ボイラー技士の平均年収は382万円【特級と一級の将来性は明るい】

ボイラー技士の平均年収は382万円【特級と一級の将来性は明るい】
考える男性
考える男性
ボイラー技士の年収を知りたいな。

年収アップする方法も知っておきたい。

 

未経験から就職を考えてるけど、仕事内容とかなり方はどんな感じかな?

あと将来性は大丈夫?

こういった疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • ボイラー技士の年収がわかる
  • ボイラー技士が年収を上げる方法がわかる
  • 仕事内容や将来性がわかる

 

ボイラー技士の年収を解説します。

きちんと稼げる資格なので、ぜひとも目指してみましょう。

将来性もあるので、手に職をつけたい人におすすめの仕事です。

年収を上げる方法もまとめてるので、キャリア形成の参考にどうぞ。

ボイラー技士の平均年収は382万円

ボイラー技士の平均年収は382万円

厚生労働省の「賃金構造基本統計調査」によると、ボイラー技士の平均年収は382万円です。

  • 平均月給:27万円
  • 平均ボーナス:54万円

 

※千の位は四捨五入

参考:厚生労働省「賃金構造基本統計調査

それでは、さらに詳しいボイラー技士の給料事情について見ていきましょう。

 

世代別の平均年収

ボイラー技士の世代別の平均給料は、下記の表のとおりです。

年齢 月給 ボーナス 年収
~19歳 21万円 3万円 251万円
20~24歳 27万円 49万円 374万円
25~29歳 32万円 80万円 459万円
30~34歳 29万円 84万円 430万円
35~39歳 30万円 56万円 422万円
40~44歳 29万円 60万円 403万円
45~49歳 33万円 82万円 481万円
50~54歳 31万円 62万円 429万円
55~59歳 26万円 32万円 341万円
60~64歳 24万円 40万円 330万円
65~69歳 21万円 59万円 311万円
70歳~ 21万円 13万円 260万円

平均年収でも、400万円台の後半まで伸びます。

勤める会社によっては、もっと稼げるところもあるでしょう。

きちんとキャリアを積んでいけば、稼げる仕事です。

 

経験年数別の平均年収

続いて、ボイラー技士の経験年数別の給料は下記の表の通りです。

経験年数 月給 ボーナス 年収
0年 19万円 1万円 232万円
1~4年 23万円 42万円 322万円
5~9年 24万円 63万円 351万円
10~14年 26万円 70万円 382万円
15年以上 24万円 65万円 350万円

技術職なので、やはり経験年数は多い方が稼げます。

コツコツと実務経験を積んでいきましょう。

 

企業規模別の平均年収

続いて、企業規模別のボイラー技士の給料は下記のとおり。

従業員数 月給 ボーナス 年収
10~99人 28万円 39万円 372万円
100~999人 26万円 63万円 371万円
1000人以上 29万円 49万円 394万円

基本的には、大きい会社の方が稼げます。

 

ボイラー技士には、

  • 特級
  • 一級
  • 二級

 

があり、大企業ほど特級や一級のボイラー技士を採用してます。

稼ぎたいなら、上位資格である特級や一級を目指しましょう。

 

ボイラー技士が年収を上げる2つの方法

ボイラー技士が年収を上げる2つの方法

ボイラー技士が年収を上げる方法は、下記の2つです。

  1. 上位資格をとる
  2. 他の資格も取得する

 

1つずつ解説しますね。

 

①上位資格をとる

二級→一級→特級の順に上位になっており、できるだけ上位の資格を取得しましょう。

理由は下記の2つ。

  1. 大手に転職できる→年収アップできる
  2. 上位資格ほど資格手当が増える

 

まずは二級から取得しますが、二級で満足せず一級→特級を目指すと稼げます。

 

ボイラー技士の資格を取得する方法

ボイラー技士の資格を取得する方法は、ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率にまとめておきました。

  • 試験の難易度
  • 受験資格
  • 合格する勉強方法

 

などをまとめたので、資格取得の参考にどうぞ。

ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

 

②他の資格も取得する

ボイラー技士に関連する他の資格を取ると、さらに年収アップできます。

  • 転職が有利になって年収交渉しやすいから
  • 資格手当を多くもらえるから

 

という理由です。

 

具体的におすすめの資格は、下記の3つですね。

  1. 電気工事士
  2. 電気主任技術者
  3. 建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)

 

3つの資格については下記の3記事にまとめたので、参考にどうぞ。

 

ボイラー技士の仕事内容

ボイラー技士の仕事内容

考える男性
考える男性
そもそもボイラー技士って、どんな仕事するの?

ボイラー技士の仕事は、ボイラー設備の監視・調整・検査を行うことです。

ボイラーは取り扱いを間違えると危険なので、きちんと資格を取得した人が扱わないといけません。

 

ちなみに、特級・一級・二級によって扱うボイラーの規模が違います。

具体的には下記のようなイメージですね。

  • 特級:大きな工場のボイラー
  • 一級:オフィスビルのボイラー
  • 二級:家庭用の給湯器

 

参考にボイラーの種類は、ボイラーの種類を解説【ボイラー技士の資格も紹介】にまとめたのでどうぞ。

ボイラーの種類を解説【ボイラー技士の資格も紹介】

 

ボイラー技士に向いてる人

ズバリ「きちんとルールを守れる人」です。

なぜなら、ルールを守らないと事故につながるから。

変な創意工夫は不要です。

決まりを守って、的確に仕事を遂行できる人がボイラー技士に向いてます。

 

ボイラー技士に就職する方法

まずはボイラー技士の資格を取得しましょう。

具体的な求人情報は、下記の3つで探せます。

  • 求人サイト
  • 求人誌
  • ハローワーク

 

応募条件に「ボイラー技士資格取得者」とあるので、応募することが可能です。

 

ボイラー技士の将来性【一級と特級は明るい】

ボイラー技士の将来性【一級と特級は明るい】

結論、ボイラーがなくなることは考えにくいので、将来性はかなり良いと思います。

ボイラー技士は独占業務の資格なので、資格保有者は仕事が確保されている感じ。

資格があるだけで有利なので、将来性は良いと言えるでしょう。

 

【ただし】二級ボイラー技士の未来はちょっと暗い

ただし、小型ボイラーが減少傾向にあるため、二級ボイラー技士のままだと将来性はあまりよくないです。

二級ボイラー技士は小規模なボイラーしか扱えないため、できれば一級以上を目指しましょう。

一級や特級は大型ボイラーを扱えるので、将来性はかなり明るいです。

結論、まずは二級を取得して、一級・特級を目指してください。

 

まとめ【ボイラー技士の平均年収は382万円】

まとめ【ボイラー技士の平均年収は382万円】

この記事をまとめます。

  • ボイラー技士の平均年収は382万円【経験とともに上がる】
  • 企業規模は大きい方が年収が高い
  • 上位資格や他の関連資格を取得すると年収が上がる
  • まずは二級を取得して、一級や特級を目指すべき
  • 将来性はあるが二級は不安【一級や特級は安心】

 

ボイラー技士になりたい人は、さっそく資格の勉強を始めましょう。

資格試験の合格のポイントは、ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率にまとめています。

 

まずは資格取得を目指しましょう。

あなたの就職の参考になればうれしいです。

関連記事

  1. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  2. 電気

    電気工事士の平均年収【さらに給料を上げる4つの方法】

  3. 消火栓

    消防設備士の試験内容や合格率からみる難易度

  4. 設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

  5. 工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説

    工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説【効率的な勉強法】

  6. 2級電気通信工事施工管理技士の難易度を過去問や合格率から分析

    2級電気通信工事施工管理技士の難易度を過去問や合格率から分析

  1. 電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説します】

    電気工事士の彼氏と結婚していいのか【どんな生活になるか解説しま…

    2020.08.23

  2. 電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

    電気工事士が独立で失敗しにくい3つの方法【独立前に準備しよう】

    2020.08.21

  3. ボイラー技士の平均年収は382万円【特級と一級の将来性は明るい】

    ボイラー技士の平均年収は382万円【特級と一級の将来性は明るい】

    2020.08.20

  4. 排水管の勾配の付け方や基準【工事の4つの注意点も解説します】

    排水管の勾配の付け方や基準【工事の4つの注意点も解説します】

    2020.08.19

  5. 電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    電気工事士はやめとけと言われる3つの理由【向いてる人の5つの特徴】

    2020.07.22

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト