CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】

CATV技術者とは【資格試験の合格率や難易度、4つの勉強方法も紹介】
考える男性
考える男性
CATV技術者ってどんな資格なの?

受験してみたいから、試験情報も知りたいな。

合格しやすい勉強方法ってあるのかな?

 

あと、他にも取得しておいた方がいい資格があれば知っておきたい。

資格をとってキャリアアップしたいな。

こういった疑問に応える記事です。

この記事でわかることは下記のとおり。

  • CATV技術者がどんな資格かわかる
  • CATV技術者の試験情報がわかる
  • CATV技術者の勉強方法がわかる
  • CATV技術者と併せて取得したい資格がわかる

 

CATV技術者は、CATVの設計・施工・保守のスキルを証明する資格です。

デジタル放送の普及により、需要が大きい資格といえるでしょう。

資格を取得すると業務知識が深まるだけでなく、あなたの市場価値を高めることもできます。

この記事では、CATV技術者資格の解説や、試験の勉強方法もまとめました。

また、CATV技術者と併せて取得しておきたい3つの資格も紹介するので、キャリアアップの参考にしてみてください。

CATV技術者とは

CATV技術者とは

CATV技術者とは、CATVの設計・施工・保守のスキルを証明する資格です。

一般社団法人日本CATV技術協会が主催しており、資格には下記の種類があります。

第2級CATV技術者 CATVの基礎を修得した人
CATVエキスパート(受信調査) 調査会社・施工会社の社員向け
CATVエキスパート(施工) 施工会社の社員向け
CATVエキスパート(システム) システム関連の社員向け
CATVエキスパート(ブロードバンド) ブロードバンド関連技術の社員向け
第1級CATV技術者 上記CATVエキスパートの受信調査・施工・システムを修得した人
CATV総合監理技術者 上記4つのCATVエキスパートをすべて修得した人、CATVの総合監理者向け

まずは第2級CATV技術者から取得して、ステップアップしていく人が多いです。

 

CATV技術者の試験情報【難易度は低め】

CATV技術者の試験情報【難易度は低め】

CATV技術者の試験情報を紹介します。

先にお伝えしておくと、難易度は低めの試験です。

後述しますが、試験前に講習があり、講習では試験に出るポイントをわかりやすく解説してくれます。

講習をマジメに聞いていれば合格できるでしょう。

※これも後述しますが、合格率は高めです。

受験資格もないため、受験するハードルも低いです。

試験は下記の2つに分けられます。

  1. 第2級CATV技術者試験
  2. CATVエキスパート試験

 

1つずつ解説します。

 

第2級CATV技術者の試験情報【合格率は90%以上】

まず、CATVの基礎資格といえる「第2級CATV技術者」の合格率は下記のとおりです。※2017年の合格率

  • 技術科目:96.9%
  • 法規科目:94.7%

 

合格率はかなり高いです。

参考:一般社団法人日本CATV技術協会

 

試験情報は下記のとおり。

受験申込時期 5月
申込方法 インターネットor郵送
受講・受験料(法規と2級技術/インターネット申込) 35420円(テキスト代含む)
講習会のテキスト発送 6月
講習・試験 7月
開催地 札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡
講習・試験のスケジュール 1日目:技術科目の講習

  • CATVの概要
  • 受信調査の基礎
  • 施工の基礎
  • システムの基礎
  • ブロードバンドの基礎
2日目

  • 午前:法規科目の講習(有線電気通信法、有線テレビジョン放送に係る部分の放送法)
  • 午後:法規と技術科目の試験
試験問題の形式 マークシートと記述式(テキスト持ち込み可能)
合格基準 60%以上の正答で合格
合格発表 9月
技術者証の発行 3300円

試験は法規と技術の2科目があり、両方に合格しないと第2級CATV技術者の資格を得られません。

2科目のうち片方に合格した場合は「科目合格」の扱いになり、次年度は落ちた方だけ受験することができます。

また、法規の内容は次に解説する「CATVエキスパート」と同じなので、第2級CATV技術者の法規に合格すれば、CATVエキスパートの法規は免除されます。

受講や受験は「法規のみ」「技術のみ」「テキストなし」など様々なケースに対応しているので、詳しい料金は日本CATV技術協会のホームページで確認してみましょう。

 

CATVエキスパートの試験情報【合格率は60%以上】

続いて、CATVエキスパート試験の合格率は下記のとおりです。※2018年の合格率

  • 受信調査:63.5%
  • 施工:65.5%
  • システム:78.9%
  • ブロードバンド:80.2%
  • 法規:97.3%

 

