1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】
施工管理
施工管理
1級管工事施工管理技士を取得するメリットを知りたいな。

せっかくなら1級をとってみたいけど、どれくらいメリットがあるんだろう?

 

あと、合格のコツとかも知りたいな。

こういった疑問に答える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 1級管工事施工管理技士を取得するメリットがわかる
  • 1級と2級の管工事施工管理技士の違いがわかる
  • 1級管工事施工管理技士に合格するコツがわかる

 

1級管工事施工管理技士を取得するメリットを解説します。

結論、けっこうメリットがあるので、ぜひとも取得しておきましょう。

 

2級より明らかにメリットがありますよ。

また、勉強のコツがわかる関連記事も紹介するので、勉強の参考にどうぞ。

1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット

1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット

結論、1級管工事施工管理技士を取得するメリットは、下記の4つです。

  1. 他の資格を取得しやすい
  2. 年収が上がりやすい
  3. 転職が有利になる
  4. 手に職がついて将来が安心

 

1つずつ解説します。

 

①他の資格を取得しやすい

1級管工事施工管理技士を取得=他の資格の受験資格を満たしてることが多いからです。

具体的には、下記の資格の受験資格を満たしてる可能性ありです。

※業務によって若干異なるので、詳しくは各資格の受験資格をみましょう。

  • 設備設計一級建築士
  • 建築設備士
  • 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)
  • 給水装置主任技術者
  • 浄化槽設備士

 

資格の詳細は下記の記事にまとめたので、興味あればどうぞ。

 

②年収が上がりやすい

1級管工事施工管理技士を取得すると、年収が上がりやすいです。

なぜなら、会社から重宝されるから。

 

1級管工事施工管理技士があると、下記ができて会社的にはかなりメリットあり。

  1. 監理技術者になれるので、工事を受注しやすくなる
  2. 公共工事を受注しやすくなる

 

結論、会社の売上にかなり貢献できるので、重宝されて年収が上がるイメージです。

 

具体的には、下記などで給料アップする会社が多いですね。

  1. 資格手当
  2. 昇進
  3. 昇給

 

稼ぎたい人は、1級管工事施工管理技士は取得しましょう。

 

③転職が有利になる

なぜなら、1級資格があると転職で引く手あまただから。

前述のとおり、1級管工事施工管理技士があると会社の売上が上がるので、どこの会社も1級取得者を採用したがっています。

 

具体的には、下記のようなメリットあり。

  1. 大手に転職できる可能性がある
  2. 転職時に年収交渉しやすい

 

結果、良い会社に転職できて、年収も上がるケースが多いです。

 

もし今の会社が嫌になったら、転職すればいいだけですね。

転職市場で圧倒的に強者になれるので、有利です。

 

④手に職がついて将来が安心

結論、1級管工事施工管理技士を取得すると、手に職がつくので将来は安心です。

前述のとおり、年収が上がったり、転職が有利になったりするから。

 

一言でいうと「食いっぱぐれがない」という状態なので、人生の安定度が上がります。

安定して生きたい人は、1級を取得しましょう。

終身雇用も崩壊したので、今の時代に生き抜く方法は「手に職をつける」ですよ。

 

1級と2級の管工事施工管理技士の違い

1級と2級の管工事施工管理技士の違い

施工管理
施工管理
ちなみに、1級と2級って何が違うの?

1級と2級の管工事施工管理技士の違いを、表にしてみました。

1級 2級
監理技術者 ×(主任技術者と専任技術者のみ)
特定建設業の工事 ×(一般建設業のみ)
経営事項審査 5点 2点

 

ちなみに、主任技術者・専任技術者・監理技術者の違いは下記のとおりです。

  • 主任技術者:下請けor一般建設業の現場の責任者
  • 専任技術者:営業所の責任者
  • 監理技術者:元請けor特定建設業の現場の責任者

 

また、特定建設業と一般建設業の違いは下記のとおり。

  • 特定建設業:建築一式工事の総額が6000万円以上の工事、下請に出す工事の総額が4000万円以上
  • 一般建設業:特定建設業未満の工事

 

そして「経営事項審査」とは、公共工事を請けやすくなる点数のことです。

1級は5点なので、2点の2級の2.5倍の価値があります。

 

1級管工事施工管理技士に合格するコツ

1級管工事施工管理技士に合格するコツ

施工管理
施工管理
1級管工事施工管理技士を取得してみたい。

勉強のコツを知りたいな。

勉強のコツは下記の2つです。

  1. テキストと過去問は1冊ずつでいい
  2. 会社が講習会を開いてくれるなら参加する

 

1つずつ解説しますね。

 

①テキストと過去問は1冊ずつでいい

なぜなら、たくさん買っても勉強できないから。

施工管理の仕事をしながら勉強するのは大変なので、テキストと過去問は1冊ずつで十分です。

 

具体的な勉強の手順は下記のとおり。

  1. まずはテキストを読む
  2. あとは過去問を繰り返し解く

 

幸い、試験問題は過去問と似た問題が多いので、過去問を繰り返し勉強すればOK。

過去問をやってわからないところは、解説やテキストで確認しながら勉強しましょう。

 

できれば過去問は、過去5年分くらいやっておくとベターですね。

おすすめのテキストや過去問は下記のとおりです。

 

まずは買ってみて、さっそく勉強を始めましょう。

早く勉強を始めるほど、合格率が上がります。

 

②会社が講習会を開いてくれるなら参加する

会社によっては講習会を開いてくれますので、必ず参加しましょう。

わからないことを質問できるから。

調べる手間が省けるし、関連知識もわかるので有効です。

 

また、近年の出題の傾向なんかはテキストではわからないので、講師に聞いて対策しましょう。

ちなみに1級管工事施工管理技士の合格のコツは、1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率に詳しくまとめてるので、参考にどうぞ。

 

まとめ【1級管工事施工管理技士を取得するメリットは大きい】

まとめ【1級管工事施工管理技士を取得するメリットは大きい】

最後にもう一度、1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリットをまとめておきます。

  1. 他の資格を取得しやすい
  2. 年収が上がりやすい
  3. 転職が有利になる
  4. 手に職がついて将来が安心

 

どう考えても有益な資格なので、本気ならさっそく勉強を始めましょう。

「明日からでいいや」だと明日も勉強しないので、合格もできません。

できることからでいいので「今日から勉強を始める」が正解です。

 

試験は1点が合格を左右するので、早く勉強した方が有利ですよ。

※不合格になると、また勉強のやり直しでかなりメンドくさいです。。。

 

今日から行動すれば、あなたは1級管工事施工管理技士に合格できる可能性が上がり、安定して稼げる人生になりますよ。

 

ちなみに、弊社メルマガでも1級管工事施工管理技士の合格のコツを配信しています。

メルマガ会員しか見れない裏ワザもあるので、合格する確率を少しでも上げたい人はメルマガ登録をどうぞ。

無料です。メール1本ですぐ退会できます。

 

あとは勉強を始めるのみ、行動あるのみです。

あなたの合格を祈っています。

メルマガ

関連記事

  1. 電球

    認定電気工事従事者の必要性とは?認定講習や申請方法を解説

  2. 排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

    排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

  3. 2級電気通信工事施工管理技士の難易度を過去問や合格率から分析

    2級電気通信工事施工管理技士の難易度を過去問や合格率から分析

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  5. ガス

    ガス主任技術者の試験の合格率や過去問からみる難易度

  6. セキュリティ

    防犯設備士の試験の難易度!過去問ないのでテキストで勉強しよう

  1. 簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    2020.11.18

  2. エレベーターシャフトとはエレベーターの通り道【容積率に不算入です】

    エレベーターシャフトとはエレベーターの通り道【容積率に不算入で…

    2020.11.15

  3. 1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    2020.11.14

  4. 電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    2020.11.13

  5. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    2020.10.20

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト