建築設備診断技術者とは【試験の難易度は低めなので取得あるのみ】

建築設備診断技術者とは【受験資格は実務経験が必要。難易度は低め】
考える男性
考える男性
建築設備診断技術者について知りたいな。

受験資格とかってどうなってるの?

 

あと、試験の難易度も知りたいな。

難しい試験なのかなぁ…?

勉強のコツとかも知っておきたい。

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • 建築設備診断技術者の概要がわかる
  • 建築設備診断技術者の難易度がわかる
  • 建築設備診断技術者の勉強のコツがわかる

 

建築設備診断技術者は、昇降機以外の建築設備の劣化を診断して保全する民間資格です。

建築設備の仕事をしている人は、キャリアアップのために取得しておくと良いでしょう。

この記事では、建築設備診断技術者の内容や、試験の難易度、勉強のコツを解説します。

資格取得の参考にしてみてください。

建築設備診断技術者とは【建築設備の劣化を診断する資格】

建築設備診断技術者とは【建築設備の劣化を診断する資格】

建築設備診断技術者は、昇降機以外の建築設備の劣化を診断して保全する民間資格です。

ここでいう「劣化」には社会的な劣化も含み、時代に合わせて建築設備を整えるのも仕事ですね。

建築設備の劣化が原因の事故を防ぐために、平成7年に作られた資格です。

主宰は下記の2つ。

  • 公益社団法人ロングライフビル推進協会
  • 一般財団法人日本建築設備・昇降機センター

 

建築設備診断技術者の講習と修了考査

建築設備診断技術者は、3日間の講習の後に修了考査(試験)に合格すると取得できます。

修了考査の内容は下記の2つです。

  • マークシート問題
  • 記述式問題

 

建築設備診断技術者の難易度【合格率は高い】

建築設備診断技術者の難易度【合格率は高い】

考える男性
考える男性
建築設備診断技術者の試験って、けっこう難しいの?

結論、試験の難易度は低いです。

なぜなら、事前に講習があるから。

試験に出そうなところは講習で教えてくれるので、きちんと講習を聞いていれば問題なしです。

正確な合格率は発表されていませんが、ほとんどの人が合格しています。

講習で寝たりしなければ大丈夫かと。

講習+試験は年に1回しかないので、きちんと講習を聞いて1回で合格しましょう。

 

建築設備診断技術者の勉強のコツ【1日目と2日目の夜に復習】

建築設備診断技術者の勉強のコツ【1日目と2日目の夜に復習】

考える男性
考える男性
1回で合格したいから、なんか勉強のコツがあれば教えてほしいな。

最大のコツは、1日目と2日目の夜に、講習の内容を復習することです。

なぜなら、復習できるのは1日目と2日目の夜しかないから。

3日目の講習の後は、そのまま修了考査(試験)に入ってしまうので、復習の時間は限られています。

ちょっと大変ですが、下記のような勉強スケジュールがおすすめです。

  • 1日目の夜:講習1日目の内容を復習
  • 2日目の夜:講習2日目の内容を復習、1日目の内容も復習

 

たった3日間なので、ここは本気で勉強しましょう。

※3日目の講習内容の復習は、3日目の昼休みにすればOK。

 

【ちなみに】建築設備診断技術者の市販テキストはない

考える男性
考える男性
講習の前に市販のテキストを買って勉強した方がいいんじゃない?

と思うかもですが、残念ながら建築設備診断技術者の市販テキストはありません。

※Amazonを検索してもらえばわかります。

なので、講習をしっかり聞いて、1日目と2日目の夜に復習するしかないですね。

繰り返しですが、3日間は本気で勉強しましょう。

 

まとめ【建築設備診断技術者を取得してキャリアアップしよう】

まとめ【建築設備診断技術者を取得してキャリアアップしよう】

この記事をまとめます。

  • 建築設備診断技術者は、建築設備の劣化を診断して保全する民間資格
  • 3日間の講習を受けて、修了考査(試験)に合格しないと取得できない資格
  • きちんと講習を受ければ合格できる
  • 1日目と2日目の夜に、講習の内容を復習すること

 

本気で建築設備診断技術者を取得したい人は、さっそく公益社団法人ロングライフビル推進協会のホームページから申し込みしてみてください。

 

また、建築設備診断技術者の受験資格に関わる資格については、下記の記事を参考にどうぞ。

 

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです。

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

    設備施工管理の6つの仕事内容【きついところや激務の感じも解説】

  2. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  3. 電球

    認定電気工事従事者の必要性とは?認定講習や申請方法を解説

  4. 消火栓

    消防設備士の合格率や試験内容からみる難易度【勉強のコツも解説】

  5. 浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】

    浄化槽設備士試験の難易度【合格率は30%くらい。過去問中心で勉強】

  6. 2級電気通信工事施工管理技士の難易度を過去問や合格率から分析

    2級電気通信工事施工管理技士の難易度を過去問や合格率から分析

  1. 電気工事士

    電気工事士は休みがないのか?【きちんと休めるホワイト企業もある】

    2022.06.16

  2. オフィスの内装

    設備設計のきついところ4選【そこまで激務じゃない。やりがいも解説…

    2022.06.16

  3. リビング

    設備設計の仕事内容を解説【有益な資格8選や平均年収も紹介します】

    2022.06.16

  4. 【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある】

    【例文あり】電気通信工事の志望動機の書き方【志望動機には3つある…

    2022.05.21

  5. 電気通信工事業と電気工事業の違い【それぞれのメリットとデメリッ…

    2022.05.21

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度【勉強方法も解…

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト