容が試験に使えないことも多いので、現場経験がものをいいますね。

 

専門的能力は計算問題が多い

伝送交換の専門能力は、計算問題が多いです。

計算問題なので、丸暗記というわけにはいきません。

きちんと基礎を理解しておきましょう。

 

線路は過去問集がないので、勉強が困難です。

ググりながらの勉強になるので、ちょっと覚悟しておいてください。

 

電気通信システムは工事担任者が有利

電気通信システムの問題は、工事担任者の資格があればそこまで難しくありません。

しかし、工事担任者の資格がないと、出題範囲が広いので苦戦します。

先に工事担任者に合格してしまうのも、1つの戦略かと。

 

電気通信主任技術者の勉強方法には講習や通信講座もアリ

資格系の学校で講習や通信講座があるので、独学に自信がない人は受けてみましょう。

ただし、時間とお金が必要なので、人によっては難しいかも。

 

また、講習や通信講座のデメリットは、自分のペースで勉強できないこと。

自分のペースで勉強したい人は、独学をおすすめします。

 

他の電気通信系の資格と電気通信主任技術者の難易度を比較してみた

他の電気通信系の資格と電気通信主任技術者の難易度を比較してみた

電気通信系の資格と、電気通信主任技術者の難易度を比較してみました。

受験する順番などの参考にしてください。

 

工事担任者の方が簡単

電気通信主任技術者と工事担任者を比較すると、工事担任者の方が簡単ですね。

シンプルに、試験問題が電気通信主任技術者より優しいから。

先に工事担任者に合格してから、電気通信主任技術者を受けるのもアリかと。

 

ちなみに、工事担任者については、

工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説【効率的な勉強法】にまとめています。

工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説【効率的な勉強法】

 

電気主任技術者の方が圧倒的に難しい

電気通信主任技術者と電気主任技術者なら、圧倒的に電気主任技術者の方が難しいですね。

電気主任技術者は、電気工事系の資格で最難関と言われています。

一番簡単な第三種でも、合格率が10%を切る年もあります。

 

ちなみに、電気主任技術者については、

電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツにまとめています。

電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

 

電気工事士の方が圧倒的に簡単

電気通信主任技術者と電気工事士なら、電気工事士の方が難易度は低いですね。

第一種でも合格率は40%を超えているので。

合格率で見ると、平均的な合格率が20%台の電気通信主任技術者よりはカンタンです。

 

ちなみに、電気工事士については、

電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツにまとめています。

電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

 

電気通信工事施工管理技士の方が合格率が高い

新設された電気通信工事施工管理技士と比較すると、電気通信工事施工管理技士の方が難易度は低いですね。

2級電気通信工事施工管理技士の合格率と比較すると、下記のとおり。

学科(伝送交換)の合格率 実地(線路)の合格率
2級電気通信工事施工管理技士 57.7% 41.9%
電気通信主任技術者 23.4% 15.5%

電気通信工事の主任技術者をやるなら、電気通信工事施工管理技士の方が良いかもしれません。

ただし、電気通信工事施工管理技士は令和元年から新設されたばかりなので、過去問データが少ないのがデメリットです。

 

ちなみに、電気通信工事施工管理技士については、下記の2記事にまとめています。

 

まとめ【電気通信主任技術者は難易度高めの試験】

まとめ【電気通信主任技術者は難易度高めの試験】

この記事をまとめます。

  • 電気通信主任技術者の合格率は20%台なので、けっこう難しい試験
  • 免除制度をうまく利用して、着実に合格していくのがおすすめ
  • 令和元年から電気通信工事施工管理技士が新設された
  • 試験勉強は独学でも可能で、参考書・テキスト・過去問集がおすすめ
  • 工事担任者に合格してから、電気通信主任技術者を受けるのもアリ

 

あなたの試験勉強の参考になればうれしいです。

関連記事

  1. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  2. 電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

  3. セキュリティ

    防犯設備士の試験の難易度!過去問ないのでテキストで勉強しよう

  4. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

  5. 簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

  6. 工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説

    工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説【効率的な勉強法】

  1. 簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    2020.11.18

  2. エレベーターシャフトとはエレベーターの通り道【容積率に不算入です】

    エレベーターシャフトとはエレベーターの通り道【容積率に不算入で…

    2020.11.15

  3. 1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    2020.11.14

  4. 電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    2020.11.13

  5. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    2020.10.20

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト