簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】
考える男性
考える男性
簡易内管施工士について知りたいな。

資格を取得すると何ができるんだろう?

 

あと、合格率とか難易度も知っておきたい。

どうすれば取得できるのかな?

こういった疑問に応える記事です。

本記事でわかることは下記のとおり。

  • 簡易内管施工士にできることがわかる
  • 簡易内管施工士の資格を取得する方法がわかる
  • 簡易内管施工士の合格率や難易度がわかる

 

簡易内管施工士は、都市ガス工事の資格です。

主に工務店やリフォーム会社の人の取得が多いですね。

リフォームでガス管をいじるときは、この資格が必要です。

簡易内管施工士について解説するので、ぜひとも取得してみてください。

簡易内管施工士にできること【簡易なガス管の工事です】

一般社団法人日本ガス協会

出典:一般社団法人日本ガス協会「簡易内管施⼯登録店制度について

 

結論、簡易内管施工士にできることは下記のとおりです。

  • 16㎥/h以下の既存のマイコンメーターの下流側からガス栓までの露出部分の工事
  • フレキ管のガス栓増設工事
  • フレキ管のガス栓や配管の位置替え工事
  • ガス栓取替え工事
  • ガス可とう管のガス栓とガス機器の接続工事
  • 上記の露出配管の撤去工事

 

参考:一般社団法人日本ガス協会「簡易内管施⼯登録店制度について

 

ガス工事は危険を伴うため、資格保持者しか工事ができません。

無資格者が工事して、ガス漏れや爆発事故を防ぐためにもこうした資格が設けられています。

 

簡易内管施工士にできないこと【登録も必要】

下記は、簡易内管施工士にはできません。

  • ネジ切り
  • 露出してないガス管の工事
  • ガス管工事の監督業務
  • 16㎥超のガスメーターの工事

 

簡単にいうと、かなり簡易な工事しかできないことになります。

現実的には一戸建てや小規模テナントのガス管工事がほとんどで、リフォームでガス管をいじる際に必要な資格と言えるでしょう。

※ビルやマンションの工事は不可。

 

また「露出配管」しか工事できないため、下記のような箇所のガス管工事はできません。

  • 床下に隠れているガス管
  • 天井に隠してあるガス管
  • 壁内のガス管

 

可能なのはフレキ管工法で、簡易な継手の工事くらいまでです。

 

また、試験に合格後に各ガス事業者に登録しないと工事はできません。

工事範囲を超えないように注意しましょう。

 

簡易内管施工士の資格を取得する方法【講習を受けましょう】

簡易内管施工士の資格を取得する方法【講習を受けましょう】

簡易内管施工士の資格を取得するには、講習を受ける必要があります。

講習は下記の2種類があります。

  1. 一般講習:3日間
  2. 特別講習:1日、液化石油ガス設備士の資格保有者で配管用フレキ管講習修了者のみ

 

一般講習は、特に受験資格がないので誰でも受験できます。

参考:一般財団法人日本ガス機器検査協会

 

簡易内管施工士の一般講習【費用は84800円】

3日間の一般講習のスケジュールは下記のとおり。

  • 1日目:座学
  • 2日目:実技
  • 3日目:実技、修了試験(学科と実技)

 

講習の開催地は下記の4都市です。

  1. 横浜
  2. 大阪
  3. 名古屋
  4. 北九州

 

費用は下記の2種類があります。

区分 費用
ガス可とう管接続工事監督者

ガス機器設置スペシャリスト資格保有者

ガス事業者に技能を認められた人

83400円
上記資格をもっていない人 84800円

つまり、特に何も資格がないひとは84800円で受講することになります。

 

簡易内管施工士の特別講習【費用は20300円】

特別講習を受けられるのは、液化石油ガス設備士の資格保有者で、配管用フレキ管講習が修了している人だけです。

講習期間は1日で、1日の中で座学と実技を行います。

 

ちなみに、特別講習に試験はなく、最後に自己診断テストを行なって終了です。

講習の開催地は下記の5都市です。

  1. 東京
  2. 横浜
  3. 大阪
  4. 名古屋
  5. 福岡

 

費用は下記の2種類があります。

区分 費用
ガス可とう管接続工事監督者

ガス機器設置スペシャリスト資格保有者

ガス事業者に技能を認められた人

18900円
上記資格をもっていない人 20300円

 

簡易内管施工士の更新講習

簡易内管施工士の資格の有効期限は3年です。

有効期限の3年の間に更新講習を受ければ、また3年更新することができます。

費用は9200円。

資格を更新したい場合は、忘れずに更新講習を受けましょう。

 

簡易内管施工士の合格率や難易度【かなり簡単です】

簡易内管施工士の合格率や難易度【かなり簡単です】

結論、簡易内管施工士の難易度はかなり低いです。

なぜなら、合格率が90%以上あるから。

 

3日間の講習を受けて、講習で習ったことがそのまま出ます。

つまり、「受からせる試験」なので、難易度は低め。

講習を聞いていない限り、普通にやれば合格できます。

 

事前学習も不要

3日間の講習でみっちり教えてもらえるので、特に事前学習も不要です。

心配な人は事前学習をしてもいいですが、ほとんどの人が準備なしで講習に参加しています。

講習をしっかり受ければ合格できるので、あまり気負わなくていいかと。

 

最終日の実技試験も割と難易度が低い

なぜなら、制限時間が特にないから。

ゆっくりでもOKなので、完璧に仕上げれば合格です。

結論、難易度は低いのでさっそく取得してみてください。

 

まとめ【簡易内管施工士は難易度が低いので、挑戦あるのみ】

まとめ【簡易内管施工士は難易度が低いので、挑戦あるのみ】

結論、簡易内管施工士は合格率が高く、難易度が低いのでさっそく取得しましょう。

3日間の時間の確保と、84800円が必要ですが、それが用意できれば高確率で資格を取得できます。

 

リフォームの際のガス管工事に有効な資格なので、取得しておくと仕事の幅も広がりますよ。

転職にも有利になるので、取得しておいて損はないですよ。

キャリアアップしたい人は、ぜひとも挑戦してみてください。

関連記事

  1. 電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

    電気設備設計に有効な資格9選【よく使う電気設備の図面記号も紹介】

  2. 設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

    設備設計一級建築士の難易度を合格率や受験資格から分析してみた

  3. 電球

    電気工事施工管理技士の年収【給料を上げる2つの方法】

  4. 排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

    排水設備工事責任技術者の難易度を合格率から分析【勉強方法も解説】

  5. ガス

    ガス主任技術者の試験の合格率や過去問からみる難易度

  6. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

  1. 簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    簡易内管施工士にできること【難易度はかなり低いので取得あるのみ】

    2020.11.18

  2. エレベーターシャフトとはエレベーターの通り道【容積率に不算入です】

    エレベーターシャフトとはエレベーターの通り道【容積率に不算入で…

    2020.11.15

  3. 1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    1級管工事施工管理技士を取得する4つのメリット【合格のコツも解説】

    2020.11.14

  4. 電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    電気施工管理におすすめの転職先9選【転職活動の手順も解説します】

    2020.11.13

  5. 建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    建築設備士のメリット5選【試験の難易度や勉強のコツも解説する】

    2020.10.20

  1. 電球

    1級2級電気工事施工管理技士の合格率・過去問・受験資格の難易度

    2019.01.14

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

    2018.12.18

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難易度

    2018.12.16

  4. 管工事

    1級2級管工事施工管理技士の難易度や合格率

    2018.12.14

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な資格とは?

    2018.11.30

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

    2019.01.16

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

    2018.12.13

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

    2018.11.30

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種一種のコツ

    2018.11.30

施工管理に役立つメルマガ

建設業界で働く人におすすめのサイト