電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違いを解説

電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違いを解説
考える男性
考える男性
電気通信工事施工管理技士と工事担任者って何が違うの?

こういった疑問に答える記事です。

この記事でわかることは以下のとおり。

  • 電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違い
  • 電気通信工事施工管理技士を取得するメリット
  • 工事担任者を取得するメリット

私たちワット・コンサルティングは、施工管理の転職サポートを行う会社です。

この記事では、電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違いを解説します。

似ているように見えますが違う資格なので、あなたがどちらを取得するか参考にしてみてください!

電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違い

電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違い

以下の項目で、電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違いを解説していきます。

  • 法律
  • 対象の設備
  • 仕事内容
  • 資格の種類
  • 主任技術者になる要件
  • 受験資格
  • 合格率や難易度
  • 試験問題
  • 試験地
  • 受験料

法律

2つの資格は管轄する法律が違います。

  • 電気通信工事施工管理技士:建設業法
  • 工事担任者:電気通信事業法

工事担任者の方が圧倒的に歴史が古く、大正時代ころから電話回線の技術者として活躍していました。

電気通信工事施工管理技士は、令和元年から始まった新しい資格です。

対象の設備

2つの資格は、対象となる設備が少し違います。

資格 対象の設備
電気通信工事施工管理技士 有線電気通信設備無線電気通信設備

ネットワーク設備

放送機械設備

情報設備など

工事担任者 事業用電気通信設備の接続の端末設備自営電気通信設備

仕事内容

2つの資格は、仕事内容も少し違います。

資格 仕事内容
電気通信工事施工管理技士 施工計画の作成安全管理

工程管理

品質管理

原価管理

現場の監督業務など

工事担任者 保安器やONUなど電気通信事業者の通信設備に、ネットワーク機器などを接続する通信試験や復旧工事も行う

電気通信工事施工管理技士は、通信設備工事の監督を行うイメージです。

※通信設備については、電気通信工事の7つの仕事内容【向いてる人の特徴と未経験で転職する方法】にまとめています。

工事担任者は各家庭やオフィスで、インターネットなどを使えるように工事・設定を行います。

工事担任者はよく「電気通信主任技術者」と比較されますが、違いは以下のとおりです。

電気通信主任技術者と工事担任者の違い

資格の種類

2つの資格の種類もまとめておきます。

資格 種類
電気通信工事施工管理技士 1級と2級
工事担任者 総合通信第1級アナログ通信

第2級アナログ通信

第1級デジタル通信

第2級デジタル通信

※AI第二種とDD第二種は、令和3年度から3年間だけ試験実施

電気通信工事施工管理技士の1級と2級の違いは、電気通信工事施工管理技士の1級と2級の違い【取得するメリットも解説】にまとめています。

工事担任者の「アナログ」と「デジタル」の違いは以下のとおりです。

  • アナログ:アナログ回線・ISDN回線
  • デジタル:ADSL・光回線

詳しくは、電気通信の工事担任者の難易度を合格率などから解説【効率的な勉強法】を参考にどうぞ。

主任技術者になる要件

2つの資格の主任技術者になる要件は以下のとおりです。

資格 主任技術者になる要件
電気通信工事施工管理技士 1級・2級はどちらも主任技術者になれる
工事担任者 総合通信、第1級アナログ通信、第1級デジタル通信を取得後に3年以上の実務経験が必要

電気通信工事施工管理技士は資格取得後に主任技術者になれますが、工事担任者は実務経験が必要です。

また、工事担任者は主任技術者になることができますが、監理技術者になることはできません。

電気通信工事施工管理技士は、1級を取得すると監理技術者になることができます。

1級電気通信工事施工管理技士の詳細は、1級電気通信工事施工管理技士の難易度を合格率や過去問題から解説を参考にどうぞ。

ちなみに、主任技術者と監理技術者が担当できる工事規模の違いは以下のとおりです。

種類 内容
主任技術者 下請に出す工事の総額が4500万円未満建築一式工事の総額が7000万円未満の工事
監理技術者 下請に出す工事の総額が4500万円以上建築一式工事の総額が7000万円以上の工事

受験資格

2つの資格の受験資格は以下のとおりです。

資格 受験資格
1級電気通信工事施工管理技士 学校を卒業して所定の実務経験年数がある電気主任技術者で6年以上の実務経験がある

2級電気通信工事施工管理技士に合格して所定の実務経験年数がある

2級電気通信工事施工管理技士 学校を卒業して所定の実務経験年数がある
工事担任者 誰でも受験できる

工事担任者は誰でも受験できますが、電気通信工事施工管理技士は実務経験が必要です。

電気通信工事施工管理技士の受験資格の詳細は、以下の記事にまとめています。

合格率や難易度

2つの資格の合格率を見ていきましょう。

まず、電気通信工事施工管理技士の合格率です。

電気通信工事施工管理技士 1級 2級
令和元年 21.3% 24.1%
令和2年 24.2% 21.6%
令和3年 17.6% 24.5%
令和4年 20.3% 35.6%
平均 20.9% 26.5%

続いて、工事担任者の平均合格率です。

工事担任者 合格率
令和元年 35.25%
令和2年 37.6%
令和3年 41.2%
令和4年 30.9%
平均 36.2%

工事担任者の種類別の合格率は以下のとおりです。

種類 令和3年 令和4年
第1級アナログ通信 37.1% 34.1%
第2級アナログ通信 71.25% 100%
第1級デジタル通信 29.35% 32.3%
第2級デジタル通信 72.85% 100%
総合通信 29.7% 28.6%

合格率は電気通信工事施工管理技士の方が低く、難易度は高めといえるでしょう。

試験問題

2つの資格の試験問題は以下のとおりです。

※スマホを横にすると見やすいです。

資格 解答方式 出題範囲
電気通信工事施工管理技士の第一次検定 4択のマークシート 電気通信工学等の知識施工管理法の知識と能力

法規の知識など

電気通信工事施工管理技士の第二次検定 記述問題と語句選択問題 施工管理法の知識と能力
工事担任者(総合通信、第1級アナログ通信、第1級デジタル通信、AI第二種、DD第二種) マークシート 電気通信技術の基礎端末設備の接続のための技術・理論

端末設備の接続に関する法規

工事担任者(第2級アナログ通信、第2級デジタル通信) CBT方式(コンピュータによる受験) 電気通信技術の基礎端末設備の接続のための技術・理論

端末設備の接続に関する法規

電気通信工事施工管理技士の第二次検定は、自身の実務経験を記述する問題があります。

独特の書き方があり、事前にある程度の文章を用意していないと合格は難しいでしょう。

電気通信工事施工管理技士の勉強方法は、以下の記事にまとめています。

試験地

2つの資格の試験地は以下のとおりです。

資格 試験地
1級電気通信工事施工管理技士 第一次検定札幌・仙台・東京・新潟・金沢・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・熊本・那覇
第二次検定札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇
2級電気通信工事施工管理技士 第一次検定(前期)札幌・仙台・東京・新潟・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・那覇
第一次検定・第二次検定・第一次検定(後期)・第二次検定札幌・青森・仙台・東京・新潟・金沢・静岡・名古屋・大阪・広島・高松・福岡・鹿児島・那覇
工事担任者(総合通信、第1級アナログ通信、第1級デジタル通信、AI第二種、DD第二種) 札幌、青森、仙台、水戸、さいたま、東京、横浜、新潟、金沢、長野、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、熊本、鹿児島、那覇
工事担任者(第2級アナログ通信、第2級デジタル通信) 47都道府県、約300ヶ所で開催

工事担任者の第2級アナログ通信と第2級デジタル通信は、受験しやすくなっています。

受験料

2つの資格の受験料は以下のとおりです。

資格 受験料
電気通信工事施工管理技士 1級第一次検定:13,000円

第二次検定:13,000円

2級第一次検定:6,500円

第二次検定:6,500円

工事担任者 8,700円

電気通信工事施工管理技士を取得するメリット

電気通信工事施工管理技士を取得するメリット

考える男性
考える男性
電気通信工事施工管理技士を取得すると、どんなメリットがあるの?

結論、以下のメリットがあります。

  • 年収アップしやすい
  • 転職が有利になる
  • 将来性がある

1つずつ解説していきます。

年収アップしやすい

電気通信工事施工管理技士を取得すると、年収アップしやすくなります。

主任技術者や監理技術者(1級)になれて、現場に配置が必要な責任者になれるから。

そもそも主任技術者や監理技術者がいないと工事を受注できないので、会社の売上に貢献しやすくなります。

結果、資格手当や昇給などをつけてくれる会社が多く、年収アップしやすくなります。

年収アップしたい人は、電気通信工事施工管理技士に挑戦してみましょう。

転職が有利になる

工事を受注するために主任技術者や監理技術者を採用したいのは、どの会社も一緒です。

多くの会社が電気通信工事施工管理技士を求めているため、転職が有利になります。

仕事に困りたくない人も、電気通信工事施工管理技士を取得しておくのがおすすめです。

将来性がある

電気通信業界は以下のような将来性のある技術に関わるため、電気通信工事施工管理技士も将来性があるといえるでしょう。

  • 光回線
  • 通信エリア
  • スマホ
  • 5G回線
  • テレワーク
  • IoT
  • 自動運転
  • AIロボット
  • ARグラス

電気通信業界の将来性については、電気通信工事業界の将来性は明るい【年収アップしていく3つのコツ】にまとめています。

長く安定して稼ぎたい人にも、電気通信工事施工管理技士はおすすめです。

工事担任者を取得するメリット

工事担任者を取得するメリット

考える男性
考える男性
工事担任者を取得すると、どんなメリットがあるの?

特に以下の2つが大きなメリットです。

  • 業務独占資格
  • 電気通信主任技術者試験で一部の科目が免除

こちらも1つずつ解説していきます。

業務独占資格

ネットワーク機器の施工は、工事担任者しかできません。

そのため、工事担任者は業務独占資格です。

「手に職がつく資格」といえるでしょう。

電気通信主任技術者試験で一部の科目が免除

以下の工事担任者を取得していると、電気通信主任技術者の電気通信システム科目が免除されます。

  • 総合通信(旧AI・DD総合種)
  • 第1級アナログ通信(旧AI第1種)
  • 第1級デジタル通信(旧DD第1種)

いずれ電気通信主任技術者の取得も考えている人は、工事担任者がおすすめです。

ちなみに、電気通信主任技術者の詳細は、電気通信主任技術者の難易度を合格率などから解説【免除あり】にまとめています。

まとめ:電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違いを知っておこう

まとめ:電気通信工事施工管理技士の工事担任者の違いを知っておこう

電気通信工事施工管理技士と工事担任者の違いを解説してきました。

違いを知った上で、さっそく勉強を始めていきましょう。

2つの資格の勉強方法は、以下の記事にまとめています。

あなたのキャリアアップの参考になればうれしいです!

SAN-SUKE

関連記事

  1. 電気通信主任技術者と電気通信工事施工管理技士の違いを解説

    電気通信主任技術者と電気通信工事施工管理技士の違いを解説

  2. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  3. 管工事施工管理技士の1級2級の7つの違い【勉強の3つのコツも解説】

    管工事施工管理技士の1級2級の7つの違い【勉強の3つのコツも解説】

  4. スマホ

    1級2級管工事施工管理技士の試験勉強におすすめのアプリ16選

  5. 電球

    電気工事士1種2種の資格難易度や合格率!勉強や技能試験のコツ

  6. 特種電気工事資格者とは【資格を取得する方法は講習と試験がある】

    特種電気工事資格者とは【資格を取得する方法は講習と試験がある】

施工管理の優良求人を見る

定着率83.2%の施工管理求人を見る

  1. 上下水道部門の技術士とは|取得するメリットや試験の難易度も紹介

    上下水道部門の技術士とは|取得するメリットや試験…

  2. 電験3種のおすすめアプリ7選|参考書+過去問題集+YouTubeも紹介

    電験3種のおすすめアプリ7選|参考書+過去問題集+Y…

  3. 上下水道工事の資格一覧7選と試験の難易度|実務経験なしで受験できる資格アリ

    上下水道工事の資格一覧7選と試験の難易度|実務経験…

  4. 消防設備士試験の勉強におすすめのアプリ12選|勉強のコツも解説

    消防設備士試験の勉強におすすめのアプリ12選|勉強…

  5. 資格なしでも電気通信工事の仕事に転職できる|おすすめ資格4選

    資格なしでも電気通信工事の仕事に転職できる|おす…

  1. 電球

    2級電気工事施工管理技士の合格率から見る難易度!勉…

  2. 検査する人

    建築設備の定期報告の対象の建物や検査内容

  3. 高層ビル

    建築物環境衛生管理技術者(ビル管理士)の合格率や難…

  4. 管工事

    2級管工事施工管理技士の合格率から見る難易度!勉強…

  5. 修理

    電気設備は法定点検や安全点検の義務がある!有効な…

  1. ライト

    よく使う電気設備の図面記号186選

  2. ボイラー

    ボイラー技士二級・一級・特級試験の難易度や合格率

  3. 空調点検

    空調設備の資格や難易度

  4. 電球

    電気主任技術者・電験試験の難易度や年収!三種二種…

施工管理に役立つメルマガ

建設業界×ミドル層の転職サイト

建設業界で働く人におすすめのサイト