法規の試験範囲は限定的なので、合格率は高めとなっています。

一方、受信調査・施工・システム・ブロードバンドは講習日と試験日が離れていることや、試験範囲が広いため少し合格率が下がります。

参考:一般社団法人日本CATV技術協会

 

試験情報は下記のとおり。

受験申込時期 11月
申込方法 インターネットor郵送
受講・受験料(テキスト代含む・インターネット申込の場合)
  • 法規のみ:17160円
  • エキスパート1科目:19360円
  • エキスパート2科目:35420円
  • エキスパート3科目:51480円
  • エキスパート4科目:67540円
  • 法規+エキスパート1科目:33220円
  • 法規+エキスパート2科目:49280円
  • 法規+エキスパート3科目:65340円
  • 法規+エキスパート4科目:81400円
講習会のテキスト発送 12月
専門科目(受信調査・施工・システム・ブロードバンド)の講習会 1月(1日受講)

開催地:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡)

試験 2月

開催地:札幌・仙台・東京・名古屋・大阪・広島・高松・福岡

専門科目(受信調査・施工・システム・ブロードバンド):1時間

法規:午前中に講習、午後から試験(50分)

テキスト持ち込み可

合格基準 60%以上の正答で合格
合格発表 3月
技術者証の発行 3300円

受講や受験は「法規のみ」「専門科目のみ」「テキストなし」など様々なケースに対応しているので、詳しい料金は日本CATV技術協会のホームページで確認してみましょう。

 

CATV技術者資格の有効期限は5年【更新あり】

CATV技術者資格の有効期限は5年で、更新することができます。

更新情報は下記のとおり。

更新方法 eラーニング
更新料金 CATV総合監理技術者:40150円

第1級CATV技術者:33440円

CATVエキスパート(1資格):20020円

CATVエキスパート(1資格):26730円

CATVエキスパート(1資格):33440円

CATVエキスパート(1資格):40150円

第2級CATV技術者:20020円

更新料金は細かく設定されているので、詳しくは日本CATV技術協会のホームページを見てみてください。

 

CATV技術者試験でおすすめの勉強方法4選

CATV技術者試験でおすすめの勉強方法4選

考える男性
考える男性
CATV技術者って、どうやって勉強すればいいの?

前述のとおり、講習会をきちんと聞いていれば合格できる試験ですが、念のため4つの勉強方法を紹介しておきます。

  1. CATV技術者のテキストを予習しておく
  2. 講習後は自学習する
  3. 過去問に目を通しておく
  4. CATVエキスパートは講習会を受講する

 

どうしても合格したい人は参考にしてみてください。

1つずつ解説します。

 

CATV技術者のテキストを予習しておく

講習・試験の1ヶ月くらい前にテキストが届くので、ザッと目を通しておきましょう。

※講習を「復習」にするイメージだと、知識が定着しやすいです。

ただし、テキストを詳細に読み込む必要はありません。

前述のとおり、講習会では出題されるところを重点的に教えてくれるので、あくまで「ザッと目を通しておく」というくらいで大丈夫です。

 

講習後は自学習する

講習が終わったら復習の意味で自学習しましょう。

  • 第2級CATV技術者:1日目の講習が終わったらホテルで復習する
  • CATVエキスパート:専門科目は講習と試験日が離れているので自学習しておく

 

特にCATVエキスパートは、講習と試験が1ヶ月近く離れているので、忘れないように勉強しておきましょう。

 

過去問に目を通しておく

日本CATV技術協会のホームページに過去問が掲載されているので、念のため見ておく無難です。

どんな問題形式なのかわかるので、試験本番で慌てないためにもチェックした方が良いと思います。

試験はテキストを持ち込めるので、「過去問を何周も勉強する」みたいなことはしなくて大丈夫ですが、試験本番の雰囲気をつかむためにも過去問を見ておきましょう。

 

CATVエキスパートは講習会を受講する

CATVエキスパートの専門科目も講習会に参加することをおすすめします。

専門科目(受信調査・施工・システム・ブロードバンド)は講習会なしで試験だけを受けることもできますが、合格率が下がります。

講習では「どの辺が出題されるか」もわかるので、講習なしで試験を受けるのはちょっと危険です。

費用が許すようであれば、講習会に参加しておくのが無難です。

 

CATV技術者と併せて取得したい3つの資格

CATV技術者と併せて取得したい3つの資格

考える男性
考える男性
ちなみに、CATV技術者と併せて取得しておいた方がいい資格ってあるの?

キャリアアップしたいんだよね。

結論、下記の3つの資格もおすすめです。

  1. 電気通信工事施工管理技士
  2. 工事担任者
  3. 電気通信主任技術者

 

1つずつ解説しますね。

 

①電気通信工事施工管理技士

おすすめの理由は、CATV技術者と業務範囲が似ているから。

電気通信工事施工管理技士は、インターネットなどの電気通信工事の施工管理を行う資格です。

令和元年に新設された資格なので、まだ取得者が少ないのもおすすめの理由。

シンプルに「希少価値が高い資格」なので、施工管理業務を行う人は今のうちに取得しておくと良いでしょう。

企業は施工管理技士がいないと工事を受注できないため、貴重な人材になれますよ。

※2級は主任技術者、1級は監理技術者になれる。

 

資格を取得すると資格手当がついたり、転職が有利になるので、受験資格がある人は挑戦してみましょう。

受験資格や合格するコツは、下記の2記事にまとめたので参考にどうぞ。

 

②工事担任者

工事担任者がおすすめの理由も、CATV技術者と業務範囲が似ているからです。

具体的には下記を行う資格です。

  • 工事の実施・実地の監督
  • 端末設備の機能確認試験
  • 端末をネットワークに接続する時の技術基準適合性の確認

 

大きく分けると「AI」と「DD」がありますが、DDが光回線などの資格なのでおすすめ。

※AIはアナログ回線やISDN回線なので、現代向きではないかと。

工事担任者も資格手当がついたり、転職が有利になるので挑戦しておきたいところです。

詳しくは、工事担任者の難易度を合格率や過去問から解説【効率的な勉強法】にまとめてます。

 

③電気通信主任技術者

電気通信主任技術者がおすすめの理由も、CATV技術者と業務範囲が似てるから。

文字どおり「電気通信工事の主任技術者になれる資格」です。

資格には下記の2種類があります。

  • 伝送交換主任技術者:伝送交換設備の工事・運用
  • 線路主任技術者:線路設備の工事・運用

 

詳しくは、電気通信主任技術者の難易度を合格率や過去問から解説【免除あり】にまとめてます。

 

まとめ【CATV技術者は難易度が低め。講習と試験を申し込んでみよう】

まとめ【CATV技術者は難易度が低め。講習と試験を申し込んでみよう】

この記事をまとめます。

  • CATV技術者とは、CATVの設計・施工・保守のスキルを証明する資格
  • 合格率は高め。事前の講習がわかりやすいので難易度は低めの試験
  • 試験には、第2級CATV技術者試験とCATVエキスパート試験の2つがある
  • 事前にテキストや過去問を見ておき、講習後は自学習すると合格しやすい
  • CATVエキスパートは講習会を受講するのが無難

 

ということで、興味があればさっそくCATV技術者の講習と試験に申し込んでみてください。

 

また、CATV技術者と併せて取得しておきたい資格は下記の3つです。

  1. 電気通信工事施工管理技士
  2. 工事担任者
  3. 電気通信主任技術者

 

3つの資格の詳細は下記の記事にまとめたので、キャリアアップの参考にどうぞ。

 

あなたの資格取得の参考になればうれしいです!

SAN-SUKEバナー

関連記事

  1. 建築設備総合管理士とは【難易度は低め。講習の夜に自学習すべし】

    建築設備総合管理士とは【難易度は低め。講習の夜に自学習すべし】

  2. 1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

  3. 特種電気工事資格者とは【資格を取得する方法は講習と試験がある】

    特種電気工事資格者とは【資格を取得する方法は講習と試験がある】

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

  5. 配管

    管工事施工管理技士の年収を分析【年収を上げる方法も解説】

  6. ガス

    ガス主任技術者の試験の合格率や過去問からみる難易度

  1. 登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

    登録ダクト基幹技能者を取得する方法【併せて取得したい3つの資格】

    2021.11.12

  2. サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    サッシ施工技能士の試験内容を解説【問題は学科と実技があります】

    2021.11.11

  3. ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

    ガラス施工技能士の試験内容【年収アップする人もいるのでおすすめ】

    2021.11.11

  4. 登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    登録配管基幹技能者とは【講習と試験あり。2つの勉強のコツも解説】

    2021.10.12

  5. 登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    登録電気工事基幹技能者を取得するメリット【認定講習や試験も解説】

    2021.10.12

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト