登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】
考える男性
考える男性
登録ダクト基幹技能者ってどんな資格なの?

資格を取得する方法も知っておきたいな。

どうやって勉強すればいいのかな?

 

あと、併せて取得した方がいい資格もあれば教えてほしい。

資格をとってキャリアアップしたいんだよね。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 登録ダクト基幹技能者がどんな資格かわかる
  • 登録ダクト基幹技能者を取得する方法がわかる
  • 登録ダクト基幹技能者の勉強方法がわかる
  • 併せて取得したいおすすめの資格がわかる

 

登録ダクト基幹技能者とは、空調・換気・排煙設備の取り付けのスキルや知識を証明する資格です。

現場責任者として活躍することもできます。

資格を取得することで給料アップする会社もありますし、転職が有利になる傾向です。

ダクト施工に関わる人なら取得しておきたい資格の1つでしょう。

勉強方法や、併せて取得したいおすすめの資格も解説するので、キャリアアップの参考にしてみてください。

登録ダクト基幹技能者とは

登録ダクト基幹技能者とは

くりかえしですが、空調・換気・排煙設備の取り付けのスキルや知識を証明する資格です。

同時に、施工計画の策定や作業管理のスキルも証明できるので、現場責任者として活躍できます。

 

登録ダクト基幹技能者を取得する2つのメリット

登録ダクト基幹技能者を取得するメリットは下記の2つです。

  1. 主任技術者になれる
  2. 経営事項審査で加点対象→公共工事を受注しやすくなる

 

企業は現場に主任技術者を配置する義務があります。

反対にいうと、主任技術者がいないと工事を請けることができません。

「主任技術者=企業の売上に関係する資格」といえるでしょう。

 

また、登録ダクト基幹技能者を取得すると、経営事項審査で加点対象となり、企業は公共工事を受注しやすくなります。

登録ダクト基幹技能者を取得することで、企業に貢献することができます。

会社によっては資格手当をもらえる会社もあり、年収アップにつながることも。

もちろん転職も有利になるので、取得しておきましょう。

 

登録ダクト基幹技能者を取得する方法【講習と試験あり】

登録ダクト基幹技能者を取得する方法【講習と試験あり】

考える男性
考える男性
登録ダクト基幹技能者って、どうやって取得するの?

下記の機関が実施する3日間の講習を受け、最終日の考査試験に合格すると資格を取得できます。

 

それでは、登録ダクト基幹技能者を取得する方法を詳しく解説していきます。

 

登録ダクト基幹技能者の受講資格

登録ダクト基幹技能者の講習を受けるには、下記の条件をクリアしないといけません。

  • 建設業法の管工事のダクト施工の実務経験が10年以上(そのうち職長経験が3年以上)
  • ダクト板金作業の1級建築板金技能士か、管工事施工管理技士を取得している

 

管工事施工管理技士は、1級・2級どちらでもOKです。

まだ管工事施工管理技士を取得していない人は、1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率を参考に受験してみましょう。

 

3日間の講習内容

受講資格を満たした人は、登録ダクト基幹技能者の講習に参加できます。

3日間の講習の内容は下記のとおり。

1日目 オリエンテーション

基幹技能者の役割と業む

関連法規

施工計画

工程管理

2日目 品質管理

資材管理

原価管理

安全衛生管理

製作と施工

技術者動向と環境問題

3日目 OJTによる人材育成

考査試験

3日目の最後の考査試験があり、この考査試験に合格しないといけません。

 

登録ダクト基幹技能者の考査試験の内容

考査試験の内容は下記のとおり。

  • マークシート問題:28問(84点満点)
  • 記述式問題:16点満点

 

記述式の問題があるので、きちんと対策が必要です。

※講習の中でポイントを教えてもらえます。

 

登録ダクト基幹技能者の講習の概要

講習の概要は下記のとおりです。

  • 講習会場:北海道・東京・大阪・福岡
  • 講習の申込時期:9~11月
  • 講習会の時期:2~3月
  • 受講料:48000円

 

詳しくは日本空調衛生工事業協会全国ダクト工業団体連合会のホームページで確認してみましょう。

 

【ちなみに】更新制度あり

登録ダクト基幹技能者の有効期限は5年間です。

更新手続きをすることで、資格を維持できます。

ただし、更新時は試験もあるので、定期的な勉強が必要です。

また、更新手数料は8000円かかります。

ちなみに、更新期限をすぎてしまうと、再度講習を受けて考査試験に合格しないといけません。

合格したら、更新も忘れず行いましょう。

 

登録ダクト基幹技能者の勉強方法

登録ダクト基幹技能者の勉強方法

考える男性
考える男性
登録ダクト基幹技能者の勉強方法も知りたいな。

基本ですが、3日間の講習をしっかり聞きましょう。

講習をしっかり聞いていれば合格できます。

しいてコツがあるとしたら、1日目と2日目の夜の時間の使い方ですね。

  • 1日目の夜:1日目の講習の復習、2日目の講習の予習
  • 2日目の夜:1~2日目の講習の復習、3日目の講習の予習

 

こんな感じで、復習と予習をするようにしましょう。

できるだけ会場から近いホテルを取ると、勉強時間を多く確保できます。

また、日本空調衛生工事業協会のホームページに過去問が掲載されているので、講習に参加する前に軽く目を通しておきましょう。

 

登録ダクト基幹技能者と併せて取得したいおすすめの資格3選

登録ダクト基幹技能者と併せて取得したいおすすめの資格3選

考える男性
考える男性
ちなみに、登録ダクト基幹技能者と併せて取得した方がいい資格ってある?

資格をとってキャリアアップしたいんだよね。

結論、下記の3つがおすすめです。

  1. 1級管工事施工管理技士
  2. 登録配管基幹技能者
  3. 配管技能士

 

1つずつ解説しますね。

 

①1級管工事施工管理技士

まだ1級管工事施工管理技士を取得していない人は、ぜひとも挑戦してみましょう。

理由は下記の2つ。

  1. 年収アップできる可能性がある
  2. 転職が有利になる

 

1級管工事施工管理技士を取得すると、監理技術者になることができます。

大規模工事である「特定建設業」の工事を受注できますし、経営事項審査で5点の加点対象なので公共工事の受注もしやすいです。

そのため、会社にとって1級管工事施工管理技士は「なくてはならない存在」であるため、昇進や資格手当で年収アップする会社が多いです。

 

当然、どの会社も1級管工事施工管理技士を採用したいので、転職も有利になります。

前述のとおり、大規模工事である「特定建設業」の監理技術者になれることから、大手に転職していく人もいます。

※基本的に大手は給料が高いです。

キャリアアップには有益なので、おすすめの資格です。

1級管工事施工管理技士を取得する方法は、1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率にまとめたので参考にどうぞ。

 

②登録配管基幹技能者

おすすめの理由は、業務範囲が近いからです。

登録ダクト基幹技能者と登録配管基幹技能者の両方があれば、高いレベルの技術者であることを強く証明できるので、転職も有利になります。

特に登録配管基幹技能者は、「配管技能者の最高資格」と言われることもあるため、ぜひとも取得しておきたいところ。

登録配管基幹技能者を取得する方法は、登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】にまとめたので参考にどうぞ。

 

③配管技能士

配管技能士も併せて取得しておくと、より「スペシャリスト」であることを証明できます。

施工スキル寄りの資格ですが、取得しておいて損はありません。

1~3級がありますが、理想的には1級を取得したいところ。

まだ取得していない人は、1級・2級・3級の配管技能士の試験内容【参考書や過去問の勉強方法】を参考にどうぞ。

 

まとめ【登録ダクト基幹技能者を取得してキャリアアップしていこう】

まとめ【登録ダクト基幹技能者を取得してキャリアアップしていこう】

この記事をまとめます。

  • 登録ダクト基幹技能者は、空調・換気・排煙設備の取付スキルや知識を証明する資格
  • 資格を取得すると主任技術者になれて、経営事項審査の加点対象にもなる
  • 3日間の講習を受けて考査試験に合格すると資格を取得できる
  • 講習をきちんと聞いて、1日目と2日目の夜に復習・予習しておく

 

ということで、さっそく登録ダクト基幹技能者の講習に申し込んでみましょう。

下記の2つの機関で申し込みができます。

 

また、登録ダクト機関技能者と併せて取得しておきたい資格は下記の3つ。

  1. 1級管工事施工管理技士
  2. 登録配管基幹技能者
  3. 配管技能士

 

3つの資格を取得する方法は、下記の記事にまとめたので参考にどうぞ。

 

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです!

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 蓄電池設備整備資格者の講習内容【修了考査の合格率や難易度も解説】

    蓄電池設備整備資格者の講習内容【修了考査の合格率や難易度も解説】

  2. 配管

    管工事施工管理技士の年収を分析【年収を上げる方法も解説】

  3. 1級・2級・3級の配管技能士の試験内容【参考書や過去問の勉強方法】

  4. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

  5. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  6. 2級電気工事施工管理技士を取得する3つのメリット【取得した未来図】

    2級電気工事施工管理技士を取得する3つのメリット【取得した未来図】

  1. 登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

    登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

    2021.11.12

  2. サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    2021.11.11

  3. ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

    ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

    2021.11.11

  4. 登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    2021.10.12

  5. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    2021.10.12

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト